後輩とか、浸水とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

大会会場でよく会う人がいる。
14歳児の試合を見ていると、寄ってくるオフィシャル。

「タクさん。元気?」

「ダレ?」

「私よ。わかんない?」

学生時代のサークルの後輩だった。
もう30年も前の後輩なんて姿形も変わってるし・・ねえ。(以下自粛)
女子連で審判員をしているらしい。

先日の全日本、関口プロのファミリーボックスに入り、
ふと横を見たら、後輩がラインパーソンだった。
IMG_4306
「頼むぜ、いいジャッジ」とは言わなかったけど、
関口も無事に勝って良かった。

形は違えど昔の仲間がこうして今も
テニスに携わっているのはいいものだ。

 

さて、そんなわけで、船舶検査に向けて振込やら予約やらを終え、
肝心のボートの準備をということで印旛沼へ。

久しぶりだね、マイボート。
IMG_4031

カバーにたくさん水が溜まっているかと思いきやそうでもない。
IMG_4030
良かったぜ。

と、カバーを開けると驚愕の事態が。
IMG_4032
なんと船内に水が溜まっている。
なんで?

ボートってのは構造的には風呂桶みたいなもの。
それが水に浮いている。
船底の栓を開けたまま乗れば浸水する。
逆に栓を閉めたまま上から水を入れれば船内に水が溜まるのは道理。

しかし、ボートを水から揚げたら、船底の栓(ドレンコック)は開け、
余分な水を抜いて、そのまま保管するのが通常。

なのに何で?

船底を覗いてみるとドレンコックが閉まっていた。
ウソだろ〜!
IMG_4036
外すと大量の水が・・・

慌てて他のストレージも確認する。
ライブウェル(生け簀)、水浸し。

そしてバッテリーストレージも。
IMG_4035
マズイじゃん。
ここ電装系とオイルだよ。

ようやく水が抜けて確認。
IMG_4039
ドロドロになったバッテリーとオイルタンク。
配線系はほとんどがちぎれている。

とりあえず全部水を抜いて乾かす。
IMG_4040

参ったなぁ。
船舶検査ではエンジンをかけるわけじゃないから
まあ何とかなるとしても、これじゃ乗れない。

トーナメントに船舶検査を間に合わせるつもりが、
新たな大問題が浮上である。

かくなるうえは、HEADのHにやらせよう。
トーナメントに出るって言ってたのはアイツだし。

そもそも申し込みから振込、そしてボート整備まで人にやらせておいて、
自分はグアムでバカンスってのが気に入らないっていうか不公平だろ。

とりあえず、この惨状の画像をグアムに送りつけよう。
しかし参ったなぁ。


カテゴリー: テニス, ボート, 仲間, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。