月別アーカイブ: 2017年2月

やっちまったとか、ようやくとか。

週末、有明へ。

駅を降りると、東京マラソンのプレイベントだろうか。
ビッグサイト方面が賑やかだ。
IMG_7041

そんな喧騒を背に有明テニスの森へ。
IMG_7042
しかし年間どれくらいここに来てるだろうか。
近くて良かったといつも思う。

この日はビジネスパル東京大会初日。
とにかく厳しい東京大会。
決勝に出ないと関東大会がないってのは
東京の出場数とレベルを思うに何とかならないのかと思う。

選手も集まり、ミーティングを待つ。

と、メールが入った。
長男の大学受験の最後の発表だ。

慌てて携帯を取り出すと、滑って落ちた。
見事にガラスが割れた。
IMG_7047
受験の結果も滑って落ちてた。
ウマい!(うまくないよ)

液晶割ったのは初めてだ。
iPhone8の発売まで持たせようと、
iPhone7への乗り換えを我慢してたのに。
ああ、ショック。
いや長男の結果にショック受けろよ。

 

さて、そうこうしているうちにミーティング。
IMG_7046

いちおうシードをもらっているので2回戦から。

でもどこも強豪だし、さっそく第1シードがコケてるから
どのラウンドでも油断は出来ない。
実業団は強い選手が入社したら一気に勢力が変わるからね。

ということで、初戦は皆フワフワした感じのプレー。
地に足ついていない感満載ながら、何とか3-0で勝利。
まずいんじゃないの、こんな試合してたら。

少し厳しめの表情をつくり喝を入れる。
最初からいいプレーしようぜ。

2回戦は2面進行。
ビジネスパルは、シングルス1本、ダブルス2本で行われ、
2勝したチームの勝利となる。

シングルスは宮田コーチ。
DSC_4644

これが思わぬ大苦戦。
DSC_4334443
いきなり0-4のビハインド。
必死で巻き返しを図るも、相手も上手いし、
簡単に流れは変わりそうにない。

手前のダブルスは、堀尾コーチ・才門コーチ。
DSC_4593

前の試合を引きずってか、イマイチ調子が出ていない。
すでにワンブレークされて劣勢だし。

こりゃまずい。
最後のダブルスは計算出来るけど、
その前で2敗は何としてでも避けなければ。

なかなか反撃の糸口が見つからないシングルス。
徐々にペースが上がって来たダブルス。
DSC_4697

両睨みの厳しい時間が過ぎる。
そしてシングルスは敗退。
戻しきれなかった。

こうなったらこのダブルスを取るしかない。
DSC_4605
頼むぜ、堀尾。

勝てよ、才門。
DSC_4667

勝負所でようやくブレーク。
DSC_4707
何とか勝った。
これで1-1のタイ。

最後の苅田コーチ・武田コーチに託す。
DSC_4744

DSC_4823

試合序盤から飛ばす二人。
DSC_4777

さすが全国大会メンバーは安定のプレー。
DSC_4540

一気に攻め込み勝利。
DSC_4831
いやぁ、ドキドキしたぜ。

聞いたら、相手チームは東京2部にいるらしい。
そりゃ、強いわ。

ということで、何とか初日はクリア。
DSC_4851

4回戦は今度の土曜日。
同じ有明だ。
仕事柄、メンバーは週替わりになるが、何とか勝ち抜けよう。

ああ、携帯どうする?

