月別アーカイブ: 2016年11月

壮行会とか、練習とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

月曜日、Team REC日本リーグメンバーが
レックインドアテニススクール上石神井に集結。
IMG_5113
(なぜか身長順)

そしてTeam RECの社員スタッフも会議のため集結。
壮行会というか激励の儀が執り行われた。

斉藤プロはスタッフと会うのは初めて。
関口プロも竹島プロも久しぶりの対面である。
IMG_5111
社員メンバーである、佐藤コーチ、井原コーチ、
梁元コーチ、白川コーチも挨拶。
皆の激励を受け、思いを新たにした。

選手もコーチも、スタッフもお客様も皆でTeam REC。
皆の思いを胸に思い切り戦おう。
IMG_5114

 

さて、そんなわけで日本リーグメンバーでの最終調整である。

関口周一プロ
IMG_5118

竹島駿朗プロ
IMG_5125

斉藤貴史プロ
IMG_5116

佐藤一平コーチ
IMG_5117

井原力コーチ
IMG_5121

梁元善貴コーチ
IMG_5130

白川澄コーチ
IMG_5122

本大会には帯同しないが、アドバイザーの鈴木貴男プロの元、
ダブルス、シングルスの調整、マッチ練習が行われた。
IMG_5129
ロビーではワタクシたちはシビアに会議だったけど。

いよいよ今日から会場入り。
まずは練習日だ。
しっかり調整して明日からの本番に臨みたい。

頑張ろうぜ!Team REC!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

来社とか、必勝祈願とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

関口周一プロがレック本社に顔を出した。
IMG_4817

全日本選手権準決勝を終えた夜、そのまま遠征に。
ATPチャレンジャーに出場し、ようやく帰京である。

プロツアーは過酷だ。
この後はいよいよ日本リーグ。
頼むぜ、エース!

 

さて、そんな関口周一プロが来てくれた日の午後、
ワタクシたちは葛飾方面に向かっていた。

京成線を乗り継ぎ、目指すは柴又。
IMG_4819

駅で日本リーグチームの今年の主将、佐藤一平コーチと合流。
BS社のH崎さんも来てくださった。

ちなみに、H崎さんはワタクシの2学年上。
高校生の頃、柳川のエースで戦うH崎さんは雲の上の方だった。

テニス誌に載っていたH崎さんのサービスの写真を切り抜いて
生徒手帳に入れていたことは、まだご本人に伝えていないが
それほどの存在の方である。

まずは寅さんにご挨拶。
IMG_4822
足を撫でるのは、試験に落ちないおまじない出そうだ。
当然、撫でておいた。

参道を抜けて。
IMG_4824

目的の場所へ。
IMG_4825

日本リーグに向け、勝負の神様 柴又帝釈天に必勝祈願に来たのだ。
IMG_4827
昨大会では決勝リーグの前に必勝祈願をお願いしたが、
今回は予選リーグから、パワーをいただこうということになった。

無事に必勝祈願を終え、庭を案内してもらう。
IMG_4847
山、海と日本の景色を模した庭園は紅葉と相まって
心安らぐ素晴らしい世界観である。

こちらは御神水。
IMG_4853
近所の方々は湧き水でコーヒーやお茶を入れたり、
ご飯を炊いたりするそうだ。

お力もいただき、気合いが入ったところで記念撮影。
IMG_4854

ということで、参道のお寿司屋さんで軽く一杯。
IMG_4870
今年も勝とうぜ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポスターとか、メンバーとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

テニス日本リーグのTeam REC版ポスターが完成。
japanleague1ststage_web
いよいよ木曜日から開幕である。

ワタクシたちは水曜日から会場入り。
練習に入る。
まずはコートの感触を確かめ、会場の雰囲気を掴む。

昨年は初参加で分からないことだらけだったが、
今年はもう少し上手くやれるだろう。
と言いつつ、若干ドキドキである。

 

