月別アーカイブ: 2016年10月

コラボとか、第3戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

WilsonとTeam RECのコラボ商品。
corabobottle
11月のラケットキャンペーンで、ウイルソンスタッフさんの来場日に
ラケットを購入された方にプレゼント予定。
今回だけのレアグッズなので、この機会をお見逃しなく。

ワタクシも欲しいな。
プロスタッフ、買うかな・・・

 

さて、東京実業団7部秋季リーグ戦も後半戦。
先日は高島平インドアテニスクラブで第3戦が行われた。

ホームコートとあってお客様が見守る中での試合は
嬉しくもあり、緊張もありで行われた。

今回のメンバー。
IMG_3650
左から、宮田、江口、成田、堀尾、苅田の5名。

恒例の円陣。
IMG_3651

試合開始。

ダブルス1 成田・江口
IMG_3665
40歳ペアである。
円熟味とまだまだ動けるぜというプライドが
上手い具合に融合したベテランペアに仕上がっていた。

メッチャ動く江口コーチ。
IMG_3662
グルテンフリー実施中。

円熟の世界に入ってきた成田コーチ。
IMG_3661
一段とボールは遅くなったが、絶妙なプレー。
Team RECのパエスを目指しているだけはある。
6-0 6-1で快勝。

ダブルス2 宮田・堀尾
IMG_3671
まあ、若手ペアである。

マイペースでポイントを積み上げる宮田コーチ。
IMG_3668

マイペースで攻め続ける堀尾コーチ。
IMG_3672

って、どっちもマイペースかいっ!
若者らしいアグレッシブなプレーで6-1 6-2の勝利。
IMG_3667

そしてシングルス3 苅田
IMG_3686
レックの守護神として永らく活躍。
今回も6-0 6-0で確実に勝ち星をあげた。

シングルス1 宮田
IMG_3705
どちらかと言えばシングルスプレーヤーの宮田コーチ。
やっぱりマイペース男だからなのかな。
しっかり締めて、6-1 6-1で勝利。

チームの勝利も決まり、残すシングルス2の堀尾コーチ。
IMG_3718

夜も更けて来たし、ワタクシもあまり遅いと電車がなくなる。
加えて、明日から全日本ベテランに出場の平田コーチが、
応援についていく堀尾コーチを待ちつつ応援。

聞けば、クルマで夜通し走って名古屋入り。
10時から試合なのだそう。
こりゃ、早く勝負をつけて出発しないとね。

しかしここでいつもの長試合の堀尾コーチが本領発揮。
決まりそうで決まらない接戦模様に。
いつも通りのフルセットに突入。

最終的には、2-6 6-1 62-で勝利。
全勝で締めくくった。

実業団の特徴なのか、シングルス2に実力ナンバー1が来ることが多い。
シングルス1はアッサリ勝つが、2は接戦というパターンは
現在、日本リーグに出場しているチームの勝ち上がりでも同じだった。
さすがに2部、1部リーグだとランキング選手、有名選手が多いので
ナンバー1が強かったけど。

ということで、ナンバー2の堀尾コーチの接戦は既定路線、
勝負どころの重責というポジションなのだろう。
それをしっかり押さえているのは大したものだ。

ということで、1戦を残し、全勝のレック興発東京。
IMG_3720
最後もしっかり締めてプレーオフに臨みたい。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

日課とか、クリード観た!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

毎朝の犬の散歩。
このところ空気がガラッと変わり、寒いくらいに。
パーカーが必需品になってきた。

こちらはCooさんの日課。
IMG_3537

なぜかこのマンホールの上に来ると、ゴロゴロと転げ回る。
IMG_3539
ひとしきりゴロゴロした後はブルっと身震いして
何事もなかったように歩き出す。

小さな頃からずっとこうである。
何なんだろね。

 

さて、ちょくちょく映画を観ている。
映画館に行くほどの時間がないので、
電車の中でAmazonプライムビデオでの鑑賞だ。

IMG_3903

このAmazonビデオ、Amazonプライム会員になっていると
ほとんどが無料で鑑賞できる。

一部の最新作は有料だが、
年会費3,000円程度のプライム会員の付帯特典だから
かなりお得なサービスだと思う。

最近はWOWOWオンデマンドなど、会員になっていると
映画やドラマ、再放送が見られるサービスも増えた。

特にAmazonは手持ちのデバイスにダウンロードして持ち歩けるので、
自宅でダウンロードしてしまえば、データ通信料を気にしないで良いのが有難い。
若干作品数が少ないような気もするが、それでも十分である。

