月別アーカイブ: 2016年12月

締め会とか、仲間とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

正月飾りのついた会社のドアを閉め、
年内の業務を(いちおう)締めた。
IMG_5765
現場は休んでいないし、ワタクシもたぶん家で仕事するけど。

と言うことで、本社スタッフで忘年会。
IMG_5766
レック〜新宿といえばの栄寿司。
でも今年はそんなに来ていない気も。
黒霧島のボトル、年間消費数は何本だったのだろう。

痛風まっしぐら気味の美味しい握りでお腹もいっぱい。
IMG_5767

飲む機会があまり無い女性陣ともご一緒出来て良かった。
1年間、色々と助けていただいてありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

 

さて、そんなわけで年末の飲み会をことごとく断っているワタクシだが、
それでもいくつかの会合はあったりする。

先日、代々木で歯の神経を抜いた2時間後、
千葉に戻ってこんなことになっていた。
IMG_5757

IMG_5758
麻酔の効いたままに焼肉に寿司って・・・

医者からストップが掛かったらパスしようと思っていたのだが、
食事もお酒も問題ないってことなので、予定通り参加。

この日のメンバーとはもう随分古い付き合い。
特にW社のNさんと、ラケットスタジオのMさんとは
20代の頃からの付き合いだから、20年以上になるだろうか。
K女史とも10年以上の付き合いか。

それぞれがメーカーさんにいて、ワタクシはスクール側の窓口。
お互いが駆け出しながら、何とか売り上げをつくろうと試行錯誤した。

力不足だったり、やり過ぎたり、上手くいったりいかなかったり、
会社に腹を立てたり、ゴルフしたり、そして遅くまで飲んだりした。

「将来、オレたちが上になったら、もっとうまくやろう」なんて言いながら、
将来になっても特にエラくもなっていないのが計算外というか笑えるけど。

なんて言うか、同志みたいな感じなのかな。

同じテニス業界、近い年代で一緒に頑張った仲間。
仕事の付き合いが起点だったが、担当じゃなくなても、
会社が変わっても、付き合いは続いて、
そしてまた何年かして仕事でも絡んで。

馴れ合いも癒着もなくて、きっと仕事抜きでも付き合える。
そして今も付き合いがあるって言うのは有難いことだ。

この日は4人での会だったけど、今回来られなかった
H社のKさんも呼んで、新年会をしようってことになった。

また色々話をしましょう。
長い付き合いに感謝。

カテゴリー: Team REC, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

轢いたとか、歯医者とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Bluetoothイヤホンが見当たらない。
さっきテニスに行く時は首にかけてたはず。

どこかで落としたか。
車の中にもない。

もしやと車の下を覗き込む。
あった!

IMG_5103

自分のクルマで見事に轢いてた。(涙)
ダウンジャケットを脱いだ時に落ちたらしい。

その場で同じものをAmazonで注文。
無駄な出費である。

 