さて、そんな日本リーグ。
今年はこのメンバーで戦う。

関口周一プロ
14612428_1662815610715501_5635692645085440884_o
Team REC、不動のエースである。

先の全日本ではベスト4に入り調子も良さそうだ。
この一年は、鈴木貴男プロにアドバイスをもらいつつ、
新たな世界を切り開いてきた。

竹島駿朗プロ
14714951_1658982564432139_4776244256441375551_o
シングルス、ダブルス、どちらもいけるマルチプレーヤー。
竹島プロがいることでオーダーの幅が一気に広がる。

同じく、最近は鈴木貴男プロのアドバイスをもらい、
新境地にたどり着きつつある。

斉藤貴史プロ
IMG_0897
Team REC-PROの新メンバー。
今年手首の手術をし、現在リハビリ中。

どこまで回復し、いつから出来るかというところだが、
焦らず戦える準備を整えていきたい。

佐藤一平コーチ
DSC_2763
昨年に引き続きメンバー入り。
今年は主将の重責を担う。

優しい雰囲気とは裏腹な一発の破壊力を持つ一平ちゃん。
一平ちゃん入社後、カップ焼そばは「一平ちゃん」しか食べていない。
本人が「一平ちゃん」を食べているかは不明。

井原力コーチ
DSC_7796
Team RECコーチ陣のエース。
昨年は主将として日本リーグチームを引っ張った。
今年もその爆発力に期待大である。

梁元善貴コーチ
14102955_1629662187364177_7520749130998484036_o
実業団レック興発東京チーム、ビジネスパルチームでは
エースとして活躍し、今回日本リーグチームに初のメンバー入り。

とにかくタフ。
ポーカーフェイスで何時間でも戦える。

加えて、おそろしくご飯を食べる。
弁当3個は当たり前。
若いっていいね。

白川澄コーチ
14115401_1629612947369101_3483514883716380680_o
こちらも初のメンバー入り。

当たると怖い。
ハマればスーパーショット連発で手が付けられない。
サウスポーからのサービスもエグい。

こちらも大食漢。
食事に連れて行ったらまずはライスを与えるのは必須だ。

以上のメンバーに、ボス・DRKさん、トレーナーの荏原さん、
そしてワタクシで今年は戦う。

まずは横浜を無事に抜けることだ。
どこも強いけど、頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

山ランとか、ALLREC初日とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

高原の朝。
冷えた空気が痛い。
IMG_4495

旅先だが、いつも通りに5時に起きてランニングへ。
IMG_4497
程なく体も温まりロンT1枚で走る。
空気が美味しい。

遠くの山々が朝日を浴びて光だす。
IMG_4500

標高700mなのね。
IMG_4503
どうりで息が上がるのが早いと思った。

この日は7kmで終了。
旅先のランは楽しい。
いい汗かいた。

 

さて、そんな山梨県は北杜市須玉町にTeam RECはいた。
年1回の大イベント、ALLREC CHAMPIONSHIPS2016だ。

当日は素晴らしい天気。
しかも寒くない。
懸念されていた天候は100点以上である。
IMG_4509

スタッフも準備万端。
IMG_4508

各校からの応援旗も設置された。
IMG_4521
「ガンバレ!」「ファイト!」という寄せ書きに混じって
「打倒!鈴木貴男!」ってのがあった。(笑)

選手も続々と集まり、いよいよ開会。
IMG_4518

その頃、ワタクシはこちらへ。
IMG_4514
会場入りする鈴木貴男プロのお迎えである。

鈴木プロと会場入りすると、コートではすでに熱い戦いが始まっていた。
IMG_4515

初日はリーグ戦。
2日目は順位トーナメント。
気合の入ったプレーで1位抜けを狙う。

試合がひと段落したところで、鈴木貴男プロの登場。
DSC_4193

参加者ひとりひとりとラリーをしアドバイス。
IMG_4533

我も我もと皆が順番待ち。
IMG_4534

そして、ダブルス講座。
DSC_4180
とても論理的で細かな戦略に皆釘付け。
これだけでも来た甲斐ありだ。

夜はパーティー。
IMG_4538

お腹も満たされたところで、鈴木プロのトークショー。
IMG_4540
ツアー生活の裏話などを。
フェデラーとの対戦の話は特に面白かった。

質問コーナーでは部屋からラケットを持ってきて技術解説。
IMG_4548
貴男ワールド全開である。

最後は鈴木プログッズプレゼントのじゃんけん大会。
IMG_4563

いいなぁ、ワタクシも欲しいぞ。
IMG_4554

そんな鈴木プロとの楽しい初日もお開き。
IMG_4564
明日は決勝トーナメント。
皆さん頑張ってください。

さぁ、スタッフは部屋でもうひと飲みしようか。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発売とか、サプライズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

