日別アーカイブ:

勝利!とか、敗退とか。

ITF JAPAN F7 FUTURES 東京有明国際オープン、
この日はダブルスでTeam RECメンバーが登場。

朝方は曇っていたが、
昼頃から晴れた有明テニスの森。
IMG_7646
ここ最近は空気が乾燥しているからか、
日向は暑いが、日陰はすごしやすい。

大会序盤から熱戦が多く、遅れ気味の進行の中、
竹島駿朗・菊池玄吾ペアの試合が始まった。
18882074_1786788488318212_550095090096538131_n

二人はジュニア時代からペアを組み、
練習も一緒にしている仲。
互いを知り尽くした鉄板ダブルスでもある。

試合は終始、竹島・菊池ペース。
18893213_1786789028318158_2435306076797141343_n

18951471_1786788254984902_7776083205806342891_n

対戦相手の松尾選手・住澤選手に隙を見せずの展開。
18893418_1786789464984781_4349506260673142490_n

ファーストセットを6-1で取る。
良い感じである。
18839113_1786790561651338_3604930396430784368_n

セカンドセットもペースは崩れず、リードを保つ。
18951435_1786788741651520_5160716064930367157_n

19029180_1786790724984655_5151949697209002764_n

セカンドも6-1で取り、勝利。
18892895_1786790934984634_4665291456095461374_n

まずは初回戦クリア。
良かった。
IMG_7647
次も勝とう。
お疲れ様!

 

さて、熱戦続きでさらに開始が延びたのが、
Team REC的にはかなり期待の鈴木貴男・関口周一ペア。
コート割りが変更になり、照明に火が灯った頃に
ようやく試合開始となった。
IMG_7652

対戦相手は奥・長尾ペア。
18893143_1786784184985309_5837426563106497163_n
昨年の全日本選手権優勝ペア、
そして今大会第1シードの強豪だ。

このペアも長い。
というか、違った相手と組んだのを見たことがない。
とにかくテッパンの二人である。

対する鈴木・関口ペアは今年の全日本選手権を見越しての出場。
この二人で公式戦に出たことがあるのかはわからないが、
まずはここで組んでおこうということになったそうだ。

長尾選手のサービスで始まった試合は、
さすがのコンビネーションで奥・長尾がリード。
18892958_1786784264985301_2784316025566087219_n

鈴木・関口も挽回を図るが、なかなか許してくれない。
18882090_1786784921651902_6099835220836607359_n

ファーストセット、3-6。
18951357_1786784504985277_4871015813784847338_n
うーん、厳しい。
というか、奥・長尾がテッパンすぎる。

セカンドセット、リードされるも、追い上げムード。
18920345_1786784904985237_6317353957789654269_n

18882175_1786784708318590_7767116522751606233_n

あと一歩で追いつきそう。
18893407_1786784191651975_514019098204894214_n

しかし突き放されて、4-6でゲームセット。
18921703_1786785154985212_4983255966323759277_n
残念。
しかし奥選手・長尾選手は強かった。
これぞダブルスというプレーはさすがだった。

竹島・菊池もそうだけど、コンビネーションをつくっていくのは
本当に大事なんだなと思った。

試合後、鈴木プロから「色々と見えたので、ここからつくっていきます」
とメールをいただいたが、やはりそういうことなのだろう。
地力のある二人がどんなコンビネーションをつくっていくのか
とても楽しみだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。