月別アーカイブ: 2017年1月

観戦とか、オーディオとか。

全豪オープンはフェデラーの優勝で幕を閉じた。

シードダウンが相次ぎ、錦織も破れ、
周囲は徐々に「フェデラーにもう一回優勝を」との空気。
そして反対側の山を見れば、ナダルが登ってきた。

こりゃ、フェデラー、ナダルの決勝では?との期待の中、
会社で仕事をしつつ、フェデラー対ワウリンカの
準決勝をライブスコア観戦。

そろそろ帰ろうかと思っていたのに
試合はファイナルセットに。

この試合を観ずしてテニス業者じゃないでしょってことで
本社イチジョーさんとWOWOWオンデマンドで観戦。
IMG_6303
もう仕事は終わりってことで、隣のコンビニでビール&つまみ。

そしてフェデラーが勝った。
IMG_6307

やっぱりこの大会はフェデラーだよねってことで乾杯。
IMG_6306
そのまま祝杯をあげ続け、またすっかり遅くなってしまったぜ。
でもいい試合だった。

 

さて、某所を歩いていて、リサイクルショップのウインドウで発見。
IMG_5970
カセットデッキ、懐かしい。
オートリバースって言葉もすっかり昭和語である。

初めてカセットテープなるものに出会ったのは小学校の時。
我が家にソニーのラジカセがやってきて、
4本あったテープには、かぐや姫、ビートルズ、ジョーンバエズ、
カーペンターズ、ディランなんかが入っていたのを覚えている。

このテープからワタクシのビートルズの歴史が始まった。
たしか、Daytripper、Ticket to Ride、Yellow Submarineだったかな。

とにかく誰かが録音してくれたこのテープは、
それまで陽水と拓郎一辺倒だった小学校四年生の心を鷲掴みにして、
一気に世界をひろげてくたっけ。

ちなみにその時のテープにはサンバードのロゴが入っていた。
きっと今はなきスーパー・長崎屋のオリジナル廉価版の
カセットテープだったのだろう。

以降、ワタクシの部屋はレコードとカセットで溢れていく。

小遣い日にはレコード屋に直行。
全ての棚を見つくす勢いでレコードを
シュタッ、シュタッと次々に見ていく動作は
店内あちこちで見られたっけ。
買うのは1枚だけなんだけど。

部屋にあった木製ボディの家具っぽい佇まいの古いステレオも
テクニクスのレシーバータイプのステレオになった。

レシーバータイプってのは、プレーヤー部が別で
アンプとチューナーが一緒になってるもの。
そういえば、あのステレオ、カセットデッキ付いてなかったな。

まだ当時はプレーヤー、アンプ、チューナー、デッキ、スピーカーが別々の
コンポタイプはとても高価だったのだと思う。

それでも自室にステレオが来たのがとても嬉しくて、
1日中、ステレオの前にいたような気がする。

時は進み、高校生、大学生になると、
アンプ、プレーヤー、デッキなどを持つようになり、
それっぽいシステムを組んで音楽を楽しんでいた。

レコードからカセットにラインで録音出来るようになったのはこの頃。
そしてウォークマンが外出時には手放せないアイテムになっていったっけ。

そういえば、ダブルカセットなんてのもあった。
あれって、カセットテープからカセットテープへダビングしてたのかな。
メッチャ音質落ちただろうな。

その後、MD、CDの出現で一気に音質と取り扱い性が向上。
ポータブルのCDプレーヤー、MDプレーヤーも持ってた。
どうしてMDってなくなったんだろうね。

そうそう、オープンリールのプレーヤーも持ってた。
AKAIのヤツね。
メッチャ大きくて重かったけど、音質、出力共に凄かった。
それで、ザ・クルセイダーズやローズマリークルーニーなんかを聞いてた。

今はそれ全部がiPhoneひとつ、
手のひらで済んでるってスゴいことだ。

オーディオは今も趣味のものとして支持されていて、
アナログレコードも復権気味だそうだ。

レコードにスプレーかけて、ブラシで拭いて、
そっと針を落として・・音楽を聴く儀式も悪くない。
レコードスプレーの匂いも懐かしいな。

なんてことをリサイクルショップの店頭で暫し妄想している
ヘンなオジさんはワタクシです。

カテゴリー: テニス, 街歩き, , 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハーレーとか、神戸とか。