錦織圭使用のウイルソンの主力機種、BURNシリーズの
ニューモデルの情報が解禁になった。

BURN95CV
burn95cv
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ウエイト:309g
■ラケット長:27.25インチ
■バランス:32.5cm
■フレーム厚:22.0mm
■グリップサイズ:G2/G3
■ストリングパターン:16×20
■価格:40,000円

来年年明けに発売との予定だったが、
ウイルソンさんから案内が届き、
急遽、12月29日に発売が前倒しになったとのこと。

ちなみにこの日は錦織圭の誕生日だそうだ。
粋な決定というか・・・ね。
こちらも販売の段取りしなければ。

 

さて、とてもめずらしい11月の雪の中、
メッチャ寒い思いをしながら都内某所へ。

そこは幼稚園。
中では園児たちが楽しそうにテニスをしていた。
IMG_4981

が、その周囲には報道陣がズラリ。
IMG_4983
ちょっと普通の空気じゃない。

理由はこれ。
DSC_4521

DSC_4516

程なく、まったく持って自然な感じで登場したのは・・
IMG_4991

錦織圭である。
DSC_4529
「あ、オリンピックで見たことある!」と園児たち。

今回、新しいBURNの発表イベントがシークレット&サプライズの形で
この幼稚園で開催されたのだ。
場所的な問題もあり、TV等のメディアのみ招待。
あとは、ウェブ系に影響力のある媒体をとのことで、
影響力はないがワタクシもお誘いいただいたというわけ。

思わぬビッグゲストに子供達は大喜び。
DSC_4589

一緒にラリーをしたりとテニスを楽しんだ。
DSC_4563

DSC_4601

DSC_4537

いや、一番喜んでいたのは、保護者と先生だったかも。
DSC_4604

なんともラッキーなうらやましいサプライズだ。
DSC_4605

サプライズレッスンの後は記者会見。
DSC_4645
アメアスポーツ(ウイルソン)の錦織圭担当の道場さんとの
トークショーの形でニューモデルが紹介された。

今回のBURN95CVはモールドは現モデルと同じだが、
NASAの公認技術素材であるCV(カウンターヴェイル)の採用することで
プレーヤーの疲労を軽減できるラケットに仕上がったそうだ。

圭曰く、他のトップ選手よりも体格的に小柄な自分には
フルセットを戦っても疲れないギアは必要不可欠だったそう。
この武器を使ってさらなる高みを目指すとのことだった。

DSC_4669

最後はフォトセッションで小一時間の発表会はお開き。
DSC_4681
ワタクシ、また新しいBURNを打っていないので何とも言えないが、
来年も圭そしてBURN旋風が吹き荒れるのは間違いないだろう。

アメアスポーツさん、貴重な機会をありがとうございました。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レトロとか、前乗りとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

札幌の街角で。
IMG_4424
レトロな建物。
そして近づいてみると、とてもあやしい佇まい。

ショーウインドウの中はまさにカオス。
IMG_4456

IMG_4457
時間と勇気が無くて中には入らなかったが、
地元では有名スポトらしい。

レトロ会館
https://www.facebook.com/rsp.saka

社名の坂栄養食品株式会社というのもいい感じ。
ずっとここにあってほしいな。

 

さて某日、ボスとワタクシは一路、山梨を目指していた。

渋滞も無く順調に車を走らせ、着いた先はここ。
IMG_4493

クラブヴェルデさん
IMG_4490
手入れの行き届いたクレーコートとインドアコート。
高原のリゾートホテルだ。

週末ここでレックの一大イベント ALLREC CHAMPIONSHIPSが開催されるのだ。
ALLRECは各校から集まった代表選手が熱い戦いを繰り広げるガチンコ勝負イベント。
賞品やらの準備等々のため、ボスとワタクシは前乗りというわけ。