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

坂道とか、激戦とか。

休日。(いちおうだけど)
朝も早よから電車を乗り継ぎ、目指すは日吉。

1時間ちょっとで到着。
案外近いな。

改札を出て慶應大学のキャンパスの奥へ。
IMG_5724

いつ来ても素敵なキャンパスだ。
そういえば、14歳児が「大学、慶応もいいな」って言ってた。
「あそこは金持ちばかりだから、学力はともかくウチにはどうかな」
って言っておいた。

なんてことを思い出しながら、さらに奥へ。
IMG_5725
そう、慶応チャレンジャーが開催中。
今日はTeam RECの関口周一プロの予選2回戦なのだ。

さらに奥へ。
そして長い坂を降りる。
IMG_5726
坐骨神経痛なのか、ひどい腰痛を患っているボスは、
「あの坂は無理だ。応援頼む」ってことで欠場。
鍼灸じゃなくて整形外科に行った方がいいですよ。

コートに到着。
IMG_5727
若干息が・・やっぱり無理でしたね。

選手はコートで練習中。
オフィシャルは準備中だ。
IMG_5729
いよいよ数週間に渡る国内大会のシーズンイン。
楽しみな春がやって来た。

 

さて、Team RECの関口周一プロは第1試合にオーダーされた。
DSC_4863

対戦相手は、Jimmy Wang。
DSC_4876
かなりタフな対戦相手。

関口プロのサポートも兼ねて会場に来ていた鈴木貴男プロも
「今年はレベルが高いです」とのこと。
そういえば、前日の関口プロからのメールにも
「なんで予選でこんなレベルなのって感じです」って書いてあった。

試合開始。
DSC_4920

序盤は圧倒的なWang選手ペース。
DSC_4891

DSC_4886

いきなりのサービスダウンから、ラリーの主導権を握られる展開。
DSC_4951

ファーストセットは防戦一方で2-6。
DSC_4976

DSC_5018
いや、こりゃ厳しいわという空気。

そしてセカンドセットもリードされ、嫌な予感が。

が、ここから関口プロ、怒涛のまくり。
DSC_5072

DSC_5118

DSC_5224

DSC_5232

ブレークバックからタイに持ち込み、
勝負はタイブレークに。
DSC_5235
しかしマッチポイントを握られ、崖っぷち。

ところがどっこい、起死回生のショットが決まり、
タイブレークを取って、セットオール。
DSC_5250

DSC_5255

マジか!スゴイぞ周一!(胃が痛い)
DSC_5322

ファイナルセット序盤で仕事の電話。
こんな時に・・・
電話を終えコートに戻ると、関口プロの3-0リード。
DSC_5307

そして、Wang選手のMTO。
DSC_5332
背中を痛めたらしい。

そこからは周一劇場。
一気に攻め込み、6-2でファイナルセットを制した。
DSC_5378

いやぁ、よく勝った。
素晴らしい。
DSC_5396

鈴木プロ曰く、「必死に食らいつけばこんなご褒美もあります」とのこと。
とにかく予選決勝に進出だ。
DSC_5405
本戦に上がって、しっかりポイントを稼ごう。

今日も頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

春とか、メガネとか。

一昨日も強風が吹き荒れた。

気象予報士によれば、春一番、春二番、春三番、
そして春本番だとか。

昨日は雪がチラついたりと
行ったり来たりの天気。

しかし公園はもうこんなだ。
IMG_7032

こちらは近所のホテルの河津桜。
IMG_6964
この辺りで一番早く咲く。
提灯はイマイチだけど。

確実に春は近づいている。

 

さて、春といえば忘れ物だ。(そうか?)

なぜか最近、メガネが無くなっていく。
遠征やら出張が多いのもあるのか、
どこかに行くたびにメガネが壊れたり、無くしたり。

もともと数本を使いまわしてはいるのだが、
さすがに手持ちがあやしくなってきた。
少し前に作ったものは度数も合わなくなってきているしね。

妻からは「首から下げておいたら」と言われたが、
カッコ悪いし、首から何かを下げるのが苦手なのだ。

ということで、メガネ屋へ。

無くしてもダメージが少ないように
メガネはZOFFかJINSで買うことにしている。
今回は一番近いZOFFへ。
IMG_6628

以前のデータつくっても良いのだが、
せっかくなので新たに測定してもらった。
IMG_6629
やっぱり度は進んでいた。
一体どこまで行くのだろう。
若干不安も。

ということで、出来上がり。
IMG_7035
軽くてマスクに干渉しないこと、ソフト素材で折れないこと、
飽きのこないオーソドクスなタイプってことで選んだら、
全然面白くないフレームになってしまった。