某所にて。
IMG_5495

ハーレーダビッソソンである。
カッコいいな。

昔はオヤジか世捨て人が乗るもんだと思ってたけど、
最近のハーレーはオールパーパスな雰囲気もあっていい。
IMG_5493

とはいえ、経済的な理由からも買えるはずもなく。
あ、それ以前に二輪免許は中型だった。

昔は普通にバイク乗ってたけど、今も乗れるのかな。
すっかり遠ざかって、今出来るかどうか不安なものって結構ある。
スキーとか、スケボーとかね。
昔のイメージで滑って怪我したら大事になりそうだし。

せめてテニスがそうならないように継続しなければ。
大型免許、取りに行くか・・。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージの遠征写真などを。

チームより1日早く神戸に入り、所用を済ませた夜。
宿を取った三ノ宮界隈で食事。
IMG_6007
一大繁華街なのね。

こんな店も。
IMG_6003

IMG_6002
若干惹かれたけど入らなかった。

選んだのは健全な鉄板焼き屋。
IMG_6004

頼んだものが秒速で出てくるのには驚いた。
IMG_6005

そしてメッチャ美味い。
IMG_6006
やっぱり関西は食べ物が良い。

少し街をふらついてみた。
IMG_6009
入ってないよ。念のため。

締めはバーへ。
IMG_6010
雰囲気は良いのに気取ってなくて良い店だった。

次の朝はランニング。
異国情緒んあふれる街は走っていて飽きない。
IMG_6019

キレイな街だなぁ。
IMG_6020

神戸港でマドロスを気取ってみた。(ウソ)
IMG_6017

そんな神戸の街だった。

カテゴリー: バイク, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

歓迎とか、ちょい飲みとか。

塾通いの長男が帰宅。

2匹の喜びぶりがハンパない。
IMG_5805

そりゃもう思い切り甘える。
IMG_5809
そんなに好きか。

ちなみにワタクシが帰ってくると、
ワンワンと喜びながら寄ってくるが、
頭ひと撫でどこかに行ってしまう。
この差は何だろう。

 

さて、思うところがあって、いや、たいして無いんだけど、
家でお酒を飲むのを控えめにした。

控えめというのは、一切やめると決めるとツラくなるから。
節制をっていう程度だが、ほとんど飲まなくなった。

ちなみに外や付き合いでは飲む。
もともと自分から進んでいくことは多くはないが、
誘ってもらえればそれなりにという感じだけど。

先日、こんな店を見つけた。
IMG_5943
一風堂って有名なラーメン屋だよね。
そこに「立ち呑み」って書いてある。

入ってみた。

実際、立って飲むわけじゃなくてイスもあるけど、
高めの大きなテーブルに高めのイスでスタンドバーみたいなつくり。

ちょっとしたおつまみを突きながら日本酒。IMG_5940

IMG_5938
種類も結構多くて楽しい。

そして締めのラーメンまでフルコースだ。
IMG_5941
数杯飲んでラーメン食べても3,000円いかないくらいかな。
酔っ払ってたのでよく覚えてないけど。

こういう感じのちょい飲み、いいよね。
さっと飲んでほろ酔いで切り上げられるし。
締めにラーメンにいっちゃうのは微妙だけど。

ちなみにパーティ〜2軒目、その後に行ったので
実はちょい飲みでもなかったのはヒミツだ。
お腹いっぱいだぜ。

カテゴリー: , 街歩き, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

閉店とか、会合とか。

通勤のウォーキングコースの銭湯。
IMG_5896
とうとう閉店するようだ。

ここ千駄ヶ谷で銭湯利用者がどれだけいるかってことなのかな。
何になるのだろう。
オフィスビルか、マンションか。
テニススクールやりませんか?

