ご夫婦とか、ラウンドレッスンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ランニングの途中で。
IMG_5637
ご夫婦でお散歩かな。
こんな風になれたらいいね。

 

さて、某日。

朝も暗いうちから埼玉方面へ。
関越道のサービスエリアで明るくなる。
IMG_5592
快晴、富士山もきれいだ。

ということで、この日はゴルフ。
IMG_5595

ある方のご紹介でトーナメントプロにラウンドレッスンを受けるのだ。

ご一緒させていただいたプロに練習場から教わる。
・・・はずなのだが、ワタクシ全然上手じゃないので
プロの前でボールを打つこと自体に躊躇が。
テニス初心者の方もこんな気持ちなのだろうか。

30ヤードくらいの寄せの練習から始めたワタクシを見て、
「いい感じで振れてますね。少しずつ大きくしていきましょうか」
とまずは褒めるところから入ってもらい、気が楽になる。

「朝は体が回らないので、無理せずに少しオープン気味で打ちましょう」

なるほど、たしかにスムースに体が回る。
そしてオープンスタンスなのに打球は真っ直ぐ。

「なんで?」

「スタンスがオープンでも、膝から上がスクエアなら問題ないのです」

そうなのか。
なるほどね。

序盤ですっかり信者になるワタクシ。
プロの掴み、さすがである。

ラウンド開始。
IMG_5599
まずはプロのショットで度肝を抜かれる。
さすがトーナメントプロ。

これじゃ、打ちにくいぜ・・ということもない。
毎ショット、何かしら褒めてくれるのだ。
ミスショットでも「OK!体の回りはいいですよ」とか。

毎ショット、ポイントを教わりながらコースを回る。
できないことを無理に教えない。
ポイントを絞ってシンプルに的確に。

いきなりスコアが良くなるわけではないが、
ひとつずつコツを掴んでいく感じ。

最初はプロが言う通りの結果(ショット)が出ないと悪いなと思ったりした。
これって、おそらくテニススクールでもそうなんだろうな。
「せっかく教えてくれているの出来なくて申し訳ない」みたいな。

でも、いきなり出来るわけもなく、兆しが見えれば、
フィーリングがつかめればOKと言ってくれるから
徐々に結果を気にしすぎず、緊張しないで打てるようになる。

教える方が結果を焦っちゃうとこうはいかないよね。
勉強になるなぁ。

それにしてもこのコース、水が多い。
IMG_5595

IMG_5606

IMG_5601

ここ、プロのホームコースだそうだ。
IMG_5603
なるほど、攻め方のアドバイスも的確なわけだ。

とにかく、楽しく勉強になるラウンドだった。
「教わる」ってこういうことなのね。

・緊張せず
・出来なくても大丈夫
・何かを掴めればOK
という気持ちになってもらえるように、
・まず褒める
・良いところを見つける
・結果を焦らない

上手くなってもらおうと一所懸命になると
忘れがちなことかもしれないなぁ。

どちらかといえば、伝える側、上手くさせる側にいることが多いが、
教わる側の気持ちも分かったのは良い経験だった。

またいつかお願いしたいな。
気軽に頼めたりはしないけど。

教わるって大事ね。
確実に上達するってことが分かった。

あ、ゴルフなら水道橋にオススメのゴルフスクールがあります。
テニスもここで教わると楽しく上達出来ます。


カテゴリー: ゴルフ, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。