まあ、ビジネス用だから面白くなていいか。
それにしても、これで1万円以下。
子供の頃って、確か3〜4万したよね。メガネ。
モノの値段て不思議だ。

今度は無くさないように気をつけよう。
飲んだ帰りも注意だ。
りんかい線の忘れ物保管所にワタクシのメガネ、何本あるんだろう。

カテゴリー: 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サチモスとか、立ち位置とか。

最近のお気に入り。

サチモスの”STAY TUNE”

なんか聞いたことあると思ったら、CMで使ってたのね。
とても良かったので、他の曲も聴いてみたけど、すごく良い。

色んなジャンルのテイストが詰まった、
いい意味で捉えどころがない感じが気に入った。
休日の午後にまったり聴くとか、
夜のドライブのBGMなんかに合うそうだ。
ドライブなんてしないけど。

CD、揃えるかぁ。
久々に良い出会い。

 

さて、しばらく前のこと。
「大いに不満だ」とその人は言う。

久しぶりに一緒に入った新宿のBar。
バーボンを前にして、そんな言葉から話は始まった。

「何がですか?」

「どうしてそんなに後ろへ下がろうとする?」

「前に出ると面倒だからです」

「面倒?」

「目立てば、叩かれたり、引っ張れられたりしますので」

「いいじゃんか。それだけのことやってるんなら」

「地味にいい仕事したいんです。
給料はたくさん欲しいけど、ポジションは要りません」

「それはないな。ポジションと責任と報酬はセットだ」

うーん、今日は退いてくれなさそうだ。

 

「何がそうさせるのだ」

「仕事はちゃんとやります。
与えられたミッションは期待以上の結果を出したい。
それは約束します」

「それは分かる。
あなたがウチに来てから、たくさんのことが変わった」

「でも、そうして頑張ると、ある時点から尻尾を踏まれたりする」

「なんで?」

「そう言うことが面白くない人もいるってことです」

「悪いけどウチは違う。少なくともオレとしてはもっとやれって思うんだけど」

「もちろんやりますけど、目立つのはちょっと。
昨日今日入ったような立場ですし、影からしっかり支えます」

「6年目にもなって何言ってる。のんびりさせる気ないから」

 

どうも、社内的に引き過ぎらしい。
仕事そのものは引いてはいないし、むしろ逆のつもりなのだが、
様々な場面で前に出ようとしないのがよろしくないそうだ。

ハーパー12年のロックをお代わりした。
ボスはソーダ割りを3杯目だ。

 

とにかく余計なことを気にせずに、もっとやれってことらしい。
もちろんワタクシもそのつもりでやってきているし、これからも変わらない。
目立ちたいとか、そういう要素はあまりないってこと。

最終的な評価は周囲が勝手にするものだし、
次代に残るのは人じゃなくて仕事っていうか成果の部分だと思う。

この会社のメンバーに加わる時に言われたこと、ミッションを忘れたことはない。
全てはそこに向かって動いているつもり。

どこに名前が出るとか、自分がどうなるとかは
ひとまず置いておいて動き続けようと、
あらためて心に決めた新宿の夜。

カテゴリー: 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジーンズとか、データとか。

壁面に突き出たヘソ。
IMG_6296

正体はジーンズのリベットのオブジェ。
リーバイスショップの店頭である。
IMG_6295

ワタクシの年代はジーンズといえばリーバイス。
LeeやWranglerもいいけど、やっぱりリーバイスに戻る。

大学生の頃はイタカジが流行って、CLOSEDのPedal Pusherも履いたし、
アルマーニやカルバンクラインのデザイナージーンズも履いた。
ハリウッドランチマーケットのジーンズも良かったし、
バスフィッシングを始めてからは、エビスジーンズも履いた。

