日別アーカイブ:

日なたとか、仕事とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

Cocoさん
IMG_5963
陽だまりに絶妙なポジション取り。

2匹とも気づけば日向でまったりしている。
至福の時って感じがとてもいい。
犬って何考えてるんだろう。

 

さて、目からウロコというか、ちょっと無かった考えを聞いた。

ブログやポッドキャストを聞いている、ある経営コンサルタントの話。

仕事が好き、仕事を一所懸命やるタイプの人は、仕事そのものが好き。
だから、自ら動き、サボったり、手を抜いたりもしない。
そして成果も出すことが多い。

あるミッションが終わると次のミッションを探す。
何故なら仕事が好きだし、楽しいから。

実はそこには大きな欠落がある。
それは、「仕事をする」ことだけに価値観を置いてしまうこと。
簡単に言うと、仕事が出来れば良い、楽しいと思うこと。

もちろんそういう人だから一定の報酬は得られるが、
実はそれ以上にはならない。

そういうタイプは雇用者にとって非常に便利な存在。
使い勝手も良いし、成果も出す。
監視も管理の手間もかからない。
次々にミッションと責任を与えれば、喜んで動く。
そして満足してくれる。

日本の教育制度は、優秀で従順な人間を作り出す。
前述のタイプはまさにその産物。
ある意味、洗脳された存在である。

だから使う側にとっては、そのまま洗脳されていて欲しい。
余計なことは考えずに、働くことに喜びを見出していて欲しい。

洗脳が解けて、自らの価値創造や売り方、
独立などと思考の転換はして欲しくない。
何故なら便利な存在だから。

しかしそれはキャリアは積み続けるが、
その人の人生はひとつもつくっていない。

やりがいもあり、仕事も面白くて仕方ないが、
一生使われる側でおしまい。
実はそれが資本主義の構造であると言うもの。

なるほどそんな考え方もあるのかと思った。

実はワタクシ、「仕事のご褒美は次の仕事」と思っている。
仕事があること、成果を出すこと、望まれることが大事だと思っている。
ある意味、良い仕事が出来ればそれで良いというタイプ。

もちろん、一定の正しい評価や報酬は欲しいが、
エラくなりたいとか、ポジションとか名声とか、
そっち方面にはあまり・・という感じ。

やっていれば、評価は勝手について来るだろうし、
やってきたこと、出来ることの延長にしか
報酬もポジションも無いだろうと。

それって単によく働く便利な人なのか?

いや、それが悪いとは思わないし、それで良いと思っているのだけど、
この話を聞いて、そうかそういう価値観は確かに洗脳なのかもなと思った。

野球とベースボールの違いのように、
やることそのもの、行為の清廉性に価値を見出す。
「〜道」みたいな世界は国民性なのかもしれない。

経営コンサルタント氏はそれを搾取と表現していた。

ワタクシは一足飛びにそうは思わなかったが、
行為のみに価値の軸を置くのは、
確かに視野狭窄かもしれないなとも思った。

この話を聞いた時、大阪で起業し頑張っている元同僚が頭に浮かんだ。
彼は、昔から手を抜かず、妥協せず、とても一所懸命仕事をし、成果を出す。
そして現在は、そのキャリア、スキルを人生をつくることに紐付けしている。
なるほど、そこの差なのかもと思った。
うむー。

たしかに便利な人、使い勝手の良い人で終わってもねぇ。

気づけば、残りも少ない仕事人生。
どんなスタンスが良いのか。
自分の考えは違っていたのか。
考えるほどに難しい。

四十にして惑わず、五十にして天命を知るだっけ。
孔子って嘘つきだなぁ。

いや今回の話、別の切り口に触れられたことを幸せだと考えよう。
常に意識改革ってことかもしれない。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。