日別アーカイブ:

ご夫婦とか、スタッフ研修会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

メリークリスマス!
IMG_5731
街はクリスマス一色だが、我が家は何もしていない。
ツリーも出していないし、クリスマスプレゼントもない。
ケーキはいちおう食べたけど。

子供達が大きくなったってのもあるけど、
もともとイベントごとに疎いのだ。

だから何とか記念日的なものもほとんどない。
さすがに誕生日は祝うが、日程が合う日で食事をする程度。

ワタクシたち夫婦はこれで良いけど、
これが普通だと思っている子供たちは
この先、女子力満開の女の子と付き合ったら苦労するだろう。

「初めてあった日」とか「付き合い始めた記念日」とか言われても
「はあ?」って感じの反応しか出来なくてケンカになること間違いない。
申し訳ない。
お母さんみたいな女の子選べよ。

 

さて某日、レックインドアテニススクール上石神井にて
Team RECスタッフ研修会が開催された。
IMG_5546

講師は鈴木貴男プロ。
IMG_5547

そして竹島駿朗プロである。
IMG_5549

今回のテーマはフォアハンドストローク。
リクエストをしたのはホリオコーチらしい。

鈴木プロ、竹島プロによるデモから解説。
IMG_5563

IMG_5561

グリップによる特徴。
当たり、スピン量、コース、飛行線等々、微に入り細に入りの解説である。
IMG_5551

その後、スタッフの打球を見てくれて解説も。

「皆んな、厚い当たり好きでしょ?」

「それって本当にすべてにおいて良いこと?」

「厚く当てて、自分だけ気持ち良くなってない?」

「ボールは入ってる?」

「コースは狙い通り?」

「スピン量は思い通り?」

当たり前に見ていた方向が少しずつ修正されていく。

「そんなに強いボールで1試合入れ続けられる?」

皆、鈴木貴男プロの前だと、ついつい力が入っちゃうのもあるけど、
基本的にはただただフルにスイングし過ぎだそうだ。

実践で使える打球、コントロール可能、意志が伝えられる打球の
適正なスピード、威力ってどの程度なのか。

なるほど、ボールを操る、ラリーを支配する、
試合で主導権を握るとはそういうことなのかと
目からウロコが落ちまくりだった。

 

鈴木プロをはじめとして、Team REC所属プロの研修が
年間に何度も受講できるってのは、とても有難い環境だと思う。

開催日の関係で、400名近いスタッフさんが全員来られる訳ではないが、
出来る限り機会を増やして、皆が勉強する場をつくっていきたい。
IMG_5578

終了後の懇親会はワタクシは行けなかったが、
鈴木プロを囲んでのテニス談義で盛り上がったらしい。

貴男さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。