でも、今も履いてるのはリーバイス。
お気に入りは503BXXだ。

少しルーズなシルエット、ボタンフライ、隠しリベット、赤耳の
限定生産モデルなので、たぶんもう手に入らないけど、
数本持ってるから一生持つかな。

いい歳こいても履けるのがジーンズ。
そしてリーバイス。
って、勝手に思ってる。

ただしずっと履ける体型維持が前提。
とりあえず20年ものが履けてるワタクシ、エライぞ。

 

さて、先日のラケット選定会の夕方。
こんなマシンが持ち込まれ、測定会が行われた。
IMG_6288
ウイルソンさん所有のトラックマンである。

この機械、飛んでいくボールを追尾し、
軌道やスピード、回転などが細かく分析出来る。
IMG_6289

聞いた話だと、イージス艦に搭載されている
ロケット追尾システムと同じだとか。
軍用といえば、カーナビのGPSもそうだし、
民生機への汎用性も高いのね。

今回の目的は、ストリングのパターンの違いによる、
打球の変化を理解すること。

ナチュラルxポリ・ポリxナチュラル・ナイロンxポリ・ポリxナイロン

上記のパターン違いで打球し、データを採った。
IMG_6292

それぞれのパターンによるボールの打ち出し方向や回転の違い。
スイングスピードの違いによる適正パターンの違いは興味深いものだった。
IMG_6291

プレーヤーのタイプによって合うものは違うってことは
コーチたちも感覚的には理解していたけど、
こうして数値で見せられると、あらためて納得である。
IMG_6290
紙芝居に群がる昭和の子供たち状態のスタッフたち。

きっと、皆様それぞれに適正なアドバイスをしてくれるはず。
ストリングキャンペーン中の今、ぜひご相談ください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

壊れたとか、真面目とか。

冷蔵庫の具合が悪くなった。

製氷室の氷が微妙に溶けたり、
冷凍室の食材の冷えが甘いような。

そして前面パネルのウォーニングランプが点いた。

どうしようもないので、ひと晩放っておいたら
ランプが消えて、氷も再度固まっていた。
ひと塊りにだけど。

直った?
いや、機械に自然治癒力はないだろう。

完全にアウトではないが一進一退。
非常にジャッジがしづらい。
うむー、どうしたものか。

結局、買い換えた。
IMG_6336

しかし、普段当たり前に使えているものが壊れて
買い換えなきゃいけないのって、
買い物的な楽しさもないし、15万円はダメージ大だ。
はあぁ・・

 

さて、長男くんの受験も終盤戦。
IMG_6955

とりあえず、いくつか合格も出ているし、
もう少しで受験地獄からも解放される。

が、何故かとても元気がない。

妻によれば、かなり悩んでいるらしい。

「ツラい・・」と言って涙を流し、
「自分が選んだ学校で良いのかが分からない」
「就職がどうなるか心配」と悩みは尽きないらしく、
受験が終わり、あとはハッピーな大学生活が
待っているだけとは思えないほどのローテンション。

いちおう親なので、久しぶりに本人と話をしてみた。
受験勉強で手一杯だったし、あまり親と話をする年齢でもないので、
こんなふうに向かい合ってじっくり話すのは久しぶりだ。

本人の悩みを聞いてみる。
妻の言う通り、学校や将来に不安があるらしい。
まだ、すべての試験も終わっていないし、発表も残っているのに。
そもそもどこも行くところがないわけじゃないのにね。

しかし、高校3年生で就職とか将来に不安持つのか?
ワタクシの高校3年生なんて、好きな子のこと以外に悩みなんてなかったぞ。
ましてや将来のことなんて、考えたこともなかったけど。

参考になるか分からないけど、ワタクシの話をしてみた。

何も考えていなかった高校から大学。
ほとんど学校に行かずに、アルバイトと女の子と遊ぶだけだった大学生活。
単位もギリギリで卒業もあやしく、就職活動もろくにしなかったこと。