さて、年末の忙しい時に奥歯がシクシク痛む。
そのうちに激痛の波が来るようになった。

ロキソニンを投入。
IMG_5755
少し和らぐも、徐々に効かなくなってきた。
ならばとダブルで投入。

しかしずっとこんなこともしていられないと歯医者に電話。
行きつけの近所の歯医者は年末で混んでいて年明けまで無理と
優しく冷たく断られる。

妻からは「痛くて寝られない」と必死で訴えてみるべしと指示があるも、
訴えようにも診察時間内に帰れないからどうしようもない。

結局、会社の近所の歯科でようやく予約確保。
初めてのところだが、まあ仕方ないって感じ。

受付を済ませしばし待つ。
駅前だけあって繁盛してるね、ここ。

診察。
「歯が痛いのです」と訴えると、
「虫歯はなさそうですね。レントゲンを撮りましょう」とのこと。

診断は「歯が割れている可能性があります」だった。

「まずは神経を抜きましょう。それで当面の痛みは和らぎます。
その後、歯が大きく割れていたら抜歯ですね」

たじろぐワタクシ。
心の中で、当面の痛みと神経を抜く痛みを天秤にかける。
どう考えても医師の言う通りにするしかない。

もはや俎板の鯉状態。

「麻酔しますね。少しチクっとします」
この瞬間が一番嫌だ。

が、子供の頃の記憶ほど痛くない。
技術が進んだのか、ワタクシがガマン強くなっかのかは、
あまりの恐怖のため不明。

「徐々に痺れる感じになりますので」

唇は痺れてヨダレが垂れそうな感じだが、
歯茎はそれほど痺れる感じはない。

「では、治療します。痛かったら手を上げてくださいね」

ウィーン。
一瞬で手を上げる。

「痛いですか?」

「痛いです」

「虫歯じゃないのと歯茎が健康で麻酔かかりにくいんですね。
これも想定内なので麻酔を追加します」

想定内なら最初からそうしてほしい。
さっきの激痛はいらなかったような。

麻酔追加投入。
しばし待つ。
もう一回あの痛みは嫌だ。

患部を舌で触ってみる。

「じゃ、もう一度やりますね」

「先生待ってください!」

「どうました?」

「舌で触ると感覚はあるんですけど、麻酔効いてます?」

「感覚はあるんです。大丈夫だと思います」

ホントかな。
ビビりながら身をまかせる。

とりあえず痛くない。
機械音に
ビビりつつ数分。

「もう少しで今日のノルマ達成です」

変な表現。
最後に薬を塗って、よく分からない詰め物をして終了。

「この先はどうなります?」

「やっぱり大きく割れているので来週に抜歯ですね」

「そのまた先は?」

「歯を入れます。インプライトだと33万円です。保険は効きません」

「保険効く方法は?」

「入れ歯ですね。横の歯に固定します」

「無いままっていう選択は?」

「そういう人もいますけど、オススメはしないです」

インプラントは無いな。
入れ歯かぁ。

「今日はどうすればいいですか?食事とか」

「普通で大丈夫ですよ。なるべく固いものは避けてください」

「今から焼肉で忘年会なんですが・・・」

「お酒も大丈夫ですよ」

そうなんだ。
良かった。(良くないよ)

とりあえず来週だなぁ。
健康な歯は抜きにくいって言ってたっけ。
憂うつな年明けになりそうだぜ、はあ。

カテゴリー: 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ご夫婦とか、ラウンドレッスンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ランニングの途中で。
IMG_5637
ご夫婦でお散歩かな。
こんな風になれたらいいね。

 

さて、某日。

朝も暗いうちから埼玉方面へ。
関越道のサービスエリアで明るくなる。
IMG_5592
快晴、富士山もきれいだ。

ということで、この日はゴルフ。
IMG_5595

ある方のご紹介でトーナメントプロにラウンドレッスンを受けるのだ。

ご一緒させていただいたプロに練習場から教わる。
・・・はずなのだが、ワタクシ全然上手じゃないので
プロの前でボールを打つこと自体に躊躇が。
テニス初心者の方もこんな気持ちなのだろうか。

30ヤードくらいの寄せの練習から始めたワタクシを見て、
「いい感じで振れてますね。少しずつ大きくしていきましょうか」
とまずは褒めるところから入ってもらい、気が楽になる。

「朝は体が回らないので、無理せずに少しオープン気味で打ちましょう」

なるほど、たしかにスムースに体が回る。
そしてオープンスタンスなのに打球は真っ直ぐ。

「なんで?」

「スタンスがオープンでも、膝から上がスクエアなら問題ないのです」

そうなのか。
なるほどね。

序盤ですっかり信者になるワタクシ。
プロの掴み、さすがである。

ラウンド開始。
IMG_5599
まずはプロのショットで度肝を抜かれる。
さすがトーナメントプロ。

これじゃ、打ちにくいぜ・・ということもない。
毎ショット、何かしら褒めてくれるのだ。
ミスショットでも「OK!体の回りはいいですよ」とか。

毎ショット、ポイントを教わりながらコースを回る。
できないことを無理に教えない。
ポイントを絞ってシンプルに的確に。

いきなりスコアが良くなるわけではないが、
ひとつずつコツを掴んでいく感じ。

最初はプロが言う通りの結果(ショット)が出ないと悪いなと思ったりした。
これって、おそらくテニススクールでもそうなんだろうな。
「せっかく教えてくれているの出来なくて申し訳ない」みたいな。