 

さて、展示会シーズンな今日この頃。

この日はプリンスさんの展示会。
IMG_5923

展示会って新製品を確認して発注する場なのだけど、
ご無沙汰している方にもお会い出来たりと
何かと貴重な機会だったりもする。

この日もテニス界のレジェンド的な方々にお会いした。
いちおうお声がけいただいたり、ご挨拶したり。

ちなみに、ワタクシのことをどこまで認識いただいているかは不明。
「会ったことあるが、どこの誰かは知らない」というレベルが濃厚だが、
お声がけいただくだけでも光栄である。

若干シリアスな話や、あちこちにペコペコしていたら、
あまり商品を見られないままに時間が経ってしまった。
気づけば次の予定に間に合うかも微妙な時間。
イカンイカン。

ということで、ざっと商品をチェックして地下鉄に飛び乗る。
やっぱり遅刻。

会場に着いたら、すでに福井烈プロの講演が始まっていた。
すみません、福井さん。

講演終了後はパーティー。
IMG_5927

この日は、日本テニス事業協会の新春賀詞交換会。
加盟団体と賛助企業様との新年の交流会である。

出席の方々は協会幹部や各事業者の代表の方々。
もちろんワタクシはこれまでこの会に縁はなく、初参加である。
参加枠が余ったのかな。

乾杯の挨拶は福井プロ。
IMG_5928
現在、福井プロはJOC理事、
そしてナショナルトレーニングセンターの副所長。
超多忙な中のご出席出そうだ。

恒例の同年代スリーショット。
IMG_5929
「生存確認ね」とは福井さん。

宴もたけなわな頃合いでゲスト。
IMG_5934

テニスに関連する歌を歌っているお二人とテニスキャラクター。
IMG_5935
有明のイベントなどにも出演されているので
知っている方も多いかも。

ちなみに若いお二人の見分けがあやしいワタクシは
オジさんを自覚せざるを得ない状況。

そしてフォトセッション。
IMG_5936
業界のリーダーの皆様とのギャップ大きい不思議なショット。

そんな盛り上がりを見せながら会はお開きに。
テニス事業者団体のパワーを感じた会合だった。

若干、いやかなりの場違い感もあるワタクシだったけど、
勉強させていただきました。

冷や汗かいた一日だったぜ、ふう。

カテゴリー: テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

神の子とか、練習とか。

レック本社のハッシーから借りた。

kaminoko
「神の子」薬丸岳 

分厚いし、上下巻だし、電車の中で読みづらいなと思ったが、
読み始めたらあっという間に読了。

展開の速さ、伏線の置き方とその回収、設定の巧さなど
読んでいて全く飽きさせず、次に次にと読者を誘う。

戸籍も無く育った主人公、ネグレクト、暴力、薬、犯罪、
ともすれば気が滅入りそうなアイテムが並ぶが、
それを持ってしても、先が気になって仕方がない。

屈折し、少年院から出てきた主人公と、
後に出会う明るい大学生たちの対比。
しかしそれもいつしか一つの糸に紡がれて行く。

閉ざした心が開いて行く。
それも大きな悪に遮られる。
それでも前に進む登場人物たち。

難解な部分がないのは多少あっさりし過ぎな気もするが、
その分とても読みやすい。
このページ数を一気に読ませるのはさすがである。

薬丸岳氏の著書は初めて読んだが、
また一人、良い作家に出会えた感じ。
ぜひ他の著書も読んでみたい。

オススメです。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージに出発の少し前。
試合に向けて練習・・・というのはウソだが、
久しぶりに練習をした。

メンバーはレック本社のハッシー、
高輪テニスセンターの朝練仲間のTさん、
そして、梁元コーチである。
IMG_5944

Tさんは立教大学体育会出身で地元でも名の知られたプレーヤー。
梁元コーチは日本リーグチームメンバー。
ハッシーとワタクシは普通の人だ。

アップの後、ペアを替えながら3セット。
最初はスピードボールに目が全然ついていかず、
まともなプレーが出来なかったが、徐々に当たるようになった。

とはいえ、それでもまだ展開が速くてどうにもこうにもという感じ。
自分のサービスゲームは何とかなるが、問題はリターンゲーム。
梁元コーチの長身からワイドギリギリに来るスピンサーブが
恐ろしく跳ねるわ、逃げるわで、返球率3割程度が精一杯。

ならば切れる前にと、思い切って前でライジングで処理するも、
上手い具合にクロスに沈まない。
いやいや本当に手こずった。

後で梁元コーチに「試合でもあそこによく打つの?」と聞くと、
「まあ打ちますけど、両手打ちだと高いところから叩かれるので」とのこと。
なるほどワタクシだから通用するって言いたいわけね。
微妙にディスってる?

