神の子とか、練習とか。

レック本社のハッシーから借りた。

kaminoko
「神の子」薬丸岳 

分厚いし、上下巻だし、電車の中で読みづらいなと思ったが、
読み始めたらあっという間に読了。

展開の速さ、伏線の置き方とその回収、設定の巧さなど
読んでいて全く飽きさせず、次に次にと読者を誘う。

戸籍も無く育った主人公、ネグレクト、暴力、薬、犯罪、
ともすれば気が滅入りそうなアイテムが並ぶが、
それを持ってしても、先が気になって仕方がない。

屈折し、少年院から出てきた主人公と、
後に出会う明るい大学生たちの対比。
しかしそれもいつしか一つの糸に紡がれて行く。

閉ざした心が開いて行く。
それも大きな悪に遮られる。
それでも前に進む登場人物たち。

難解な部分がないのは多少あっさりし過ぎな気もするが、
その分とても読みやすい。
このページ数を一気に読ませるのはさすがである。

薬丸岳氏の著書は初めて読んだが、
また一人、良い作家に出会えた感じ。
ぜひ他の著書も読んでみたい。

オススメです。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージに出発の少し前。
試合に向けて練習・・・というのはウソだが、
久しぶりに練習をした。

メンバーはレック本社のハッシー、
高輪テニスセンターの朝練仲間のTさん、
そして、梁元コーチである。
IMG_5944

Tさんは立教大学体育会出身で地元でも名の知られたプレーヤー。
梁元コーチは日本リーグチームメンバー。
ハッシーとワタクシは普通の人だ。

アップの後、ペアを替えながら3セット。
最初はスピードボールに目が全然ついていかず、
まともなプレーが出来なかったが、徐々に当たるようになった。

とはいえ、それでもまだ展開が速くてどうにもこうにもという感じ。
自分のサービスゲームは何とかなるが、問題はリターンゲーム。
梁元コーチの長身からワイドギリギリに来るスピンサーブが
恐ろしく跳ねるわ、逃げるわで、返球率3割程度が精一杯。

ならば切れる前にと、思い切って前でライジングで処理するも、
上手い具合にクロスに沈まない。
いやいや本当に手こずった。

後で梁元コーチに「試合でもあそこによく打つの?」と聞くと、
「まあ打ちますけど、両手打ちだと高いところから叩かれるので」とのこと。
なるほどワタクシだから通用するって言いたいわけね。
微妙にディスってる?

とはいえ、このレベルのボールで3セットは久しぶり。
とても楽しい時間だった。

こんなワタクシたち相手にもちゃんと相手してくれる梁元コーチはエライ。
また練習付き合ってね。
テニスウェアで行くこと、あんまり無いけど。

ありがとうございました。
疲れたぜ、ふう。


カテゴリー: テニス, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。