でも、いきなり出来るわけもなく、兆しが見えれば、
フィーリングがつかめればOKと言ってくれるから
徐々に結果を気にしすぎず、緊張しないで打てるようになる。

教える方が結果を焦っちゃうとこうはいかないよね。
勉強になるなぁ。

それにしてもこのコース、水が多い。
IMG_5595

IMG_5606

IMG_5601

ここ、プロのホームコースだそうだ。
IMG_5603
なるほど、攻め方のアドバイスも的確なわけだ。

とにかく、楽しく勉強になるラウンドだった。
「教わる」ってこういうことなのね。

・緊張せず
・出来なくても大丈夫
・何かを掴めればOK
という気持ちになってもらえるように、
・まず褒める
・良いところを見つける
・結果を焦らない

上手くなってもらおうと一所懸命になると
忘れがちなことかもしれないなぁ。

どちらかといえば、伝える側、上手くさせる側にいることが多いが、
教わる側の気持ちも分かったのは良い経験だった。

またいつかお願いしたいな。
気軽に頼めたりはしないけど。

教わるって大事ね。
確実に上達するってことが分かった。

あ、ゴルフなら水道橋にオススメのゴルフスクールがあります。
テニスもここで教わると楽しく上達出来ます。

カテゴリー: ゴルフ, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

雑貨屋とか、貴男モデルとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

移動途中で。
IMG_5160
前の自販機は新しいけど、店内は昭和の佇まい。

昔、学校のそばには必ずこういう店があった。
学校帰り、部活帰りにジュース買ったりしたっけ。

ワタクシの故郷、福島にはパレードっていう瓶ジュースがあって、
30円くらいでコーラっぽいものやオレンジジュースが飲めた。
しかも、王冠の裏側のビニールをめくるクジがあって、
10円とか50円とか当たった。

懐かしいな、パレード。
今もあるのかな。

 

さて、先日の鈴木貴男プロの研修会の時のこと。

鈴木プロの手には見慣れないブラックコスメのラケットが。
IMG_5548
ステンシルも入っているし、
契約メーカーのSRIXONには違いないらしい。

そういえば、綿貫裕介プロも日本リーグの時、
ブラックコスメのSRIXONを使っていたっけ。

「貴男さん、なんですか?これ」

「来年のモデルです。ボクのスペックに合わせてもらってます」

「替えるんですか?」

「いや、基本は変えないです。使ってみます?」

鈴木貴男使用機
IMG_5579

REVO CX2,0TOURというのは同じっぽい。
IMG_5581
ストリングはナチュラルね。

レザーをかますのは、Team RECのプロにも多い。
IMG_5583

有名な貴男グリップ。
IMG_5582
影響を受けてか、Team RECスタッフの中にも
チラホラ見かけるようになった。

実はワタクシ、20代の頃、つまりちゃんとテニスをしていた頃に
これと同じくグリップを加工していた。
(初めてみた時、すごい偶然と思った)

ということで、打ってみた。

あつかいやすい!

ヘッドが回りやすくて操作性がメッチャ良い。
鈴木プロのプレースタイルのイメージそのままに
非常にコントローラブルなセッティングになっている。

ストリングもあまりテンションが高くないらしく、
ボールのホールド感も良く、フェイスへの乗りも良い。
スライスも一瞬クッと加えてシュパン!と出る感じ。

なるほど、これが貴男仕様かと納得の試用感である。

と、隣に鈴木プロが入ってきて一緒にラリーを始めた。

「これも同じラケットね(笑)」と言いながら、ワタクシと交互にボールを打つ。
そりゃ、おんなじには打てませんて。

聞けば、このラケット、390g(!)あるんだそうだ。
しかしまったくそんな重さは感じられなかった。
(かなりトップライトなのかな)
プロの仕様機って、それぞれかなり特徴がありそうだ。
ちなみに
鈴木プロによれば、微妙に現在のものとは違う気がするとのこと。
「おそらくコスメ(塗装)が乗っていない分だと思います」だそう。