とはいえ、このレベルのボールで3セットは久しぶり。
とても楽しい時間だった。

こんなワタクシたち相手にもちゃんと相手してくれる梁元コーチはエライ。
また練習付き合ってね。
テニスウェアで行くこと、あんまり無いけど。

ありがとうございました。
疲れたぜ、ふう。

カテゴリー: テニス, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

日なたとか、仕事とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

Cocoさん
IMG_5963
陽だまりに絶妙なポジション取り。

2匹とも気づけば日向でまったりしている。
至福の時って感じがとてもいい。
犬って何考えてるんだろう。

 

さて、目からウロコというか、ちょっと無かった考えを聞いた。

ブログやポッドキャストを聞いている、ある経営コンサルタントの話。

仕事が好き、仕事を一所懸命やるタイプの人は、仕事そのものが好き。
だから、自ら動き、サボったり、手を抜いたりもしない。
そして成果も出すことが多い。

あるミッションが終わると次のミッションを探す。
何故なら仕事が好きだし、楽しいから。

実はそこには大きな欠落がある。
それは、「仕事をする」ことだけに価値観を置いてしまうこと。
簡単に言うと、仕事が出来れば良い、楽しいと思うこと。

もちろんそういう人だから一定の報酬は得られるが、
実はそれ以上にはならない。

そういうタイプは雇用者にとって非常に便利な存在。
使い勝手も良いし、成果も出す。
監視も管理の手間もかからない。
次々にミッションと責任を与えれば、喜んで動く。
そして満足してくれる。

日本の教育制度は、優秀で従順な人間を作り出す。
前述のタイプはまさにその産物。
ある意味、洗脳された存在である。

だから使う側にとっては、そのまま洗脳されていて欲しい。
余計なことは考えずに、働くことに喜びを見出していて欲しい。

洗脳が解けて、自らの価値創造や売り方、
独立などと思考の転換はして欲しくない。
何故なら便利な存在だから。

しかしそれはキャリアは積み続けるが、
その人の人生はひとつもつくっていない。

やりがいもあり、仕事も面白くて仕方ないが、
一生使われる側でおしまい。
実はそれが資本主義の構造であると言うもの。

なるほどそんな考え方もあるのかと思った。

実はワタクシ、「仕事のご褒美は次の仕事」と思っている。
仕事があること、成果を出すこと、望まれることが大事だと思っている。
ある意味、良い仕事が出来ればそれで良いというタイプ。

もちろん、一定の正しい評価や報酬は欲しいが、
エラくなりたいとか、ポジションとか名声とか、
そっち方面にはあまり・・という感じ。

やっていれば、評価は勝手について来るだろうし、
やってきたこと、出来ることの延長にしか
報酬もポジションも無いだろうと。

それって単によく働く便利な人なのか?

いや、それが悪いとは思わないし、それで良いと思っているのだけど、
この話を聞いて、そうかそういう価値観は確かに洗脳なのかもなと思った。

野球とベースボールの違いのように、
やることそのもの、行為の清廉性に価値を見出す。
「〜道」みたいな世界は国民性なのかもしれない。

経営コンサルタント氏はそれを搾取と表現していた。

ワタクシは一足飛びにそうは思わなかったが、
行為のみに価値の軸を置くのは、
確かに視野狭窄かもしれないなとも思った。

この話を聞いた時、大阪で起業し頑張っている元同僚が頭に浮かんだ。
彼は、昔から手を抜かず、妥協せず、とても一所懸命仕事をし、成果を出す。
そして現在は、そのキャリア、スキルを人生をつくることに紐付けしている。
なるほど、そこの差なのかもと思った。
うむー。

たしかに便利な人、使い勝手の良い人で終わってもねぇ。

気づけば、残りも少ない仕事人生。
どんなスタンスが良いのか。
自分の考えは違っていたのか。
考えるほどに難しい。

四十にして惑わず、五十にして天命を知るだっけ。
孔子って嘘つきだなぁ。

いや今回の話、別の切り口に触れられたことを幸せだと考えよう。
常に意識改革ってことかもしれない。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

温泉とか、オールドラケットとか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

バイクトレーニングの途中で。
IMG_5859
銭湯というか温泉の裏手。

この温泉、街中の奥まったところにあり、
地元では有名なところ。

あちこちで銭湯の閉鎖が続いているけど、
こういうところは残って欲しいな。
行ったことないけど。(ないのかよ!)

