ノンアルとか、Prince新製品とか。

ノンアルコールビールの新しい飲み方。
IMG_8704
氷を入れてキーンとね。
美味しそうだ。

甘い飲み物がシンドイ暑い日にはノンアルビールが美味しい。
出始めの頃よりも美味しくなった気もするし。

まあでも、夏の昼間から飲むビールが一番美味しいかな。
痛風注意だ。

 

さて、某日。
高輪テニスセンターへ。

上階のプライベートコートへ。
IMG_8475
プリンスの新製品ラケットの試打会である。

まずは商品説明。
IMG_8471
ラケット担当のSさんはテニスも本格派。
桜田クラブ出身だったと思う。

今製品の特徴はこちら。
IMG_8476
TeXtremeシリーズにTwaron(トワロン)という素材が搭載された。

トワロンというのはこちら。
IMG_7990

防弾チョッキにも使用されている素材で、
糸自体は柔らかいが、シート状になると
非常に高い剛性を持つそうだ。

このトワロンをフレームに配することで、
ボールをつかむフィーリングが増すのだが、
相反する弾き感も出るということらしい。

そんなことがどうしたら実現出来るのかと思いながら、
早く打ってみたいと心が弾む。

今回発表のラインナップ。
IMG_8477

同型モデルにO3グロメットとレギュラーグロメットタイプが用意されている。
IMG_8478

IMG_8479
比較用に従来モデルも準備されているあたりに
新製品への自信が感じられる。
まずは現行モデル打つ。

テキストリームシリーズは少し硬質な乾いたフィーリングで剛性が感じられる。

プリンスに限らず、最近のモデルは素材剛性が上がり、
フィーリングはどんどん硬くなっているように感じる。
一体どこまでいくのかという気がするほど。

そこにブレーキというか揺り戻しが掛かってきたのが最近のモデル。
HEADのグラフィンタッチ然り、このトワロンもそうなのだろうか。

いよいよ、トワロン搭載のBEAST 03 100から。
IMG_8490

おっ!粘る!乗る!
ホントだ。つかむのに飛ぶ!
なんでこんな感触が両立するのだろう。

IMG_8486

IMG_8495

IMG_8496

続いてレギュラーグロメットタイプも試打。
IMG_8504

IMG_8508

IMG_8515

明らかに現行モデルに比べて打球感はソフトになった。
いや、ソフトっていうか、クッとくわえるという表現が正しいかな。
決してダルい感じでも、ボンヤリした感じでもなく、
芯の感触は残しつつも、フェイスがボールを捉える感じ。

もちろんボールが飛ばないわけでもなく、
ちゃんと狙ったコースに気持ちよく飛んでいく。

スピンの引っかかりも良い。
現行モデルよりもくわえるからなのか、
スピン量も多いように感じる。

現行のテキストリームも良いが、
この感触は広いプレーヤーに支持されそう。

うーん、
スゴイな、プリンス。

 

個々のモデルのインプレはあらためて書くとして、
とにかくトワロンの効果は明確ってことは確か。

さらに進化を遂げたプリンス・テキストリームシリーズは期待大である。
BEASTっていうネーミングもいいね。


カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。