たしかにコスメで打球感変わるしね。
鈴木プロは道具に対してとても繊細だからきっと分かるのだろう。
何はともあれ、鈴木プロのラケットで隣同士でラリーしたっていう貴重な体験だった。
今度は同じラケットでラリーの相手をしてください。
何ならタイブレークマッチも・・・。

楽しみである。(←やる気満々)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, , 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ランニングとか、ALLREC MIXとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!
暗くて寒くて少し大変になってきたけど、
朝ランは何とか続いている。

休日は日が昇って少しでも気温が上がった頃に走る。
早朝のうちに済ませた方が良いのだが、さすがにツライ。

海沿いの公園では、毎週のように何らかの大会が開かれている。
IMG_5528
数年前はこんなじゃなかったから、
やっぱりラニング市場は活況なのだろう。

一般ランナーの集団がこちらに向かってきたので
しばらくコース横で見ていた。
下層の選手なんかもいて楽しそうだ。

そういえば、レースに出たのは7年くらい前のハーフマラソンだけ。
あれはあれで楽しかったな。
また出てみようか。

いや、その前にテニスの試合はどうだろう。
練習、コンディション作り、時間が取れるのだろうか。
ランニングは毎朝出来るけどテニスはコートと相手が必要だし。
環境的には何とかなるかな。

あ、その前にバスフィッシングのトーナメントは?
これは日程次第だな。
仕事と重なると出られないしね。

来年はひとつずつクリアかな。

 

さて、12月23日、レックンドアテニススクール上石神井にて
恒例となったALLREC MIXトーナメントが開催された。

各校から16組のエントリーで行われる
ミックスダブルスの大会。
ちょうどクリスマス時期に行われるため、
「クリスマスミックス」とも呼ばれている。

ということで、会場もクリスマスムード。
IMG_5702

IMG_5701

IMG_5700

IMG_5698

IMG_5697

IMG_5694

ALLREC恒例の大会Tシャツ。
IMG_5695

今年もネイルケアコーナーを設置。
DSC_1566

そして、フィジカルケアコーナーも。
DSC_1565
体のバランスを整えるザオラルネックレスと
筋肉の疲労を和らげるボディクリームによるケアコーナー。
左の女性はウインター競技のオリンピックチームのトレーナーさんでもある。
マッサージを受けた方はラッキー。

恒例の「ソトヤマシェアの美味しい何か」も準備万端。
IMG_5705

今年はミネストローネだった。
IMG_5710
体が暖まると毎年大好評。
今年も美味しかった。

開会式の後、揃いのTシャツで記念撮影。
DSC_1572

そして試合開始。
熱戦が繰り広げられた。
IMG_5719

DSC_1588

ミックスダブルスなので真剣な中に
華やかさと和気藹々な雰囲気も。
DSC_8118

DSC_7923

DSC_7653

DSC_7648

ロービングはトナカイとサンタ。
DSC_8207

DSC_8234

良い試合目白押しで目が離せない。
DSC_7539

最後に栄冠を勝ち取った上石神井校から参加のペア。
DSC_8562

男性の方はALLREC大会で何度も優勝している実力者。
DSC_8578
おめでとうございます。

準優勝はネオインドア西新井校からのペア。
DSC_8582
ほんの少しの差でした。
おめでとうございます。

今年も満員御礼だったALLREC MIX2016。
DSC_8574
ご参加ありがとうございました。
来年もお待ちしております。
お疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ご夫婦とか、スタッフ研修会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

メリークリスマス!
IMG_5731
街はクリスマス一色だが、我が家は何もしていない。
ツリーも出していないし、クリスマスプレゼントもない。
ケーキはいちおう食べたけど。

子供達が大きくなったってのもあるけど、
もともとイベントごとに疎いのだ。

だから何とか記念日的なものもほとんどない。
さすがに誕生日は祝うが、日程が合う日で食事をする程度。

ワタクシたち夫婦はこれで良いけど、
これが普通だと思っている子供たちは
この先、女子力満開の女の子と付き合ったら苦労するだろう。

「初めてあった日」とか「付き合い始めた記念日」とか言われても
「はあ?」って感じの反応しか出来なくてケンカになること間違いない。
申し訳ない。
お母さんみたいな女の子選べよ。