地方都市の公務員の家庭に育ち、お酒も飲まない父親、
毎日、家族揃って正座での夕食。

仕事イコール公務員みたいな思い込みしかなかった自分が、
こっちに出てきて、アルバイト先や学校で色んな人と出会い、
世の中は公務員ばかりじゃなくて、
たくさんの生き方があるんだなと思ったこと。

公務員試験さえ受かれば就職はなんとでもしてやると言う父親の声を無視し、
大手スポーツクラブの本部に入社、1年も経たずに辞めテニスコーチになったこと。

実績も実力も人脈もお金もなかった駆け出しの頃。
試合に行く交通費もギリギリ、ラケットも買えず、
ストリングが切れないように祈りながら試合をしたこと。

そんなことをしていたら、何故か色んな人が助けてくれたこと。
練習をつけてくれて、ご飯を食べさせてくれた先輩コーチたち。
毎日のように家に呼んでくれて夕食を食べにさせてくれたお客様。
仕事を手伝ってくれてたうえに、毎日お弁当を作ってきてくれたお客様兼スタッフさん。

それでも生きてこれた。

わけも分からずに自分なりに仕事を頑張った時期。
そして退職。
声を掛けてくれた方々。
現在の会社。

昔に戻りたいとは思わないけど、その時々が楽しかったし、
その時の自分なりに一所懸命やれば、悪いことはない。

未来は分からないから不安になるのは当たり前。
でも、それは誰にも分からないし、努力と縁がなんとかしてくれる。

まあ、「なんとかなる(ように頑張る)のだ」(我が家の家訓)

そんな話は今まで一度もしたとこはない。
まともな人生じゃないから参考にもならないし、
するつもりもなかったけど。

話を涙ぐみながら聴く長男。
なんとなく気持ちの整理がついたような、そうでもないような。

後で妻に聞いてみた。

「あの後、どうだった?」

「おとうさんはスゴイって、泣いてたよ」

こんないい加減な人でも生きていけるのかって衝撃を受けたのだろう。
そう、キミは真面目すぎるのだ。

人生はなんとかなる。
なんとかなるように頑張るのだよ。

まずは楽しい学生生活を送ろう。
世界が広がる4年間になるぞ。

カテゴリー: ファミリー, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SFEとか、研修会とか。

バイオリンとロックっていうと、ワタクシの年代で頭に浮かぶのは、
エレクトリックライトオーケストラかな。

あと、ジミー・ペイジがバイオリンの弓でレスポールを弾く姿とか。
あの奏法って、ビジュアル的なインパクトは強いけど、
正直あまり意味が・・どうなんだろう。

そんなわけで、バイオリンとロックな動画。

Sword of the Far East

バイオリンロックってことだけど、この動画はロックの名曲のメドレー。
ロックチャンチャカチャンみたいで聴きやすい。

聴いたことがない曲はないくらいのメジャーメドレーに
かわいい女性のバイオリニスト・Ayasaがメイン映像なので、
つい最後まで見てしまう。

アルバム揃えようとまではいかないけど、
仕事のBGMとか、お酒のおともにオススメな動画。
一度くらいはライブに行ってみたいかも。

 

さて、某日。
レックインドアテニススクール上石神井にて若手社員研修会。

IMG_6422

シナプソロジー実演で盛り上がったあとは、
自らのキャリアの棚卸しと将来のルートマッピング。

この研修会ももう2年以上になる。
人事異動などで少しずつメンバーも変わっているが、
怖いものなしの若手は前のめりなのでとても楽しい。
守りに入ると伸びが鈍化するから、この調子でどんどん行って欲しい。

そんな座学研修の後は、参加メンバー解放にてオンコート研修。
IMG_6430

今回の講師は鈴木貴男プロ。
そして練習に来ていた関口周一プロ、竹島駿朗プロも参加してくれた。
IMG_6431

今回のお題はアプローチ〜ネット。
IMG_6439
ラリーの引き合いからネットに出るタイミング。
どんな球種から前に出るのか効果的かなど、
鈴木プロのエッセンスが詰まった展開。

