つけ麺とか、グリップとか。

食べてしまった。
IMG_8808
「舎鈴」のつけ麺

DRKさんに誘われ、ついて行ってしまった。
巷では毎日酒を飲み、毎日ラーメンを食べていると
思われているTeam RECだが、それは誤解。
DRKさんだけね。

でもたまに食べるラーメンは美味しいなぁ。
「舎鈴」のHPには「毎日食べられるつけ麺」と書いてあるが、それは無理だ。

そうそう、この度、関口周一プロにスポンサーがついた。
IMG_8919

三ツ矢堂製麺
つけ麺の有名店だそうだ。

このパッチをつけていると大盛りサービスしてくれるのか
ご馳走してくれるとかは無いみたいだが、
ラーメン好きの関口プロにはピッタリのパッチじゃないかな。

そういう意味では、Team RECはやっぱりラーメン系に縁があるのかも。

 

さて、ラケットチューンナップに余念がないというか、
あれこれ試している今日この頃である。

先日、こんなサンプルを入手した。
IMG_8661
リプレースメントグリップ(元グリップ)だ。

オーバーグリップは汚れるし劣化も見て分かるので
ちゃんと交換する方が多いが、実はその下の
リプレースメントグリップもメンテナンスが必要。

最近のリプレースメントグリップはクッション性が良く、
柔らかめなものが多い。
つまり、巻く時の引っ張り具合で厚みも変わるし、
打球のたびに握り込むわけだから徐々に潰れ、痩せてくる。

だからオーバーグリップのマメな交換のサイクルに
リプレースメントグリップの交換も折り込むのがベスト。
握った感触の違いが明らかに変わると思う。

上の写真はタイプの違うリプレースメントグリップ。
右から2本は良くあるクッションの効いたタイプの色違い。
左から2番目は一見レザーっぽいタイプ。
クッション性は若干抑え気味という感じだろうか。

そして今回、試したのはこれ。
IMG_8664
表面テカテカの見るからに滑りそうなタイプ。

裏面はちゃんと接着が効くようになっている。
IMG_8667

現在のグリップはこんな感じ。(HEAD PRESTIGE S)
IMG_8659

オーバーグリップを外す。
IMG_8660
クッションの効いたリプレースメントグリップにオーバーグリップだから、
ちょっと柔らかすぎて打球感が鈍いし、握り込みに力を入れるので
ちょっと疲れる。

リプレースメントグリップも外す。
IMG_8665
ラケットスタジオさんのチューンナップだと
さらにその下のグリップのベース素材を作り直して、
シャープな打ち心地にするという手もあるのだが、
この1本はノーマル状態。

先ほどのリプレースメントグリップを巻く。
IMG_8668
薄め、硬めの素材なので、明らかに角が立ち、
シャープな印象になった。

でもなんだか滑りそう・・。
ホームセンターで安く売っているラケットのグリップみたい。

そうなのだ、これ、このままでは使わない。
オーバーグリップを巻く前提のものなのだ。

はい。こんな感じ。
IMG_8670

どうだろう、下のノーマル状態よりも
グリップの角が出ているのが分かるだろう。
IMG_8659

これでグリップがリアルに感じられる。
そして打球感もフワフワ感が消え、シャープになった。

もう一つのメリットはグリップサイズが大きく変わらないこと。
集めのオーバーグリップを巻いてしまうと、グリップサイズは大きくなる。
下手したら1サイズ上くらいに感じられることも。

このリプレースメントグリップは薄めなので、
オーバーグリップを巻いても購入時の素のサイズに近づけられる。

ワタクシも通常はG2を使っているが、
厚めのオーバーグリップだとちょっと太い。
オーバーグリップを巻いて、G2,7くらいが理想。

だからわざわざ一度リプレースメントグリップ外して、
強めに引っ張って巻き直すことで薄くし、サイズを落とす。

この方法も良いいのだが、引っ張り具合で
微妙に厚みが変わってしまうが難点。
しかしこのリプレースメントグリップだと薄めに均等に仕上がる。
使い込んでも潰れにくいので、交換しても違和感も少ない。

まだテスト中で取り扱いは決まっていないが、
オーバーグリップを巻く前提なら、
このタイプはとても良いんじゃないだろうか。

グリップは人とラケットを繋ぐ大事なパーツ。
とことん拘ることをオススメしたい。


カテゴリー: テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。