 

 

さて、以前にお邪魔したRACKET STUDIOさんで
見せてもらった写真がまだあった。

アルミフレームのオールドラケット。
IMG_3026

ローリングス製
IMG_3029
野球では老舗ブランドのローリングス。
テニスラケットも作っていた。

ジョンニューカムのモデルなのね。
そういえば、こんな感じのラケット使ってたような。
IMG_3025
ちなみにワタクシ、テニスを始めて
最初に買ったポロシャツはジョンニューカムだった。
バスケ少年からテニス転向したので、

襟付きのシャツとポケット付きの短パンに
大きいなる違和感を持ったのを憶えている。

グリップサイズは4・1/2。
こういう表記、いつ頃からなくなったんだっけ。
IMG_3028
ウエイトはM(ミディアム)だから重めかな。
とはいえ、昔はLM(ライトミディアム)なんかを持っていると
先輩から「女子かよ」と叱られたっけ。

 

次はこちら。
IMG_3013

フタバヤ・ゴールデンショット
IMG_3012
ただワタクシの時代にここにネームが入っているモデルはなかった。
特注モデルなんだろうか。

その他のつくりはあまり変わらない気もするんだけど。
IMG_3015
ゴールデンショットはテニスを始めて2本目に買ったラケット。
当時で6,000円くらいだったかな。

買って2日目に先輩が使って折ってしまった。
「折れたぞ」とそのまま返されて「こいつだけは一緒許さん」と思ったっけ。

当時はフタバヤとカワサキが国産ラケットの双璧。
そこにヨネックスが新素材を駆使して食い込んでいる感じ。
さらには、ミスターテニスとか、フタバなんてのもあったな。

その後、ワタクシはカワサキ派に転向。
Jun Kamiwazumiモデルを使い続けた。
ゴツくて赤いシャフトがカッコよかったなぁ。

 

最後は新し目。
IMG_3009

ダンロップのマッケンローモデル。
IMG_3010
これは普通にグラファイトモデルだろう。

なんとマッケンロー本人のサイン入り。
IMG_3008

マッケンローは引退後、色んなラケットを使っているので
このモデルもそれほど長期間の使用じゃ無いと思うけど、
サイン入りは貴重だよね。

そういえば、あれ以来RACKET STUDIOさんに行けてないなぁ。
スタッフのMさんとは飲んでるけど。
近々お店にお邪魔しよう。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝日とか、最終日とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

日本リーグ・セカンドステージ最終日の朝。
仕事をやっつけたら走ろうと思っていたのだが、
なかなか終わらずで、結局走れなかった。

暗いし、道路も凍ってるだろうから、
それで良いのだと自分を納得させる。

その代わりに、素晴らしい朝日を拝めた。
IMG_6172
16階の部屋からは明石大橋なんかも遠くに臨める絶景である。
今日も頑張ろう!(選手が)と心に誓ってみた。

 

さて、そんなわけでセカンドステージ最終日である。

混戦模様の我がレッドブロック。
星取りが微妙な感じになってきた。
今日の結果次第では三つ巴で何位になるのか、
非常に微妙な状況である。

今日の対戦相手はリコーさん。
日本リーグ常連の強豪チームである。

まずはシングルス2、梁元選手。
16177717_1711574002506328_1204430276157330211_o

日本リーグシングルスデビュー戦だ。
対戦相手の熊谷選手とは以前に対戦経験あり。
その時は負けたそうだが、リベンジしたいところだ。

16177676_1711574235839638_2393356358038687631_o

しかし試合は終始相手ペース。
良いラリーをするのだが、勝負所で相手のカウンターが炸裂。
ジリジリと追い込まれ、ストレートで敗退である。
16195142_1711574109172984_4073401176159391695_n

もう少し食い下がりたかっただろう。
また練習をしてリベンジだね。

 

シングルス1は不動のエース関口周一選手。
16251781_1711615462502182_8395070822553055838_o

こちらは盤石。
16179752_1711615602502168_5715819660621204907_o

淡々とポイントを積み上げ、ストレートで勝利。
最後までエースの役割を果たした。
16195152_1711615679168827_6581357067285343081_n