ダブルスでのアプローチでは、めずらしい関口・竹島ペアも実現。
IMG_6443

この二人のダブルスと打ち合えるのも貴重な体験だ。
IMG_6447

その後は個々のお悩み解決コーナー。
リクエストに合わせて矯正などを見せてもらった。

今回もあっという間の鈴木貴男プロにより研修会。
これで何回目だろうか。
社内でこういう機会を持てるのは本当にありがたい。

折しもこの日は日本リーグ・決勝の直前。
IMG_6455
関口、竹島領プロには抱負などを語ってもらい終了。

プロの皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
IMG_6459
また次回をお楽しみに!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ペッパーくんとか、コスメとか。

ショッピングモール。
ペッパーくんがいた。

IMG_6333

話しかけてみた。
初めてだ。

ちゃんと反応するのね。
ただ、レスポンスがイマイチ。
しばらく考えてから返事を返してくれる。

AIってこんなもんなのかな?
いや、SIRIなんてもっと速くて、
気の利いたこと言ってくれるよね。

この差は何だろう。
ボディアクション連動ってこともあるのかな。
ポンポンとやりとりを楽しむにはもう少しって感じかな。

ペッパーくんより犬の方が楽しいな。
IMG_1435
言うこと聞かないけどね。

 

さて、最近は何本かのラケットを使いまわしている。
ストリングのパターンを変えて違いを確認するためだ。

その中で、気に入ったパターンがあるのだが。
ふと気づいた。
IMG_6630

もしかしてラケットが好きなのかもしれない。
数種類のラケットに様々なパターンで張っているのだが、
全部が同じモデルでは揃わず、2本ずつって感じ。
PRESTIGE Sも新旧にそれぞれ張っている。

ワタクシが気に入ったのは前PRESTIGE Sに張ったパターン。
適度なしなりと粘り感が良いような気がする。
新モデルは若干乾いた、硬い感じがするのだ。
やはり素材の進化で剛性が上がってるのかな。

あと、ポイントになるのは持った時の感触。
現行はつや消し、前モデルはグロス(つや出し)。
個人的にはつや出しの方が持った感じが好きかな。
もはやストリングの話じゃないけど。

ちなみに関口プロのPRESTIGEのコスメはグロスだ。
IMG_6069
もちろん、市販品ではなく、本国で関口プロ用に作られたもの。

聞けば、選手用はグロスだそう。
「グロスの方が柔らかいんですよ」とのこと。
ふーん、そうなのか。

関口プロのラケットは打たせてもらったことがないけど、
そもそもPRESTIGE Sというはデカールだけで、
中身は違うから、多分比較対象にならないと思う。
でも、一度打ってみたいぞ。

鈴木貴男プロも何代か前のモデルで
ブリッジのロゴ部分だけがつや消しで、
左手の人差し指の腹に当たる感触がどうにも気になり、
つや消し部の無いコスメにしてもらったとか。
そんなことしてもらえるなんて、さすがトッププロ。

そういえば、貴男さんは、つや出しの方が硬く感じるって言ってた。

そんな会話をプロと交わしながらも、
コスメと硬さの関連性の答えは出なかったけけど、
プロならではディープな話を聞くのは楽しい。

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カイロとか、最悪とか。

デ杯、コロシアムロビーでもらった。
IMG_6494
なんだろうと思ったら、カイロだった。

それほど寒くなかったので使わなかったけど、
応援団とその周辺の皆さん、軒並みインフルエンザでダウン。
IMG_6374
ワタクシは幸か不幸か席が後ろの方に離れていたのと
マスクをしていたからかセーフ。
皆さん、もう復活しただろうか。

 