 

さて某日、レックインドアテニススクール上石神井にて
Team RECスタッフ研修会が開催された。
IMG_5546

講師は鈴木貴男プロ。
IMG_5547

そして竹島駿朗プロである。
IMG_5549

今回のテーマはフォアハンドストローク。
リクエストをしたのはホリオコーチらしい。

鈴木プロ、竹島プロによるデモから解説。
IMG_5563

IMG_5561

グリップによる特徴。
当たり、スピン量、コース、飛行線等々、微に入り細に入りの解説である。
IMG_5551

その後、スタッフの打球を見てくれて解説も。

「皆んな、厚い当たり好きでしょ?」

「それって本当にすべてにおいて良いこと?」

「厚く当てて、自分だけ気持ち良くなってない?」

「ボールは入ってる?」

「コースは狙い通り?」

「スピン量は思い通り?」

当たり前に見ていた方向が少しずつ修正されていく。

「そんなに強いボールで1試合入れ続けられる?」

皆、鈴木貴男プロの前だと、ついつい力が入っちゃうのもあるけど、
基本的にはただただフルにスイングし過ぎだそうだ。

実践で使える打球、コントロール可能、意志が伝えられる打球の
適正なスピード、威力ってどの程度なのか。

なるほど、ボールを操る、ラリーを支配する、
試合で主導権を握るとはそういうことなのかと
目からウロコが落ちまくりだった。

 

鈴木プロをはじめとして、Team REC所属プロの研修が
年間に何度も受講できるってのは、とても有難い環境だと思う。

開催日の関係で、400名近いスタッフさんが全員来られる訳ではないが、
出来る限り機会を増やして、皆が勉強する場をつくっていきたい。
IMG_5578

終了後の懇親会はワタクシは行けなかったが、
鈴木プロを囲んでのテニス談義で盛り上がったらしい。

貴男さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ホテルとか、打ち上げとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグ・ファーストステージで泊まったホテル。
IMG_5207

若干高めだけあって、広さ、装備ともに快適だった。
IMG_5206

実は遠征先でいつも苦労するのが電源。
携帯、PC、カメラバッテリー(x4個)、モバイルWi-Fi、Bluetoothイヤホンと
充電するものがたくさんあるのに、コンセントが2個しかなかったりする。

そんなわけで、今回は電源タップ持参で万全の備えで臨んだ。

が、さすがホテルメッツ。
IMG_5219

デスクに4口も電源があった。
IMG_5218
アクセサリー用のミニトレイも気が利いている。

加えて、ベッドサイドに携帯やメガネが置ける棚があり、
そこにも電源が2口。
IMG_5217
最近は携帯を目覚ましにしている人もいるから、
とても親切な装備だと思う。

ロビーに降りれば、無料のエスプレッソマシンがあって、
これも毎朝お世話になった。

部屋が若干暑いことを除けば、95点の満足度。
ホテルメッツ、オススメです。

 

さて、某日。
めずらしく会社にいた。
って、どういう社員だ。

余も老け・・じゃない、夜も更け。
なんでこんな変換が。

そろそろ帰ろうとしたら、イチジョーさんが言う。

「Nさんがまだ終わらないそうなので、もう少し残ります。
ひとりで残ってもらうのも物騒ですし。
あ、ためブロさんも残りますか、そうですか。
じゃあ、ビールでも飲みましょう」

残業しているNさんの横で酒盛りである。

「Nさん、すみません」と言うと、
「私も頑張って終わらせて付き合います」とのこと。

三人で本社飲みとなった。
IMG_5502
Nさんは微妙にトリミングしておきました。
Wさん、デスク借りました。すみません。

イチジョーさんとはちょくちょくあるが、
本社の女性陣と飲むのは年に1回あるかないか。
色々な話が聞けて楽しかった。

気づくところが野郎とは違うのね、やっぱり。
鋭いご指摘の数々、勉強になりました。
飲むと忘れちゃうけど。

いつもフォローしてもらってばかり、
世話になりっぱなしの本社の女性スタッフさん。
今度はKさんも一緒に缶ビールじゃなくて、もう少し良い酒を飲みましょう。
(って言いつつ、会社にいないんだけど)