さっそく届いた荷物を検品。
IMG_4491
メーカーさんからの大量の商品。
毎年の多大なご賛助には感謝感謝である。
本当にありがとうございます。

格闘すること暫し、検品完了。
少し早いけど食事をしようってことに。

が、ホテルに夕食を頼んでいなかったので、
自分たちで何とかしなければいけない。
リゾート施設だけあって、ホテルを出たら食事処があるわけではないし、
車で出てしまえばビールが飲めない。

協議の結果、コンビニで買い出しをして部屋で済まそうとなった。
いつもの悪い癖で食べ切れない、飲み切れないほどの酒と食べ物。
まあ、次の日はスタッフ全員で飲むからいいか。

夕方から、あれこれ話しながら飲んで食べる。
と、二人とも眠くなって来た。

結局、21時前にも関わらず就寝。
こんな時間に寝るのは老人か病人だぜ。
目が覚めたら夜中の2時だったけど、たまにはいいか。

試合数が多いだけに天気が心配だったが、土日とも大丈夫そう。
IMG_4492

今回、ゲストプロは鈴木貴男プロだし、楽しみだぜ。
それにしても寝すぎた。

カテゴリー: テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

研修会とか、最終日とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ネジメコーチである。
IMG_3944

先日の社内研修会でもシナプソロジーの紹介をした。
IMG_3949

皆で楽しめること、出来なくてもいいのが良い。
IMG_3957

さらに突っ込んで皆で勉強しようと思う。
IMG_3947
これも段取りしなくちゃ。
やること満載な今日この頃。
有難い限りである。

 

さて、札幌滞在最終日である。

いつものように5時に起きるも、
暗いわ、恐ろしく寒いわで、ランニングは断念。
その代わりに、この日の移動は出来るだけ徒歩でってことに決めた。

見学をお願いしておいた同業他社さんに行く前に、
北海道大学がすぐそばってことで寄ってみる。

まずは有名なクラーク博士の像を探すと、案外簡単に見つかった。
IMG_4409

Boys be ambitiousね。
IMG_4411
Boyじゃなくてゴメン。

しかし良いところだなぁ。
IMG_4412

IMG_4413

これぞキャンパスって感じ。
IMG_4416

IMG_4417
帰って、14歳児に「北大いいぞ〜。どう?」と言ったらその気になっていた。
妻に「そんな遠いところは(淋しいから)ダメ」と却下されてたけど。

あまりに敷地が広く回りきれないと早々に校外へ。
目的の宮の森テニススクールさんに向かうことにした。

「新店なので是非どうぞ」とFテスターに勧められた新宮の森校だ。
IMG_4426

とてもキレイな施設に熱いレッスン。
ベテランと思われる女性コーチはテニスもレッスンもとても上手かった。
(上から目線ってわけじゃないです。すみません)

続いて、テストでお邪魔した宮の沢校へ向かう。
数キロ程度なので歩くことに。

と、雪がチラついてきた。
そしてメッチャ寒い。
このまま雪が強くなったらどうなるのか。
まさかの街中での遭難?(なわけない)

雪が弱くなった頃に目的地へ。
その前に、前夜立ち寄ったこちらへ寄り道。
IMG_4437
白い恋人ファクトリーだ。

中は工場と土産物、外はメルヘンな庭園。
IMG_4443

せっかくなのでソフトクリームを食べてみる。
IMG_4444
小雪チラつく中、外でソフトクリームを食べているバカはいない。
ひとり、震えながら格闘するも、完食できずにギブアップ。
それこそ凍死しちゃうぜ。

隣はコンサドーレのグランドだった。
IMG_4448

スポンサーなのね、きっと。
IMG_4445
地元の優良企業なのだなぁ。
素晴らしい。

そして目的の宮の沢校へ。
IMG_4451
プロテストで知り合ったコーチのレッスンを見学。

フロントに着いたワタクシを素早く見つけ、
ボール拾いのスキにコートから出て挨拶するあたりも仕事出来そうな感じだ。
テストの時も素晴らしかったが実際のレッスンも素晴らしい。
勉強になりました。

そんなこんなで帰りの時間が迫ってきたので失礼することに。
札幌駅から電車で空港へ。
IMG_4470

お腹が空いたけど、時間が微妙なのと、
どの店も高いのでコンビニのサンドイッチ。
IMG_4473

IMG_4472
空港ってなんであんなに物価高いの?