さて、某日。
朝からK女史を迎えに行き、房総方面へクルマを走らせる。

着いた先はここ。
IMG_6311

初打ち?
あ、そうだ初打ちだ。

この季節にしてはめずらしく暖かな日。
ゴルフ日和と思いきや、爆風吹き荒れるバッドコンディション。

IMG_6314

コースはキレイだし、
一度行って見たいなと思っていたところなんだけど、
とにかく風がすごい。

パッティンググリーンに行く。
なんかやたらとボールが転がる。
ちょっと打っただけで滑るようにホールの向こうに逃げる。

係の方が説明してくれた。

「近々、(何だかの)東日本トーナメントが行われるので、
コースセッティングを難しくしているところです。
パッティングは、「触るだけ」を楽しんでください」

なんだそりゃ。
風もあるし、今日は厳しい戦いになりそうだ。
ついでに、K女史は今日は負けないわよっ!ってやる気満々だし。

前半、乱れに乱れ、数年ぶりのスコア。
バンカーからは出ないし、パットはどうにもならないし最悪。

すでにK女史に11打も離された。
こんなコンディションでどうしてスコアまとまるんだろ。
しかも同じレギュラーティーからプレーしてるのに。

気を取り直して後半。
スコアはともかく、後半だけでも勝ちたい。
IMG_6316

そんな気持ちがさらに空回り。
ポッドバンカーでは壁際20センチに落ちて打ちようがないし、
ドライバーも全然当たらないし、元々そんなに上手くないけど、
それすら遠い昔のような状態。

結局、K女史に大負けした。
地元に戻り、いつものように打ち上げ。
IMG_6317

ラウンド中にシューズの底が剥がれたMさん(左)と相変わらず上手なNさん(右)。
IMG_6319

「まあ、元気だしなよ」とK女史。(うるせえ!)
IMG_6321

長男の受験でゴルフは控えていたけど、
このまま控え続けたくなってしまった暴風の房総半島だった。(涙)

カテゴリー: ゴルフ, テニス, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

受験とか、受賞とか。

受験シーズンである。
我が家の長男も今年は受験。

冬休みを終えた頃にようやくエンジンが掛かって来た。
いや、正確には焦って来た。
って、遅いよ!

焦っても時間は無情に流れ、受験日はやってくる。
この日も某大学へ。
IMG_6460
それにしても、すごい荷物だ。

パンパンに膨らんだリュックでも足りずに
ずっしり重い手提げ袋。
参考書もポストイットを貼りまくって分厚くなってるし。

不安のあまりにすべてを持ってこないとって感じらしい。
荷物重量順なら間違いなく合格だな。

そんな受験も終盤戦。
とりあえず2勝は確定なので浪人は回避。
もう少しで楽しい大学生活だ。
頑張れ。

 

さて、第31回日本リーグ最終日。
この日まで残れなかったので、会場には行っていないのだが、
本部で運営を担当しているWさんから連絡が。

「周一が表彰されました」とのこと。
16711663_1724681551195573_2708033825827622503_n

30勝記念の特別表彰だそうだ。
この舞台で30の勝ち星をあげるのは大したことだ。

後日、会社にメダルが届いた。
IMG_6661

IMG_6660

会社に行っていないので、写真しか見ていないが、
出社したら、周一に送る前にそっと首に掛けてみよう。。

三菱電機さん、イカイさんを経て、
現在はTeam RECのメンバーとして活動中の関口プロ。

チームに欠かせない堂々のエースである。
DSC_2307

DSC_2403

DSC_2420

斉藤貴史プロが「関口くんのランキングを抜いて、
次の大会はボクがナンバー1になるように頑張ります」と
明るく宣言していたようだが、竹島プロも含め、切磋琢磨して
さらに高みに登ってほしい。

もっとランキングが上がれば、契約も高額な選手になって、
Team RECでは抱えられないくらいになるだろうが、
それはそれでウエルカム。

ぜひ、そこまで行って欲しい。
京都チャレンジャー、そして国内開催のフューチャーズももうすぐだ。
頑張れ!周一!
頑張れ!Team REC!

カテゴリー: Team REC, ファミリー, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。