春とか、準優勝とか。

(得意の)いちおうオフなので、長めのラン。
IMG_6169
暖かくなってきた。
汗もかくし、手も冷たく無いし、いい季節になってきた。

何より、走り出しで日が昇っているのがありがたい。
少し目が痒かったりもするけど、やっぱり春はいいなぁ。

 

さて、三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際テニストーナメント。

竹島プロ・菊池プロのペアがダブルス決勝に勝ち上がった。
本来の予定だと、甲府フューチャーズ予選で戦う竹島プロを
応援に行く予定だったが、うれしいスケジュール変更である。

決勝はBGMとアナウンスとともにコートに呼び込まれる。
17389013_1741619186168476_3478164409721208216_o

対戦相手は、仁木選手・上杉選手ペア。
IMG_6185
強豪である。

トスに勝ってレシーブを選んだ竹島・菊池。
17361508_1741618386168556_8896996302529601113_n
試合はファーストゲームから相手サービスをブレークして始まった。
立ち上がりの調子が上がらないところを叩く作戦が当たった。

序盤、リードするも徐々にイーブンペースに。
17359373_1741619279501800_8226654165682531401_o
気合のプレーが続くも、タイブレークで落とす。

セカンドセット。
17349959_1741618262835235_2174737259793192879_o
いきなりビハインドの序盤。

しかし何とかブレークバック。
17349893_1741618529501875_5066456775687378933_o
またタイブレークに突入。

そして勝負どころを押さえてセカンドセットを取る。
17389087_1741618639501864_5620169231054203738_o

いい流れでファイナルセット、10ポイントタイブレークへ。
17358790_1741618742835187_4550741824028940341_o
ここで上杉選手、仁木選手がギアアップ。
序盤から引き離しにかかる。

必死で巻き返しをはかるも届かず、3-10。
17361840_1741618886168506_4314557893888273651_n
6-7 7-6 3-10という壮絶なスコアで敗退。
うーん、悔しい。

実は竹島・菊池ペアはこれでITFのダブルス決勝は7度目。
そしてまだ優勝は無い。
17311128_1741618996168495_7868028707217604422_o
「なかなか勝てませんが、次は優勝します!」と二人の弁。

ずっとペアを組んでいる二人だから、
きっとブレークスルーするはず。
17358624_1741618986168496_3426459739924430833_o

次は勝とう。
17264687_1741619096168485_2306810821757543486_n
いい試合をありがとう。

試合を終えた二人は、菊池プロの運転で甲府にダッシュ。
そのまま予選を戦うそうだ。
17362394_1741559492841112_1717083081040694366_n
プロツアーはハードだね。

夜、竹島プロからメール。
「予選、負けてしまいました。途中で集中が切れてしまいました」
残念、次は筑波か。

今度は勝とう!頑張れ!


カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。