日別アーカイブ:

マリブとか、決勝進出とか。

ランニング中に遭遇。
IMG_7303
Chevrolet Malibu

初代型かな。
だとすると1960年代のクルマだ。
IMG_7304

ホイール以外は変にドレスアップしていないのがGOOD。
IMG_7305

燃費やら故障やらを思うと、とてもじゃないが乗れないけど、
昔のアメ車ってなんかイイよね。

調べてみたら、マリブって中型車のカテゴリで、
今もラインナップにあるらしい。
cvymlb
なんかフツー。
昔のとんがったクルマの方がいいな。

 

さて、Team RECプロメンバーの動向。

関口周一プロは先週のATP CHALLENGERでダブルス準優勝だったが、
鈴木貴男プロと竹島駿朗プロはグアムフューチャーズに出場。

竹島プロは、シングルスは3回戦で井藤選手に敗れてしまったが、
笹井選手と組んだダブルスでは快進撃。
決勝まで進んだ。

決勝戦は2セットともタイブレークの大接戦。
がしかし、もうちょっとが取り切れずに敗退し準優勝。
19495656_783591205149123_1826846876_o

とはいえ、準優勝は立派。
相変わらずダブルス巧者な竹島プロである。

そして鈴木貴男プロ。
いきなり第2シードを破って、以降も快進撃。
決勝に進んだ。

とはいえ、本大会の一昨年のチャンピオンだしね。
暖かいのもあるし、相性も良いのかもしれない。

ということで、決勝は江原プロと対戦。

試合がなかなか始まらず、また雨かなと思いながら待つ。
試合が始まった。

自宅〜外出先でライブスコアとにらめっこ。
数字の展開にハラハラドキドキ。

ファーストセットはタイブレークで江原プロ。
セカンドセットは鈴木プロ。

ファイナルセット、江原プロに先行を許すも、
長いデュースの末、土壇場で追いつく。

どっちに転んでもおかしくない展開。
ゲームポイント、マッチポイント、ブレークポイント、
もう何が何だか、ジェットコースターのような試合。

最後は江原プロが押し切って試合終了。
鈴木プロの2年ぶりのグアムフューチャーズタイトルはならなかった。

しかし、40歳でツアー決勝ってスゴイな。
やはりテニス界のキングタカだ。
尊敬します。
IMG_7805

先週の関口プロのATP CHALLENGERダブルス準優勝に続いて、
グアムでもダブルで準優勝。
出来れば優勝が良いけど、やはりうれしい。

皆さん、お疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, クルマ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。