カレーとか、モノとか。

Wさんが「一度行ってみて」とやたら勧めるカレー屋。
その存在は知ってはいたが、なかなか行けずにいたのだが、
先日ようやく行くことができた。

シロクマカレー
IMG_6073
代々木駅から千駄ヶ谷方面へ、明治通り沿いにある。

どうやらフランチャイズらしい。
安心の味なのかな。

7席ほどのカウンターのこじんまりた店内。
テイクアウトもやっているようだ。

最初なので、2種類が味わえるように
ハーフ&ハーフ(ビーフ&ポーク)にしてみた。
IMG_6068
トッピングにはメンチカツ。

カレー屋ってすぐに料理が出てくる印象があるのだが、若干時間が掛かった。
食べてみてわかった。
メンチがアツアツのサクサク。
オーダーが入ってから揚げているのだろうか。

辛さはまあ普通。
コクもあって美味しい。

Wさんオススメのデリシャスソースが目に入った。
IMG_6071
Wさんは「タップリめで!」と言っていたが、
彼の味覚は少々極端なので、少しずつかけて様子を見る。
いい感じに辛味が増してきた。

うん、なかなか美味い。
メンチ乗っけて830円。
安くはないけど、アリかな。
次は牛スジカレーを食べてみよう。

 

さて先日、RACKET STUDIOさんにお邪魔した。

ここはおもちゃ箱っていうか、宝箱みたいな場所。
この日もたくさんの懐かしいラケットを触り倒してきた。

Prince MMONO
IMG_6018
一時期、ジミーコナーズが使用していたモデル。

コナーズの使用で一世を風靡した・・かというとそうではない。
ウッドからカーボンへの移行期ならともかく、
普通のグラファイトモデル時代にこれはメジャーには・・ね。

ただ、このモノシャフトがインパクト大だったのは事実。
T2000を使い続けたコナーズのチョイスらしいなってモデル。
IMG_6019

そんなわけで、コナーズの印象以外無いラケット。
そして流通もさほど多くなかったのか、
知り合いで持っている人もおらず、
打ったことはない。
IMG_6020

新品なので、タグが付いていた。
IMG_6021

やっぱりコナーズありきのモデルなのね。
IMG_6022

それにしてもコナーズって人気あったなぁ。
ファイターだから、見ていてテンション上がるし。

あのフラットというか、スライス気味に
ネットすれすれに飛んでいくストロークは
本当に心臓に悪かったっていうか、
そのドキドキ感もたまらなかった。

ロディックのコーチをしていた時、
USオープンの会場で近くに座ってたけど、
すごい人だかりになってた。

アメリカでの人気は今もすごいらしい。
愛称は「JIMBO(ジンボー)」だっけ。
Jimmy Boyの略だって何かで読んだことがある。

大統領選にでも出てみればいいのに。
映画俳優も不動産王も大統領になるんだし、
テニスプレーヤー出身の大統領も見てみたい。

なんてことを思いながら、ラケット1本で、
何杯も白米が食べられるテニスバカである。


カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。