ということで全日程終了。
IMG_4475
有意義な久しぶりの札幌だった。
次回は今回行けなかったスクールさんを是非見学したい。

次があるかは分からないけど、出来れば夏がいいな。
また来るよ〜。

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

もうすぐ開幕とか、懐かしラケットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグのポスターが届いた。
14980720_1671906939806368_8623873290830550267_n

気づけばファーストステージはもうすぐ。
Team RECも本番に向けてあれこれ準備中。

今年の公式サイトも公開になった。
テニス日本リーグ公式サイト

しかしまあ、どこを見ても強豪ぞろい。
新規参入チームも強そうだ。

そしてTeam RECメンバーはこちら。
http://files.tennis-jl.jp/pdf/2016/profile_men_reckouhatu2016.pdf
今年もチーム一丸となって戦う。

まずは横浜決戦。
12月1日(木)〜4日(日)、会場は横浜国際プールである。
http://tennis-jl.jp/schedule/

セカンドステージは兵庫に行ってしまうので、
ぜひファーストステージを見に来てください。
頑張りますんで。(応援だけど)

 

さて、RACKET-STUDIOさんにお邪魔した時の写真がもう少し。
懐かしくもキワモノのラケットもあった。

MADRAQ(マッドラック)
IMG_3019

ストリングが縦横斜めに交差しているラケット。
IMG_3018
たしか通販のサントリーショッピングが取り扱っていた。

ワタクシも使ってみたことがある。
けっこう面圧は高め。
この構造のメリットはあまり実感出来なかったような記憶がある。

何より、ストリングが切れたら張りたくないなぁと思った。
多分、切れにくいのだとは思うけどね。

そんなに売れなかったのかな。

 

SNAUWAERT ERGO
IMG_3022

最近、また日本での取り扱いが始まったスノワート。
フェイスが斜めについているモデル。
これによりよりスピンが掛かりやすくなるというコンセプトだった。

売れたかどうかは分からない。
ちなみにワタクシは打ったことはない。

このラケットだけ紹介すると、
こういうメーカーなのかと思うかもしれないが、
実際は質実剛健なベルギーのブランド。

現在は、名選手ビタス・ゲルライテスの名を冠したモデルを中心に展開している。
スノワートジャパン株式会社

ワタクシ、その昔、ゲルライテスモデルを使っていたことがある。
ウッドラケットだったが、シャフトがゴツく剛性が高い良いラケットだった。

その後、グラファイトのミカエル・ペルンフォルスモデルも使ったが、
これもフラットビームでとても扱いやすいモデルだった、
かなり気に入っていた記憶がある。

ちなみにこの頃使っていたラケット、軒並み手元に無い。
どうしたのかも記憶にない。
おそらく試合に出たり練習したりで必死な時期だったから
保管しておこうなんて発想は無かったんだろうなぁ。
明日をも知れない時なんてそんなもんだ。

20代中盤の頃は他にも、ルコックのヤニック・ノアモデルも使ってたっけ。
ノアは3本シャフトのウッドが印象強いが、
ワタクシが使っていたのは、1本シャフトのブルーのウッドラケットだった。
しかしどうしてあれを使っていたんだろう。
入手経路すら思い出せない。

クナイスルのホワイトスター・レンドルプロは4〜5本持っていた。
全部、中古だったけど。
フェイスは小さいが絶品の打球感だったっけ。
白いフレームはすぐに黄ばむので、いつも消しゴムで掃除してた。
このラケット、かなりの期間使ってたけど、やはり手元に無い。