 

ワタクシ、生来の付き合いの悪さもあって
色んなお誘いを断りまくっていたら、
今年も忘年会的なものがほとんどない。

昼間は年末っぽい予定がパンパンに詰まっているけど、
夜はほぼいつものペースで過ごせるのはとても助かる。
家では飲んでるけどね。

今年は年始の飲み会から一気に加速がついて、
飲みまくり食べまくりの第一四半期で、
体重と血圧が恐ろしいことになった。

おかげでダイエットの踏ん切りがついて
10kg減に成功、血圧も現在は正常値内。
この年末年始も自重しつつ、健康的に過ごそうと思う。

上層部の方々はお付き合いが多いからそうもいかないのだろうなぁ。
毎晩、色んな会合があるみたいだし。
体壊さないようにしてくださいね。

ああ、ペエペエで良かったぜ。

カテゴリー: ダイエット, 仲間, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

差し入れとか、14歳児とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグではたくさんの差し入れをいただいた。
お菓子、お弁当などたくさん。

育ち盛りの選手たちはとても喜んでいた。
ありがとうございました。

こんな手作りクッキーも。
IMG_5487
Team REC愛に溢れた逸品。
食べるのがもったいないくらい。
本当にありがとうございます。

 

さて、ワタクシの遠征やら14歳児のテスト期間やらで
しばらく一緒にテニスをする機会がなかったが、
久しぶりにコートを借りて練習。

早めにクラブに着くと、いつもの
「45分コート借りてもらっていいですか」攻撃だ。

IMG_5632

14歳児のリクエストというかテーマに沿ってラリーやら球出しやら。
現在はフォアハンドストロークのクロスを強化中らしい。

最後はタイブレークマッチ。
試験明けだったからか、あっさり勝った。

リターンミス連発だった。
やっぱりやってないとって感じなのね。

いつかはまったく勝てなくなるのだろうが、
もう少し頑張ってみようと思った。

 

そんな14歳児。
ある朝、話があるという。

「なに?」

「資金を提供してもらえませんか」

「資金提供?どういうこと?」

「友達とジャンプフェスタに行くのです」

お小遣いちょうだいって言えよ。
相変わらずちょっと不思議な14歳児である。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラーメンとか、乾杯とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某日、近所のモールで妻と昼食。
たまにはってことでラーメン。(たまにはじゃないけど)

行列ができている有名っぽい店をチョイス。
ワタクシが選んだのはつけ麺。
IMG_4695

妻は普通のラーメン。
IMG_4699
って、普通じゃない感じもするけど。

この店で普通じゃないのはこちら。
IMG_4700
フジヤマだって。
ラーメンていうか、モヤシだよね、これ。

食後、少しお腹が痛かった。
もうこういう系をバリバリ食べる歳じゃないのか。
毎日ラーメン食べてるDRKさんてスゴイな。

 

さて、日本リーグの夜。
前大会では皆で食事をすることが多かったが、
身体のケアやら何やらで、それぞれで食事をするシステムに変更。
皆での夕食は初日の練習後のみとした。