ということで、最近良かったのがこちら。
crd
「クリード・チャンプを継ぐ男」
ロッキーシリーズの最新版である。

ロッキーといえば、高校生の頃にROCKY2を観て超感動。
すべてのシリーズを欠かさず観ている映画である。

しかし、シリーズが進むにつれ、あれ?ロッキーってこういう映画?
ということが増えた。
「ロッキー4・炎の友情」では米露の対立がモチーフになり、
作り物感満載のアメリカとロシアの国旗デザインのグローブが激突、
爆発するシーンでは、いい加減愛想を尽かしそうになった。

それでもシリーズ全作を観てきたが、夢を壊さないように
以降の続編は作らないで欲しいと思っていたのだが、
今回の作品である。

とはいえ、タイトルに「ROCKY」が冠されていないことや
非常に評判が良いと聞いていたので、期待せずに観た。

良かった。
とても良かった。

やはりボクシング映画はテンション上がる。
クリードがアポロの息子という設定もうまく出来ているし、
ビッグネームの父親の影に苦しみ、戦う姿も共感しやすい。

ロッキーは次のシリーズまで持つんだろうかと心配になるくらい
すっかりヨボヨボだけど、若い頃から呂律の怪しい喋り方だから
まあ、あんなものだろうという気もする。

ただ、癌にかかった設定を次にどう繋げるのかは気になるところ。
ステージ的にも次作で急に治ってたりしないと思うんだけど。

最後20分のファイトシーンはまさに圧巻。
ロッキーシリーズの本領発揮である。

そして14ラウンドのダウン。
最終ラウンド、立つのかたたないのか。
勝つのか、負けるのか。

もう細かな設定の不自然さなんてどうでも良くなり、
すべてが許されるほどの迫力。

やっぱりロッキーはこうでなくちゃ。
国同士のイデオロギーのぶつかり合いとか、ストリートファイトに逃げちゃダメ。
ようやくロッキーがロッキーとしてスクリーンに戻ってきたと感じる作品だった。

いやぁ、良かった。
次作はあるのかな。
今作を超えるのは大変だろうけど、ぜひ観たい。
スタローン、それまで元気でいてくれよぉ。

カテゴリー: 映画, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

めいわく?とか、HEAD GT SPEEDインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日。
朝ラン、そして午前中はPCとおともだちになって仕事。
ちょっと疲れたので、ティータイム。
IMG_3552
お気に入りのハワイアンカフェ。

14歳児を誘ったらついてきた。
IMG_3554
が、ここでも漢検のテキストを開いてお勉強。
もしかして迷惑だった?
ゴメン。

そんな休日の午後。

 

さて、久しぶりにインプレである。
IMG_3450

正式発売は来年1月だが、一部機種のみ先行発売になった
HEADの新しいSPEEDである。

HEAD GRAPHENE TOUCH SPEED MP
IMG_3445
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:300g
■バランスポイント:320mm
■ストリング:16×19
■グリップ:2・3
■価格:35,500円

ジョコビッチ使用機としてHEADの代表機種であるSPEED。
展示会で見たときには「うーん・・まあまあ?」って気もしたが、
張り上がりの実機を触ってみると戦闘的な印象がある。

個人的には、先行発売前に契約コーチに配られたブラックコスメを
使いたいところだが、こっちの正式カラーもいいかも。

ちなみに、ジョコビッチが最初に使って
世間へのお披露目という段取りだったらしいが、
先日のデ杯プレーオフでウクライナの選手が思い切り使っていて
HEAD社の皆さん、ズッコケてるだろうなと思ったのはヒミツだ。
DSC_5981

ということで、この新しいSPEED、
グラフィンタッチというシリーズの第一弾になる。
IMG_3467

ヘッドがここまで進化させてきたグラフィンに
「タッチ」という名称が加わったわけだが、
その名の通り、タッチが良くなったというか、
少し柔らかなフィーリングになったらしい。

