日別アーカイブ:

テストとか、覚悟とか。

あれやこれやと依頼をいただいてテスト。

IMG_8647

IMG_8654

この日もあれこれ試打をした。

お相手してくれたのは角田コーチ。
IMG_8653
先日、7CC藤沢校からレックインドア上石神井に移った。
テニスも上手でフレッシュだから早速人気コーチに。
選手でもあったのでジュニアチームにも入っている。

ラリーのお相手ありがとう。
メッチャ疲れました。

 

さて、そんなわけで各種ハイブリッドやら
テストサンプルやらの色んなストリング、
色んなグリップテープ、
そしてラケットチューンのサンプルで
色んなラケットを使っている。

特にラケットは、同じモデルの長さ違い、グリップベース素材違いなど、
比較用にチューンしたので、それぞれに感触が違う。
この感触の違いはテニスコーチじゃなくても分かると思う。
つまりそれだけラケットチューニングは効果的ってことだ。

とはいえ、自分のラケットをそんな風にしてしまったので、
自分のテニスも何やらバラバラに。
次にプレーする時には自分仕様に戻したもので打ち込んでみたい。

 

先日、鈴木貴男プロと道具の話をした。

貴男さん曰く、「道具は覚悟です」とのこと。

「このラケットを使う」「このストリングでいく」と、
腹を決めて使い込むこと。
迷ったり、他がよく見えたりは結局良い結果は出ないと。

もちろん、どこかが痛くなるとかフィジカル的な問題があれば別だが、
コイツと一緒に戦っていくと決めれば、それがベストチョイスだそうだ。

ラケットもストリングも完璧はない。
自分のコンディションも変わるし、相手も変わる。
それでも信じて使い切ることなんだろう。

うーん、とても納得してしまった。

きっと道具だけじゃない。
この仕事をやりきる、ここで頑張る、このメンバーで戦う。
腹を決めるのは一緒。
迷いは良い結果を生まないはず。

今の自分も腹を決めてテニスに携わっているし、この場所にいる。
周囲にどう見えているかは分からないが、
自分で決めたことだからやり切る覚悟は変わらない。

だから毎日コンディションも天気も変わるけど、
ブレずにこの場所でこのチームで前に進もうと思う。
実は結構覚悟してんのよ、ワタクシ。

そんなことをあらためて思った貴男さんとの会話。

ただ、ラケットもスイングもグリップも定まらない
今日この頃のプレーは何とかしたい。
特にフォアハンドね・・・全然良い感覚がない。
はぁ、悩むぜ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。