月別アーカイブ: 2017年9月

FIATとか、食事とか。

ランニングの途中、気になるクルマを見かけた。

FIATなんだけど、クロスカントリーぽいモデルでちょっと大きめ。
フォルムは500ぽいんだけど。

調べて見たらこれだった。
5x
FIAT500X

FIAT500のクロスカントリーっていうか、SUVモデルだって。
なるほど大きくて腰高なわけだ。

でも、500にSUVバージョンなんているかなぁ。
小さくてこその500でしょ。

やっぱり初期の500が好きだなぁ。
5001010
このちっちゃいヤツね。
カリオストロの城でルパン三世が乗ってたバージョンがいい。

今の500も小さいと思うけど、初期型に比べたらメチャ大きい。
小さくてのFIAT500でしょ。

ここまで大きくなると、もはや別のクルマだ。
5x500

MINIもBMWグループに入ってからどんどん大きくなってるし。
もはやMINIじゃなくて、Mediumだ。

安全装備とか、今の基準に合わせると大きくならざるを得ないのかなぁ。
味のあるクルマが減っていくのはちょっと淋しい。

 

さて、再浮上のきっかけにと狙っていた大会で
惜しい星を落とした15歳児。

今年はいいところに行けるかもと思っていただけに
ショックは大きいようだ。

試合後、振り返りミーティングをする。
落ち込む15歳児。
涙が止まらない。

技術的なことよりも、「勝ちたい」「勝たなきゃ」が
プレーにマイナスに働いてしまったことが
自分で分かるだけに悔しく情けなくという気持ちらしい。

「まあ、結果は結果。仕方ない。メシでも食べて元気だそう」

ステーキハウスに連れて行ったが、食欲が出ない。

「食べたくないです」

「食べようよ。今日も練習にいくんでしょ」

「じゃあ少しでいいです」

大好きなガッツリ系なのに、
サラダバーも食べずに落ち込んでいる。

メイン到着。
IMG_8699

なんとか食べ始める。
IMG_8700

試合を思い出して手が止まる。
IMG_8701
そして涙を拭く。

なんとか食べ終える。
そして思い出して、泣く。(苦笑)
IMG_8703

小さな頃からの負けず嫌いは変わらないようだ。

ならばどうする。
その思いを練習に振り向けるだけだよね。

まあ、みんなそうやって成長するのだよ。
ガンバレ、若者。

カテゴリー: クルマ, テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

お誘いとか、届いた!とか。

某日夕方から夜になる頃、DRKさんから電話。

「今、どこですか?」

「会社ですよ」

「打ち合わせが終わって池袋です。来ませんか?」

「なんで?」

「生ビール飲みたいでしょ?付き合ってあげますよ」

どうやらケンスケさんと一緒に飲み始めたらしい。

「行きません。家と反対方向だから」

「数分じゃないすか」

「いや、行かないっす。また今度」

断ってしまった。

なぜなら・・・
IMG_8810
こっちも仕事終わらせて、会社で飲んでたのね。
楽しいひと時をありがとうございました。

DRKさん、また今度ね。

 

さて、頼んであったサングラスが届いた。

SWANS LIONSKIN
IMG_8830

今回はめずらしくブラックにしてみた。
IMG_8831
サイドにはSWANSロゴ。
あまり派手じゃなくていいかな。

ノーズパッドは可動式。
IMG_8833
自分で思うように調整が可能。
ここの調整は掛け心地に大きく影響するのでありがたい。

この部分も自分で曲げて調整可能。
IMG_8834
頭の形は人それぞれ。
自分のカーブに合わせて、
ベストなフィット感が得られる。

日本人のためにジャパンクオリティというだけあって、
掛け心地はストレスフリー。
IMG_8832
長時間のランニングでもどこも痛くならないし、
テニスで激しく動いてもズレることはない。

レンズのクオリティは折り紙つき。
色の濃さによらず、しっかりUVをカットしてくれる。
なんとクリアレンズでも同じカット率だそうだ。

これで2万円を切る価格設定っていうのもうれしい。

テニスだけでなく、バイク(自転車)、ランニングにも
オススメしたいSWANSサングラスである。

現在、REC各校では会員様特別価格でご購入いただけます。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