昨今の新素材バトルはどんどんラケットの剛性を上げ、
それに伴って打球感が硬く、乾いたものになっていく。
その流れは未だ止まらず、正直、どこまで行くのという感じだった。

どこのメーカーでもその傾向は同じで、
プロ選手も新しいモデルへのスイッチに苦労していると聞いた。

ちなみに、Team REC所属の鈴木貴男プロも
「最近のラケットはどんどん硬くなっていっています。ボクは・・」
(以下自粛)と仰っていた。

そんなわけで、このヘッドの「タッチ」には期待していた。
どんなフィーリングなのだろう。
「タッチ」を出しながら「SPEED」ショットが打てるのかとか。

IMG_3452

スペックはいわゆるゴールデンスペック。
100平方インチフェイスに300gのウエイトだ。

実は最近、300gはちょっとしんどいかもと
日和気味のワタクシだが、案外取り回しが良く、
重さを感じさせないところは意外だった。

早速打ってみる。

ほぉぉ、タッチだ。
・・って、意味が分からないか。

打球時にボールをくわえるというか、
フェイスが一瞬ボールを包むような感触でホールドする。
これがタッチってことなのか。
看板に偽りなしである。

包む、くわえると言ってもダルな感じはない。
ホールドしながらも弾き出しはそれなりにシャープ。
そりゃあ、カツン!という乾いた感じは薄いが、
パワーロスはなく、自分が振った通りにしっかり飛んでくれる。
何だろう、この感触。
IMG_3451

タッチなフィーリングの分、安心感は大きい。
フレームが勝手にボールをすっ飛ばしてしまうこともないので
自分の思ったようなボールが素直に飛んで行く印象。

スピンはストリングに強く引っ掛ける感じではないが、
同シリーズのSPEED PROに比べるとセンター部のストリングは粗いので
スピン量に関する不満はない。

当然ながら、スライスのノリも良い。
しっかり乗せて低く滑るスライスが打てる。
つまり自分の意思が乗りやすいって感じ。

ネットプレーはもう少し弾いても良いかなとも思うが、
このラケットのトータルでの味付けにおいては
それでもじゅうぶんな気もした。

むしろ、思うところにしっかりボールを運べるという意味では、
ネットプレーにおいてもメリットは大きいのだろう。

サービスはクセもなく、違和感なし。
スピン系もスライス系もしっかりキレる。
張ってあったストリングが若干緩めということもあり、
フラット系だと少しだけ面が暴れる感じはあったが、
これはテンションの調整で解消できるものだと思う。

全体的に新たなタッチのフィーリングを楽しめた1本だった。
昨今のフレーム硬化、打球感の硬さとは反対側に行ってみたい人は
このタッチフィーリングを一度体験してみることをオススメしたい。
決してヤワなラケットではないので武器になることは間違いなしである。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, ファミリー, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

斉藤プロとか、文化祭とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Team REC 斉藤貴史プロからメール。
「team 09キャップ届きました!ありがとうございます!」とのこと。

彼のブログにも写真が。
IMG_8284
定期報告メールやブログを読むと、回復は順調な様子。

斉藤プロはとにかく真面目な性格だから、
ランキングのことやスポンサーのことなど、
色々なことが気になってしまうようだ。

何度も言ってるけど、この先の方が長いから
焦らずしっかり治し欲しい。

とにかくこれから。
ガンバレ!タカシ!

って、ボスと同じファーストネームだから
微妙に呼びづらいんだよなぁ。
ニックネームつけるか。

 

さて、秋は文化祭の季節。
なのに、今年はやたらと雨が多い。

先日は14歳児の通う学校の文化祭。
数日前から「おとうさん、来るの?」と14歳児。
「あの、お兄ちゃんほど嫌なわけじゃないけど、来なくても・・いいよ」
どうやら恥ずかしいらしい。

「行くよ。キミを学校に行かせている保護者としてね」と言うと、
「あ、そうですよね。すみません。来てください」だそうだ。(苦笑)

と言うことで、朝から雨模様の中、学校へ。
IMG_3134

ステージイベントも雨の中、演ったらしい。
IMG_3132
若いっていいな。

そして14歳児のパート、研究プレゼンテーションの教室へ。
IMG_3135
ここで、調べたことをプレゼンするらしい。
そりゃ、見られたくないわ。
しかし彼はちゃんと喋れるのだろうか。

