日別アーカイブ:

遠吠えとか、ULTRA100CVインプレとか。

今日も家の前に消防隊が来ていた。
IMG_9015
今度はなんだろう。
警報の誤作動くらいならいいけど、このところ多いなぁ。

ちなみに我が家のCocoさんは消防車のサイレンを聞くと、
遠吠えが止まらなくなる。
IMG_9095

こっちの方がよほどうるさい。
困ったものである。

 

さて、先日発売になったこちら。
IMG_8915

Wilsonの新製品、ULTRAである。
IMG_8912
Wilson ULTRA100CV
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウエイト:300g平均
■バランス:320mm
■フレーム厚:23.0-26.5-22.5mm
■ストリングパターン:16 x 19
■グリップサイズ:G1 / G2 / G3
■価格:34,000円(税別)

ウイルソンの主力シリーズ、ULTRAが全面リニューアル。
デザインも最近のウイルソンらしくシンプルながら
一目でウイルソンと分かるものになっている。
IMG_8913

ブランドイメージを全機種にうまく統一していく手法は、
HEADも同様に採用、フレームの斜めのカラー切り替えが
HEADロゴとシンクロしていいる。
この全シリーズに統一感を持たせる手法、とても効果的だと思う。

で、このULTRAはブルー系のカラーリング。
画面だとフレーム全体は黒に見えるかもしれないけど、
実は濃いネイビーのフレーム。
これがつや消しの触感と相まってメッチャ高級感を演出している。

スペックはいわゆる黄金スペック。
IMG_8916

もともとがバボラ・PUREDRIVEの対抗機種だから、
先日発売になったPUREDRIVE2018とまさにガチンコの対決になっている。

ウイルソンさんの気合の入れようはプロモーションにも現れている。
全国各地での試打会の開催、そして契約コーチ全員にこのラケットを貸与し、
SNSなどで煽るという作戦。
ワタクシのfacebookもある日突然、このラケットの画像だらけになったほど。

ということで、レックインドア上石神井のタケダコーチの
ラケットを勝手に借りて試打してみた。

実はワタクシ、あまりULTRAには興味がなかった。
この手のラケットは巷に溢れているし、黄金スペックは外しがないので、
打ってみても。まあそうだよね、いいよねって感じで、あまり面白くない。
及第点は取るが、角が無い優等生みたいなイメージだった。

しかし、周囲の評判が非常に良いので、それではと打ってみた。

すごいな!これ。
メッチャ打ちやすい!

飛び系のラケットにありがちな、飛ぶけど・・まあそれだけ?
みたいな感じがない。

しっかりボールをホールドして、自分の思いを乗せて
思った通りにボールが飛んでいく感じ。

かといって、決してだるい感じはない。
絶妙なホールド感からの、爽快な抜け感がある。

これも CV(カウンターベイル)の恩恵なのか。
球離れ命のカツカツ感ではない、コントローラブルな感じは秀逸。

サービスも引っ掛かりと乗り感のバランスで
思ったスピン量でコントロール出来るし、安心感も高い。

ボレーはもう少し弾いた方が良いかなという気もするが、
それでもこのホールド感を保つなら今のままでじゅうぶんだ。

まさに黄金スペックの進化系という感じ。
そこにコスメ(塗装)のシャープさと高級感が相まって名器の予感。
シリーズ史上一番の出来じゃないだろうか。

ちなみに市場でもセールスは好調なようで、
場合によってはしばらく待たないと入手出来ない事態にもなっているとか。
たしかにそれも納得な出来栄えのWilson ULTRA100CVである。

ワタクシも1本買うかなと思ったニューモデルである。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。