日別アーカイブ:

タグとか、失せ物とか。

近所の蔦屋書店で見つけた。
IMG_9048

一見、ただのプラスチックのタグだが、
これがなかなかのスグレモノ。

MAMORIOという。
IMG_9049

キャッチコピーは「なくすを。なくす」。
IMG_9050

このタグにチップが埋め込まれていて、
財布に入れたり、鍵につけておけば、
無くなっても、GPSで居場所が判るというものだ。
IMG_9051
専用のアプリでこんな風に見られるらしい。

これ、なかなか良いと思う。
人生の半分は探し物をしているような我が家にはピッタリじゃないかな。

買うか?
でも、メガネには着けられないなぁ。(お前かっ!)

 

さて、某日。

先輩の試合の応援に行った15歳児から電話。

「あの・・海浜コートにラケット持ってきてもらえませんか」

「なんで?」

「試合が早く終わったからコート使っていいってことなので」

「ラケット持って行ってないの?」

「応援だけだと思ったから」

「誰かの借りれば。先輩のとか」

「人のラケットでは練習する意味がないっていうか」

「今、Cooの具合が悪そうだから動物病院に来てるんだけど」

「なんとかお願いします」

仕方がない。
一度帰ってラケットを届けた。
コートに行くなら、どんな状況でもラケット持っていけよ、もう。

足を引きずっていたように見えたCooさんの診察結果も
たいしたことがないようでひと安心。
家に帰る。

しばらくして、また15歳児から電話。

「自転車の鍵が無くなりました」

「また?歩いたところ探してごらん」

「探しました。ありません」

「前にも無くしてるからそれが合鍵だし、もう無いよ」

「どうすればいいですか?」

「先輩たちも待ってくれてるの?」

「言ってないので、一人です」

仕方がない。
マイナスドライバーを持って自転車でコートへ。

ドライバーでキーユニットをこじ開け、破壊。
無理やり鍵を解除し、帰って来た。

「すみません、ホントにすみません」と15歳児。
コート2往復だぞ、勘弁してくれよ。
IMG_8899

「鍵どうする?」

「無いと困ります」

「じゃあ、自転車屋によって着けてもらおう。
でもまた無くすからなぁ」

「番号式の鍵にします」

「なるほど、で番号忘れたとか言わないでよ」

「携帯のメモに書いておきます」

「で、携帯無くしたとか言うなよ」

キリがない。
それくらいの前科者なのだ。

かく言うワタクシも、実は先日また有明でメガネを無くしかけた。
ラッキーにも出て来たが、ほとほと自分に呆れたと言う事実が。
血筋だから仕方ないのか・・

カテゴリー: テニス, ファミリー, 自転車 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。