痙攣とか、ナイスゲームとか。

ロッカールームで倒れこむ梁元コーチ。
20617057_1408714319205407_3193219355314315500_o
足から背中まで痙攣が襲っている。

フィジカルがウリの梁元コーチがここまで・・・
恐るべし、日本の夏、金鳥蚊取り。
ってふざけてる場合じゃない。

 

さて、梁元コーチをそこまで追い込んだのが、
第38回DUNLOP SRIXON社会人テニス選手権
東京大会 男子シングルス・Aクラス決勝だ。

メッチャ暑い中、11時過ぎに決勝戦が始まった。
決勝のカードは、佐藤一平コーチと梁元善貴コーチ。
Team REC同士の対戦となった。

「試合前に並んで!」と無理やりのフォトセッション。
20615566_1822509798079414_7443213930758815181_o

試合開始。
20615725_1822509951412732_4173237377260795787_o
梁元コーチが佐藤コーチのサービスをブレークしてスタート。

ここから、梁元コーチの粘りvs佐藤コーチの突破力という
予想通りの展開になる。
20617229_1822510188079375_6415175718238367522_o

20645395_1822510334746027_2893607577712131518_o

打つ、佐藤コーチ。
守る梁元コーチ。
どちらも引かない。

3-3からの第7ゲームはいつ終わるのかというデュースの繰り返し。
20626975_1822510238079370_6780898120753448907_o
そして佐藤コーチがもぎ取りリード。

互いに消耗戦の様相で試合は続く。
20626593_1822510531412674_2365324657790060661_o

20626987_1822510668079327_2653122268877898831_o

そして最後は一平コーチが振り切った。
20545512_1822510681412659_1300387689053733550_o
暑い中、熱い良い試合だった。
そして冒頭の痙攣へと続く。

小一時間苦しんで、ようやく表彰式。
20643107_1822510741412653_8046957243024119924_o
どっちも頑張った。
素晴らしい試合だった。
お疲れ様!おめでとう!

さあ、クラブに戻ってレッスンをしよう。(大丈夫?)


カテゴリー: Team REC, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。