プレゼンが始まった。
お題は「論文の作り方」
IMG_3141
構成のコツから検証の仕方まで、細かく説明。

うーん、メッチャ喋ってる。
IMG_3143
身振り手振りも大きく機関銃のように話し続ける。
ちょっとビックリ。
この辺はワタクシの血なのかな。

終了後、聴いていた年配の男性に「素晴らしかった」と褒められつつ
「ここはこんな風にまとめるといいよ」などどアドバイスを受けていた。
同じクラスの子のおじいさんで大学教授の方らしい。
本職のアドバイスもらえるなんてラッキーだ。

あまり声を掛けないようにしていたのだが、
嫌がっていた割には、向こうからこちらに話しかけてきたりと
文化祭をとても楽しんでいるよう。

クラスの演し物でも一所懸命呼び込みしていた。
IMG_3155
父母会では、他の保護者から、
「スポーツも勉強もすごいんですってね」とか、
「〜くんのお母さんですか。お世話になっていますって挨拶されたのよ。すごいわぁ」
とか、先生からは
「彼は好きなことを一所懸命やっていて、なんと言うか・・清々しいですねぇ」
「彼みたいな子がクラスにあと5人いればいいのにねぇなんて話しているんですよ」
など、妙に高評価な14歳児。
ほとんどはお世辞だろうが、とりあえず評判は良いらしい。

とにかくとても楽しそうな中学生活で良かった。
勉強もテニスも思うようにやっておくれ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

NSXとか、飲んでる?とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

東京駅にて。
IMG_3614
HONDA NSXである。

ニュースを知ってから、一度実車を見てみたいと思っていた。
初代NSXも当時としては近代的なデザインだったけど、
今回のNSXのかなり今風のフォルム。
IMG_3615

後ろ姿もいいね。
IMG_3617

速そうだなぁ。
IMG_3619

所有したいとは思わないけど、一度は乗ってみたいな。
IMG_3622
って、2700万円もするのか?!
買えるかっ!

年間販売台数は100台とか。
お金があっても手に入らないわ。

そういえば、初代のNSXは運転したことがある。
ある方のお伴で六本木に飲みに行く時に運転を頼まれた。
若干ぶっ飛ばし気味に首都高を走ったけど、全然ブレない挙動に驚いたけっけ。

今思えば、あの頃って飲まずに六本木で過ごせたのね。
今じゃ、「なんで車?飲めないじゃん」てなるに決まってるけど。

まあそれにしてもすごいクルマだ。
それよりいつかはレクサスのLXが欲しいな。

 

さて、「よく飲むねぇ」と言われるのだが、実はそうでもない。
飲みに行くとDRKさんがやたらとFacebookにアップするのでそう見えるだけだ。
仕事中、皆がPCに向かっている写真なんてアップしないしね。

ということで、レック本社で最近流行っているのがこれ。
IMG_3171
会社飲み。

隣のコンビニで飲み物とつまみを買って来て、
応接テーブルで飲む。
IMG_3169
最近のコンビニのおつまみは充実してるなぁ。

「昔、先代社長とこうしてよく飲んだよ」とボス。
歴史のある飲み方らしい。
光栄です。

 

1週間後の夜。

「お腹空きましたね」

「そうだね」

「隣で何か買って来ましょうか」

気づけば飲み会に。
IMG_3527
事務方のNさんにも「もう終われば。ビールあるよ」だって。

イチジョーさんにも、「今日は終わりましょう」と。
IMG_3528
悪い上司である。

 

さらに1週間後。
この日はDRKさんが残っていた。
もっと悪いメンバーである。
IMG_3599

DRKさんチョイス。
これに、ボスのチョイスで一平ちゃんヤキソバが加わった。
IMG_3598

缶詰を突つきつつ、色んな話をする。
昔のことは少しだけ、今のこと、将来のことをたくさん。

いつも思うけど、ホントにやること満載。
次の世代に会社を引き継いで行くためには、
時間といくらあっても足りない。

とにかくそこはパワーで引っ張るしかない。
自分がどうこうじゃなく、
次世代を見て動かなければとさらに強く思う。

そのためにここのメンバーになったのだし、
とにかく全力で頑張ろう。

しかし、落ち着いて話せるし、いいよね、会社飲み。
ボス、いつもご馳走様です。

ああ、やっぱり飲んでるね、Team REC。

カテゴリー: Team REC, クルマ, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

有明スナップとか、勝負とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

楽天Japan Openの写真の残りなどを。

ロイヤルシートの入り口。
IMG_3778
スーツ&白手袋の係員にチェックを受け、受付に行くと、
女子のプロ選手がドレスアップしてお出迎え、
席まで案内してくれる。