ということで、スタッフのワタクシたちは、いつものパターンで。
IMG_5361

DRKさん、飲みすぎっすよ。
IMG_5360

このカニクリームコロッケ、超絶に美味かった。
IMG_5359
ただ、どこの店だったか、まったく憶えていないので
二度と食べることはないだろう。

そして3日目もラーメンで締め。
IMG_5362
なんか、ミルクラーメンみたいで全然パンチが効いてない。
やっぱり、ラうどん体質になっているのか。

そんな夜を過ごし、さすがに体が重くなってきた気がした。

さらには、昼間は通常の仕事が出来るわけもなく、
試合から戻って、写真の整理やら明日の準備やら、
昼間出来なかった本来の業務やらで手一杯になってきた。

DRKさんから、「夕飯行きましょう」と誘われたが、
さすがに飲んでラーメンを食べたらアウトだと思い、
「仕事が終わったら合流します」と断った。

結局、ひと段落したのは遅い時間。
階下のコンビニでビールをとじゃがりこを買い、
部屋でひとり乾杯して寝た。

遠征って試合しないのに、何かと忙しい。
まあ、いつも昼間にやってることが出来ないのだから当たり前なんだけど。

セカンドステージもこんな感じかな。
選手ファースト(小池知事風)で頑張ろう。

カテゴリー: テニス, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メッサーとか、クラクションとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ネオインドアテニススクール西新井の近くで遭遇した。
IMG_5161
メッサーシュミットというクルマ。

一人乗り、エンジンは2サイクル。
IMG_5163
航空機からの派生モデルだと聞いた憶えが。

カエルみたいな顔がかわいい。
IMG_5162

タイヤが外れて馬に乗っているので稼働車では無いらしい。
こういうクルマをコツコツいじるのって楽しそうだな。

そういえば、ウチのマンションに毎朝、
古いポルシェのオープンを走らせている方がいる。

真っ赤なポルシェも高齢だが、ご本人もご高齢。

石津謙介さんぽい佇まいのその方は、
寒い日もキャップをかぶってオシャレに出ていき、
ほどなくして戻って来られる。

毎日動かして上げることが大事なのだろう。
クルマも幸せである。

今のワタクシにとってクルマは実用品であり、
壊れず、ちゃんと走ることが最優先。
IMG_4028
あんな風に一緒に年齢を重ね、
面倒を見られる相棒がいたら楽しいに違いない。

それなりの財力と時間が必要なんだろうな。
ちょっと今は現実味がないな・・・。

 

さて、信号のない横断歩道を渡っていた。
前後左右に車がいないことを確認してだ。

途中まで渡った横断歩道の真ん中あたりで、
後方から左折してきた車にクラクションを鳴らされた。
邪魔だってことらしい。

一時停止違反どころか歩行者優先もお構いなしだ。
あまりに頭にきたので、振り返って車を睨みつけながら近寄って行った。
運転席では70歳くらいのおじいさんが手を合わせて謝っていた。

そんなことなら、歩行者にクラクション鳴らすなよ。
一時停止無視もするなと思いながら、踵を返した。

高齢者の運転が問題になっている昨今だが、
実際、ランニング中、左折車に轢かれそうになることが少なくない。
左横の人間にまったく気づかす通り過ぎる運転席、その7割方が高齢者だ。

轢かれる寸前でこちらが踏みとどまっても、何も気づかず行ってしまうので、
彼らにとっては何もなかったことになっているに違いない。
多分、誰かを轢いてから初めて気づくのだろう。

そりゃ、事故も起きるわと思う。

信号の無い横断歩道で止まってくれないのも高齢者が多い、
そして女性ドライバーも比率が高い。

おそらく歩行者優先のルールを知らないのだと思う。

高齢者が車に乗り始めた頃は、もっとおおらかな時代だったろうし、
車優先みたいな空気もあったのかもしれない。

そう考えると、歩きタバコ、ポイ捨てに高齢者が多いのも頷ける。
別にマナーが悪いのではなく、昔は歩きタバコもポイ捨ても普通だったのだ。
きっと昔のままに振舞っているだけ。
社会が変わってしまったのだ。

とはいえ、路上喫煙禁止の場所で平気で喫煙、ポイ捨てはまずい。
取り締まりで罰金を徴収する前段に何か上手い方法は無いかなと思う。
車だって、人を轢いてからじゃ遅いしね。

そんなわけで「今の若者は」と言う論法はあまり通用しないんじゃ無いかと思う。
「今の年寄りは」ってパターンもたくさんある。

免許証を返納してもらえばということでも無いような気がする。
自動運転か何らかのハード的な技術革新でガード出来ないものかと思う。

これなんか、いいかもね。
http://www.onepedal.co.jp/products/

あと、これとか。
http://www.autobacs.com/static_html/spg/pedal_mihariban/top.html

横断歩道の歩行者にクラクション鳴らすのは防ぎようが無いけど。

カテゴリー: クルマ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。