 

1対1のタイで勝負の行方はダブルスに掛かった。
戦うは、佐藤・井原。
相手ペアはメッチャ強い盤石ペア。

16143102_1711647825832279_5022773756047931533_n
序盤は食い下がるも勝負所で突き放され、
ファーストセットを3-6で落とす。

必死で挽回をはかる。
16251869_1711647272499001_7123868556129294151_o

16252481_1711647162499012_3400572805696856564_o

しかし相手が一枚上手だった。
16174834_1711647832498945_6791590237964142401_n
セカンドセットも3-6で敗退。
チームの負けも決まってしまった。

これで予選リーグは終了。
レック興発は予選リーグを2位で通過という結果だった。

決勝トーナメントは反対ブロックの3位と対戦。
相手がどこであれ全力でぶつかるのみだ。
16114762_1711649075832154_7389349195424303127_n
今回も応援に来てくださった皆様、ありがとうございました。
決勝も頑張ります。
応援の後押し、よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

凍ってるとか、2日目とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

神戸の朝、3日目。
5時に起きてランニングに出る。
sIMG_6147
暗い&寒い。

道路も凍っているうえに坂が多くて危ない。
sIMG_6148
何度もすべって転びそうになる。
「私をスキーに連れてって」みたいに「凍ってるね」とか言ってる場合じゃない。
途中からウォーキングに変更。
まあ、そこそこ汗をかけたので良かった。
しかし寒いね。

 

さて、テニス日本リーグ・セカンドステージ2日目は
前年優勝チームのエキスパートパワーシズオカさんと対戦。
s16177597_1710889295908132_2349375419212714763_o

どのチームも強豪なので、とにかく頑張るだけ。
s15936963_1710889462574782_2048730307841569081_o
今日もTeam RECらしく戦おう。

 

シングルス2は竹島駿朗選手。
対戦相手は長尾選手。
昨年の全日本選手権ダブルスチャンピオンだ。

序盤から相手サービスブレークし、
リードペースで試合を運ぶ。
s16112788_1710938899236505_5294771321535416119_o

何度も追いつかれそうになりながら、
スーパーパッシングショットなどで凌ぐ。
s16112810_1710938912569837_6212583119951762565_o

競りながらもしっかりサービスをキープ。
s16177909_1710938832569845_3676941744356095617_o

どちらに転ぶか分からない展開を制し、
6-3 6-4のストレートで勝利。
s16178471_1710938902569838_6563429168428510676_o
竹島選手の持ち味が活きた素晴らしい試合だった。
これで王手である。

 

シングルス1は関口周一選手。
s16112912_1710983935898668_4101363271711142784_o

対戦相手はjason jung選手。
s16143501_1710984109231984_8325178082110239469_o
ATPランキング160位台の強豪選手だ。

試合は一進一退のシーソーゲーム。
s16178714_1710984349231960_7480133533572609087_o

とにかく息の抜けない展開で
ファーストセットはタイブレークで関口選手。

セカンドセットも最初にサービスを破りリードするも
追いつかれて、またもやタイブレークへ。
s16113116_1710984485898613_7942965049580408169_o

そして2度のタイブレークを制し勝利!
s16179842_1710984572565271_3828878154107934404_o
すごい試合だった。
そしてチームの勝利が決まった。
素晴らしい!

 

最後はダブルス、佐藤一平・井原力選手。
対するは奥・近藤選手。

奥選手は長尾選手とのペアで全日本選手権優勝、
近藤選手は鈴木貴男選手とのペアで昨年の豊田チャレンジャーでベスト4。
思い切りぶつかるのみである。

序盤、二人の思い切りの良いプレーが当たり、
イーブンの展開で試合は進む。
s16179055_1711046812559047_2282926999979430455_o

悪くない、このまま食い下がろう。
s16179159_1711046249225770_5840156688165774961_o

試合はタイブレークに突入。
s16179026_1711046785892383_4978903944861510433_o

が、少しの差でセットを落とす。
s16178915_1711046375892424_7990192417687106212_o

いやいや悪くない。
思い切り行こう。
s16113147_1711047015892360_5313913597412802514_o

s16112658_1711046899225705_5259046785987272752_o

しかしセカンドセットは3-6で突き放された。
DSC_9823
それでもナイスゲームにたくさんの方が声援を下さった。
ありがとうございました。

まずは1勝。
ここでの1勝は大きい。

さあ、今日はいよいよ最終日。
いい試合をして決勝トーナメントにつなげよう。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寒いとか、初戦とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