今年は占部奈美プロに会わなかったな。
仮装・・あ、いやドレスアップ姿見たかった。

ロビーにはラウンジがある。
IMG_3769
スポンサー企業のワインやビール、コーヒー、
そしてスナックやスイーツが置いてある。
飲み過ぎ注意なエリアだ。
って、そういう方はいらっしゃらないけど。

こちらはオフィシャルのRADOレストラン。
IMG_3757

皆の情報によると、日によってメニューが違うっぽい。
IMG_3761

この日は・・
IMG_3763
なんだっけ、これ。
忘れた。

こちらはデザート。
IMG_3764
美味しかった。

ロイヤルシートは周囲は偉い方ばかり。
福井さんにご挨拶に行ったら、
あらためて植田監督と来てくださった。
IMG_3770
恐れ多い・・・わざわざすみません。

今大会のキャッチコピーは「BE THE ONE」
IMG_3779
良いフレーズだと思う。

今年はキリオスの優勝で幕を閉じた。
キリオス観たかったな。
あと、モンフィスも。
来年も来て欲しい。

 

さて、某日、ひとりで遅めのお昼。
代々木駅前をふらついてみた。

と、以前にちょくちょく行っていた10円寿司のランチが目についた。
IMG_3793
昼間に見ると一段とあやしいな、ここ。

たしかすごく安いカレーがあったはず。
勝負してみるかと入ってみた。
IMG_3794
誰もいない。

店員さんに「カレーあります?」と聞くと、
「カレーは食べ放題なのでご自由に」と言う。
IMG_3795
見ると、テーブルの上にボウルが置いてあり、
その中に冷めたカレールーが入っていた。
悪い予感。

「日替わりって何ですか?」

「舌平目のフライと小魚のフライです」

「うーん、じゃあそれ」

「前金500円です」

舌平目ってそんな値段で出せるのか?
さらに悪い予感。

出来上がった。
IMG_3796
なんかとってもチープな感じ。

フライにしちゃうと何かなんだか分からないよね。
で、この小魚って何だろう?
IMG_3799
その辺の沼で泳いでそうだな。

悪い想像が加速して結局食べられなかった。
安い昼食はチェーン店の方が安心出来るかも。
ただ、勝負するのも楽しいけど。

昼飯と引き換えにネタがひとつ拾えたから良しとしよう。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オールスターとか、修造さんとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

出勤時のウォーキングコース。
表参道交差点横の看板。
IMG_3595
夏の間はコロナビールだったが、コンバースに変わっていた。

コンバース・オールスターは学生時代の定番だった。
ローカット、ハイカット、レザー、色違いで何足も持っていた。

今は唯一持っていた黒のローカットは長男に取られて、
コンバースは持っていない。
やっぱり基本だよねぇ。
1足買うかな。

 

さて、楽天Japan Open。
雨が落ちてきて屋根が閉まる。
それにしても有明の屋根を閉めるのは時間がかかる。
20分以上掛かるんじゃ、その間にコートはビショビショだ。

聞けば、US.Openのセンターコートは6分で閉まるらしい。
オリンピックに向けてこの辺も改善されるのかな。

そんな間を埋めてくれるのが松岡修造さん。
DSC_7801
デ杯の時もそうだったが、サービス精神の塊のような方だ。

お客様を上手にいじりながらトークショー。
DSC_7814

と、会場に呼びかける。
「ラケット、持ってきた人いる?」
手を挙げたジュニアに「降りて来い」と。
DSC_7820
コートに呼び込んだ二人に試合をさせた。

そして自ら相手。
DSC_7831

DSC_7825

有明コロシアム、満員の観客の前で試合。
相手は松岡修造。
DSC_7832
すごい経験だ。
彼らがいつの日か、本当のトーナメントでここに戻ってきてくれたらうれしい。
ガンバレよ〜!