マッドラックもエルゴも多分バブル前後の時代。
(間違ってたらゴメン)
そしてワタクシの超下積み時代も世の中がバブルで浮かれていた頃。

金無い、技術無い、戦歴無い、実力無い、人脈無いと、
無い無い尽くしの数年間は選手としてもコーチとしても
仕事人としても迷走しまくっていた。

なんせ、ガットの張替えも躊躇するくらいだったし、
試合会場への交通費で手一杯だったもんね。

そんなツラくも必死だった時代を思い出すラケットがこの2本。
もう戻りたく無いけど、あれはあれで戦ってたんだよなぁ。
まあ、今も別のフィールドで毎日戦いだけど。

一瞬タイムスリップのマッドラックとエルゴだった。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スタバとか、ゴルフとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日、ずっとPCに向かっていて目と脳が疲れた。
近所の蔦屋書店&スタバへ。
IMG_4701

本好き&コーヒー好きのワタクシにとっては天国である。
ただ、歩いていく距離じゃないのが残念。
こんな店が徒歩5分以内にあるとウレシいぞ。

もうクリスマステイストなのね。
IMG_4703
我が家はすっかりそういう行事とは縁が無いけどね。
ああ、ラテが美味い。

 

さて、先日のこと。
仕事の打ち合わせ前の雑談。
ゴルフの話をしていた。

その方は初めて2年半しか経っていないのに90そこそこで回るらしい。
すごいな。

で、テニスもされるその方はこう言った。

「ゴルフって難しいですね。相手がミスしてくれないから」

なるほど、すべては自分てことね。
真理だ。

以前、レックゴルフスクール水道橋の三浦プロにもこう言われたっけ。

「相手はパーおじさんです。誰かを標的にしちゃダメです」

きっとパーおじさんは自分の中にいるのだ。
マッチプレーでもコンペでも、相手は自分てことね。
うーん、深いな。

 

そういえば仕事も同じ。

時々で相手は変わるが、大きな意味で相手は自分。
一所懸命やるも、サボるも、誠実にやるも、低きに流れるも自分次第。
個々の案件云々じゃなくて、トータルでは自分次第ですべてが決まる。

ワタクシ、良くも悪くも余裕がない。
だから誰かと張り合ったり、勝負を意識したくない。

隣や、少し前や、少し後ろの誰かの動向を見て、
抜かれないようにとか、追い越してやろうとか、
対誰かを意識して動くのは余計なエネルギーを使うのでパス。

自分のやりたい仕事、今いる組織の中での果たすべき役割、
パートにおいて、期待通り、そしてそれ以上の成果を出すことで手一杯である。

アイツがどうとか、好きとか気に入らないとか、
ましてや組織に文句を言うほどの余裕はないのだ。

事案や事象、行為や判断においておかしいことには
普通に意見をするが、誰がどうしたとか、
滑った転んだなんてことはどうでも良い。

正しくパートをこなしていれば認めるし、
こなしていなければ、望むことを伝える。
期待と能力通りにやってくれればタッグを組み続けるし、
やらなければ以降のパートナーを頼むことはしない。

今自分たちがいるフィールドで
それぞれが自分に向き合って成果を出そうとしているかがすべて。

このコース(組織や会社)は気に入らない。
こんなメンバー(チーム)じゃやる気が出ない。
雨だから嫌、暑いから歩きたくない、風があるから上手く出来ない。
そんなことならさっさとギブアップしてコースから出るべき。

そのコースを回ろうと決めたのなら、
良いも悪いもすべての条件を受け入れ、自分で戦うのみ。
不満を垂れ流しながらコースの端っこを歩くのはダサいし迷惑。
そんなものは甘えでしかない。

誰かを蹴落とす必要もないし、踏み台にする必要もない。
ポジションを望むから他者が気になるし、
相手に勝とうと思うから気持ちが揺れるし疲れるのだ。
(ただ不当な圧力や嫌がらせには断固として立ち向かうべき)