ビーンズドームの朝は寒い。
ホテルを出る時も雪がちらついていた。
厳しい1日を覚悟しつつ会場へ。

s16105688_1710347279295667_8261203374091260477_n

外気温とあまり変わらない気が。
ここって広域避難所だよね。
真冬に避難する事態になったらつらそうだな。

選手たちはリラックスモード。
s16003219_1710347282629000_7542174665079612352_n

s16114350_1710347299295665_3780959119651991078_n

s16003250_1710347302628998_1369605620761385069_n

公式練習を終え、気持ちを試合に向けていく。
熾烈な3日間になるだろうけど、頑張ろう。

 

さて、そうこうしているうちに試合開始。
s16195987_1710364745960587_3762848142094017985_n

初日は前大会3位のノア・インドアステージさんと対戦だ。
昨年は予選リーグでは勝つことが出来たが、
決勝トーナメントでの順位はノアさんの方が上だった。
このへんがリーグ戦の面白いところなんだけど、少し悔しい。

まずはシングルス2の竹島駿朗選手。
s16143532_1710412462622482_3308547094030629728_o

対戦するはITFトーナメントでもよく顔を合わせる大西選手。
あらゆるポジションからハードヒットしてくるファイターである。

試合は序盤で竹島選手がサービスダウン。
もう少しで戻しそうなところから、なかなか取れない。
s16143836_1710412485955813_4044817389422699089_o

ジリジリするような展開が続き、ファーストセットを落とす。
セカンドセットも一時リードするが、なかなか取り切れない。
終盤の入り口でサービスを落とし、厳しい展開に。

あと一歩でイーブンに持ち込めそうで取れない。
最後はバックボレーをネットに掛けゲームセット。
s16113288_1710412625955799_3472069662172586220_o
もうちょっとだったんだけどなぁ、残念。
これでノアさんの王手である。

 

続くはシングルス1、関口周一選手。
s16107330_1710448825952179_1046771086676631442_o
対戦するは、ノアの不動のナンバー1、吉備選手。
先日の全豪オープン予選にも出場した強豪である。

昨年、この顔合わせでは関口選手が6-4 6-4で勝っている。
関口選手曰く、「その日の調子なので、やってみないと」とのこと。
期待をしつつ、試合を見守る。

いきなり関口選手のサービスダウンから試合は始まった。
s16113173_1710448902618838_4429614574073172111_o
序盤はミスが先行し、ペースに乗り切れない感じ。
しきりに首をひねる動作がそれを表している。

対して、吉備選手のショットは当たりまくり、
コーナーにビシビシと決まる。
s16178792_1710448889285506_6017170822373135131_o
グランドスラム予選で1勝しただけはある。

関口選手も必死で防戦。
s16143619_1710449012618827_3714934954769635411_o
しかし徐々に追い込まれる。

最後まで吉備選手が押し切った形でゲームセット。
チームの負けも決まってしまった。

 

最後はダブルス、佐藤・斉藤。
s16107512_1710453912618337_4335316754520945647_o

斉藤貴史選手、Team RECデビュー戦だ。
この先のリーグ戦、決勝トーナメントのためにも大事な試合である。

思い切りの良いショットでポイントを重ねていく斉藤選手。
s16179568_1710454075951654_6216041160303620835_o

佐藤選手も必死でポイントを取りに行く。
s16179090_1710454179284977_6970645475532384170_o

ファーストセットは2-6、セカンドセットは6-1と
ジェットコースターのような試合展開。
s16177602_1710453799285015_4733501856750212130_o

ファイナルセットはスーパータイブレーク。
s16143566_1710454012618327_3452394892551719317_o
吠える、斉藤選手。

しかし力及ばず敗退。
s16112672_1710454429284952_4543266460985162151_o
今日はTeam RECの日ではなかったようだ。

とはいえ、斉藤選手の復帰など収穫もあった日だった。
今日は前大会優勝のエキスパートパワーシズオカさんと対戦。
Team REC魂でぶつかろう。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。