カテゴリー: シューズ, テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

喫茶店とか、研修会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

月島にて。
IMG_3519
自転車屋の隣じゃないけど。
って、分かる人ってどれくらいいるのだろう。

「店の名はライフ」は中島みゆきの名曲である。

「店の名はライフ、自転車屋の隣。どんなに酔ってもたどり着ける」
ワタクシ的には「ホームにて」「お前の家」と並んで大好きな曲。

こういう喫茶店、本当に少なくなった。
IMG_3518
チェーンのカフェなら300円でちゃんとしたコーヒーが飲めるし、
コンビニだって100円代で美味しいコーヒーが飲める。

一杯500円近く出して喫茶店に行くこともないのかもしれないが、
こういう店は残って欲しいなと思う。

 

さて、先日は全校の責任者が集まっての会議。
ワタクシも朝からバタバタ。

8時 社内ライセンステストのテスター研修
10時 全社会議
11時30分 分科会(進行役)
14時30分 座学研修(講師役)
18時 飲み会・・ってこれは大変じゃないか。

しばらく前からあれこれ仕込みもあったりして
ようやく当日にたどり着いた。

特に座学研修は、立場が一緒の社員が受講者、
しかも責任者クラスが勢ぞろいなので
何かとプレッシャーもあったりして。

で、今回はワタクシのパートの前に講座を一つ組み込んだ。
IMG_3559

ネジメコーチの講義に続いての実演講師はオカノコーチ。
IMG_3564

先日ワタクシたちが受講してきたシナプソロジーの紹介である。
IMG_3565

シナプソロジーは脳を活性化させるプログラム。
手足、声等、五感を総動員して様々な種目をこなす。

キモは出来なくて良いこと。
というか、出来なくてはいけないという概念がないのだ。
とにかく楽しんでやることが脳の活性化に繋がる。

そしてやってみるととにかく楽しい。
IMG_3584

そもそもTeam RECは楽しむことが大の得意。
IMG_3566

皆、メッチャ盛り上がっている。
IMG_3587

レッスンでもこんな笑顔からスタートしたいよねというのが
このプログラムへの挑戦を始めた理由。
自分たちが盛り上がるだけでなく、
皆さんにお届け出来るように急がなければ。
期待してお待ちください。

ということで、場が暖まったところで、ワタクシの座学へ。
IMG_3590
若干、空気が重くなる・・

自分のスキルや価値の棚卸し、そしてリーダーシップがテーマ。
耳が痛いことも多いのだが、それを理解し、認め、
どうするかを決めないと、何も起こらないし、変わらない。

自分を客観視出来ているか、自分の価値を理解しているか、強み、弱みは?
そして、今いるこの場所以外でも価値は発揮できるか等、
業界、会社でそれなりのキャリアを積んでも、まだまだ課題は多いと再認識。
とにかく日々勉強し、ほふく前進でも前に進むことだと思う。

受講はしたけど・・・打ち上げで飲んだら
全消去されたなんてことになっていないといいけど。。
IMG_3591
頼みますね、皆さん。

カテゴリー: テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ベテランとか、観戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

有明での熱い戦いの最中、名古屋でも熱い戦いが。
IMG_3786
全日本ベテラン選手権である。

今年、Team RECのヒラタコーチが初出場。
facebookを見たら、フカダ、ニシカワ、ホリオの
3コーチも応援にかけつけていた。
なんとも美しい友情である。14492424_1139511669472742_1031154112892020638_n
おっ、団長も・・・ありがとうございます。

試合は1回戦からシード選手とだったらしい。
IMG_3787

IMG_3788
そして残念ながら敗退。
勝ち上がったら応援に行こうと思ってたのだけど。

とはいえ、東京オープン出場から全日本ベテラン出場を目標に
しっかりポイントを重ね、出場にこぎつけたのは素晴らしい。
今回の結果を受け、次の目標に照準を合わせ実現するだろう。

ちなみに、今大会はお家芸のオモシロプレーはなかったのだろうか。
応援メンバーの皆さん、レポートをよろしく。

 