役割は自分でモノにしたい。
誠実に取り組み、良い仕事が出来ればきっと次々に役割はやってくる。
結局は自分てこと。

上昇志向が無いのかと言われればそうなのかもしれないが、
単純にポジションが欲しいというのはあまり無い。
ただ、お金だって欲しいし、何より仕事っていうか必要とされるパートが欲しい。

「仕事のご褒美は次の仕事」って誰かが言ってたけど、本当にそうだと思う。
ポジションとか人を従えるよりも、良い仕事が欲しい。
もういい歳だし、それが結果として次の世代に繋がればそれで良い。

ゴルフへの造詣は深くないけど、皆がゴルフにハマるのも分かる気がした。

ちなみに明日は会社のゴルフコンペ。
仕事をゴルフに例えた割には・・・ってことになるに決まっている。
どうしましょう。

仕事もゴルフも付け焼き刃は通用しないってオチでどうかひとつ。
おあとがよろしいようで。
(って、全然うまくないぞ)

カテゴリー: ゴルフ, 仕事, 街歩き, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

クロスボウとか、札幌ナイトとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某所を歩いていて遭遇。
IMG_4278
あまりにめずらしいクルマだったので思わず撮影。

暗くてうまく撮れなかった。
IMG_4281
初めて見た。
なんだろう、これ。

調べてみた。
オーストラリアのバイクメーカー、
KTMのクロスボウというクルマらしい。

見た通り、走行に特化したクルマ。
フォルクスワーゲンから提供されたエンジンは240PSを叩き出すらしい。
このボディで240PSだとかなり速いんじゃないかな。

価格はディーラーサイトには載っていないけど、
800万円〜1,300万円らしい。
そんなにするのか・・・縁ないな。
でも、一度でいいから乗ってみたい。

そういえば、以前HEADさんでクロスボウってシリーズあったね。
あまり売れた記憶はないけど。

さて、久しぶりのプロテスト・テスター。
緊張の2日目もなんとか無事に終了。
IMG_4365

受験生の皆さん、よく勉強している。

資格取得って合格も大事だけど、
勉強する機会になるってことがとても大事。
そういう意味ではプロテストは勉強しないと受からないから
すごく良い機会になると思う。

ってことで、今回の公式日程は終了。
テスターチームは新千歳空港に向かう。

のだが、その前に「お土産を」とS理事。
IMG_4377
テスト会場のスクールのすぐそばに
「白い恋人ファクトリー」なるものがあったのだ。

どうやら工場とお土産屋が一緒になった
白い恋人テーマパークみたいなところらしい。
IMG_4382
思い思いにお土産を購入し、北海道気分を満喫。

帰途につく皆さんとお別れし、ワタクシだけホテル前で降ろしてもらう。
実はもう一泊して、同業他社さんの視察をする予定なのだ。

そんなわけで、一人の札幌ナイト。
さあ、どうする。

札幌の夜といえばススキノでしょってことで、
ググってみたら案外遠いのね。
まあでもウォーキングがわりに歩いてみようと、
寒い中、アタリをつけた方向に歩き出す。
IMG_4388

おお、これが大通り公園ね。
IMG_4390

狸小路って聞いたことあるぞ。
IMG_4392

やたらと仮装した若者が多かったがハロウインなのね。
IMG_4391

ようやく見たことのある風景に出会った。
IMG_4393
これがススキノかぁ。
さてどうする?

情報が全然無いし、変な夜遊びは好きでは無い。
結局、ススキノ界隈をウォーキングして札幌駅方面に戻る。
夜の街で冒険してハジけるタイプじゃ無いのだ。

ホテル近くまで戻り、ひとり飲みが出来そうな店に入る。
IMG_4399

利き酒セットで北海道の地酒を味わう。
IMG_4403

北海道っぽく、ポテトフライのアラカルトを頼んでみた。
IMG_4400
ほろ酔いで店を出る。

何かが足りない。
あ、ラーメンね。

どこが良いか分からないので、駅前のチェーン店に。
IMG_4405

よく分からないけど、まあ美味しかった。
IMG_4404

とりあえず健全な札幌ナイト。
とっとと寝て明日に備えよう。

カテゴリー: クルマ, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。