技術解説とか、予選初日とか。

レック上石神井の佐藤一平コーチ。
17498588_1259815560739222_5194772772373173686_n
手にしているのはスマッシュ最新号。

巻頭技術特集で佐藤コーチが解説を担当している。
撮影当日はあいにくの雨模様で急遽インドアコートを確保したりと
バタバタだったようだが、良い記事になったと思う。
スマッシュさん、ご指名ありがとうございました。

スマッシュ・2017年5月号

これを読めばサービス上達間違いなし。
ぜひお買い求めください。

さて、JAPAN FUTURESシリーズも終盤戦。
舞台は甲府から筑波に移る。

土曜日、予選1回戦。
竹島駿朗プロの試合が9時にオーダーされた。

一路、筑波大学に向けクルマを走らせる。
圏央道が開通して一気に行きやすくなった。
1車線で若干ストレスはあるけど、
常磐道を回らなくて良いのはメッチャ便利。

一年ぶりの筑波大学。
IMG_6258
コートではすでに選手たちが練習中。

ちょうど練習を終えた竹島プロが。
IMG_6257
シリーズ終盤の疲れは大丈夫かな。
花粉症&風邪気味なのか、マスクをしてたのが気になるけど。

試合開始。
DSC_0769

序盤から固いテニスでリードを奪う。
DSC_0777

力で無理やり押す感じはなく、
淡々とポイントを積み上げていく。
DSC_1047

DSC_0903
ファーストセットは6-2。
良いペースである。

セカンドセットは若干ギアを上げた感じ。
DSC_09962

ネットプレーで決める数が増えた。
DSC_0898

DSC_09702

セカンドセットは6-0できっちり締めた。
DSC_1054
調子は悪くなさそうかな。

試合後、少し話をした。

「今日は徹しました」

「何に?」

「勝ちに・・です」

「体調は?疲れは溜まってない?」

「大丈夫です!頑張って本戦に入ります」

IMG_6273

そうだね、来週の柏で国内はひと段落。
なんとかポイントをゲットしたいところ。
頑張れ、駿朗!


カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。