さて、楽天Japan Openが幕を閉じた。

今年はトップ選手の欠場や錦織圭のリタイヤなど
何かとツライ話題も多かったような気もするが、
それでも世界のレベルを堪能できるという意味では
大きな価値のある大会だと思う。

年々、チケットが取りづらくなっているJapan Open。
痛し痒しでもあるけど、この人気が続いて欲しいと思う。

ということで、今年行けたのは1日のみ。

ベルディヒ対ミュラー
DSC_7390

ベルディヒ、デカイ。
DSC_7397
セカンドサービスのスピンも打ち下ろしのイメージ。
うらやましいぞ。

ラケットはHEAD INSTINCT。
DSC_7404
フェイス部分のフレームが市販品とはちょっと違って見えた。

2試合目はチリッチ対ベルダスコのHEAD対決。
DSC_7468

ベルダスコは以前から好きな選手。
DSC_7493
フォアハンドの豪打がいいんだよなぁ。

チリッチのシューズはリーニン。
DSC_7420
中国ではトップのスポーツメーカー。

以前、上海マスターズに行った時も
会場で一番大きかったのがリーニンのブースだった。
モノが良いかどうかは知らないけど。

ラケットはPRESTIGE。
DSC_7543
ベルダスコも同じくREVPROのロゴが入っているが、多分違う。
というか、HEAD契約選手のラケットはほとんどカスタム。
関口周一プロもPRESTIGE Sと入っているが別物。

決勝に進出したゴファン。
DSC_7868
スリムなボディであまり筋肉質じゃないのだけど、
クレーバーなプレーをする。

ウェア、シューズはアシックスだった。
DSC_7775
このところ、アシックスやミズノの使用選手が増えた。
もちろんモノは間違いなく良いのだが、
2020年を見据えての世界戦略もあるような気がする。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チャーハンとか、ジャパンオープンスナップとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグ・ドロー会議の後、神田で昼ご飯。
IMG_3613
あんかけチャーハン専門店だった。
チェーン店なのかな。
なかなか美味しかった。

あんかけチャーハン、かなりメジャーになったよね。

 

さて、今年の楽天ジャパンオープンはリタイヤがとても多いような気が。
特に錦織のリタイヤはお客様にも大会関係者にもショックだっただろう。
とはいえ、この状況でリタイヤするほどだったと思うしかないし、
早い回復を祈るのみである。

ということで、今年はたった1日しかいけなかったが、
その写真あれこれを。

会場入り口付近ではビーチテニス。
IMG_3732
ジャパンオープンとの共催は何年になるだろう。
随分と定着したように感じる。
次はパデルなんかも一緒にやってみてはどうだろう。

例年になくケータリングも多かったような。
IMG_3733
これも錦織人気でチケット完売の賜物か。

オフィシャルスポンサーはプジョー。
IMG_3736
昨年まではメルセデスだったよね。

オフィシャルストリンガーはヨネックス。
IMG_3738
全豪オープンのオフィシャルなど、
かなりグローバルな戦略のヨネックスさん。

優勝トロフィー。
IMG_3740
何がモチーフなの?これ。

何とマッケンローのサイン入りラケットが。
IMG_3741
マッケンローが使うようなモデルじゃないけど。

ニューバランスさんのブース。
IMG_3744
光ったボタンをラケットで消していくゲーム。

ゴーセンさんのブース。
IMG_3745
ウェアも販売していたらしい。
ストリングは、G-TOUR1推し。
選手がこぞって使い始めたというかなりの武器。
ワタクシにはちょっとハードだったかな。

HEADさんは新製品GT SPEED推し。
IMG_3746
ワタクシも試打したが、なるほどという感じだった。
近々、インプレを書く予定。

Princeさんはテキストリーム。
IMG_3747
新製品のHARRIER PROの評判も上々だ。
同一機種で3タイプのウエイトを揃えるアイデアはナイス。

芝生広場のステージ。
IMG_3748
この日は台風対策でクローズ。
残念。

コロシアム。
IMG_3754

ここ2年はレック本社・ハッシーの関係シートで観戦。
IMG_3752
前から2列目というスーパーな席だ。
感謝である。

長くなったのでこの辺で。

カテゴリー: テニス, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。