うまい!とか、敗退とか。

これ、美味しかった。
IMG_8809
ポテチと塩とレモンの組み合わせは最強だ。
美味しくて、ビールも止まらない。
体に悪いぜ、ふう。

 

さて、完全にヘコミモードながらベスト8に勝ち残った15歳児。

まだ立ち直っていないながらも試合へ。
IMG_8693

まあ、この大会でそこそこいいところに行けば、
気持ちも変わるだろう。
見まわしたところ年上も多いけど、
いいプレーをすればそれなりに通用しそうだし。

うーん、後ろ姿に覇気が・・・
IMG_8694

もう少しアゲアゲでいけないものか。
IMG_8697

でも、気持ちは自分でなんとかするしかないからなぁ。
IMG_8698

ということで試合開始。

相手は高校生のようだ。
メッチャ上手くはないが、試合はこなしている感じ。
でも、昨日のプレーが出来ればじゅうぶん勝機はあると読んだ。

が、しかし。
昨日とは打って変わってフワフワしたプレーの15歳児。
DSC_2879

大事なところでしっかり打てず。
DSC_2820

序盤で落としたサービスがもう少しのところで戻せない。

何度もブレークポイントを握りながら、
チャンスボールをことごとく外す。
DSC_2834

そしてさらにサービスを落とし差が開く。
DSC_2851

後半、ようやく気持ちを切り替えて
数ゲーム連取するも時すでに遅し。
DSC_2798

準々決勝で敗退である。
DSC_2887

残念。
今日はいい入り方が出来なかった。

勝ちたい気持ちが自分にプレッシャーをかけてしまったのか、
昨日のようなプレーがなかなか出なかった。
気持ちの作り方、試合の入り方も課題かな。

自分への期待、プレッシャー、そして落胆、怒り。
色んな感情が入り乱れてとても悔しそう。

こういう経験も本気だからこそ。
次に活かして欲しい。
頑張れ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, , 食べ物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

試打会とか、応援動画とか。

某日、グローブライドさんにお越し頂き、
新製品のプレゼン&試打会。

まずは新製品シューズについて。
IMG_8994
ワタクシも先日の試打会で履かせて頂いたが、
タイトなフィット感は足とシューズの一体感が際立つ。
まさに体の一部として機能してくれるように感じた。

ラケットのプレゼン。
IMG_8993
プリンスさん気合の新製品である。

新たな素材、Twaron(トワロン)が配されたフレームは、
「掴むのに、飛ぶ」という相反する感触を両立させた。
昨今の「硬くて軽い」カツカツフィーリング競争に
一石を投じたモデルであると思う。

個人的にはO3グロメットではないタイプが
ストリングのたわみが少ないカッチリ感が出ていて好み。

プレゼンの後は皆で試打。
IMG_8996
50名を超えるスタッフでの大試打会になった。

 

さて、ここまでの写真でお分かりかと思うが、
この日は赤いウェアのスタッフが多数。

角度を変えるとなお分かりやすいと思う。
IMG_8991
赤い集団である。

このウェアにはある目的があった。

9月15日に迫った、デ杯・プレーオフの応援動画を
撮影しようということになったのだ。

さっそく撮影開始。
IMG_9001

それぞれ準備した小道具などを持ち、
テーマに合わせてシーンを重ねていく。
IMG_9010

で、完成したのがこちら。

今回のテーマは「声を出そう!」だ。
「ウォ〜ウォ〜」で後押しをしようって算段。

もちろん9月15日はワタクシたちも大阪に乗り込む予定。
皆さんと一緒にチームジャパンを応援したいと思う。
よろしくお願いします。

今回この動画で流れている楽曲は、
Team RECスタッフでもあり、シンガーソングライターでもある
服部なな子さんの作品。

この応援のために書き下ろし、提供してくれたオリジナルである。
pride

フルバージョンのダウンロードはこちらからどうぞ。

●Amazonデジタルミュージック
http://ur0.link/FzUi

●iTunes
http://ur0.link/FzUo

●mora
http://ur0.link/FzUr

●LINEミュージック
https://music.line.me/artist/mi000000000db860a9

と、こんなふうに皆で力を合わせて
岩渕監督の新生チームジャパンを応援しようと思う。
9月15日〜17日はITC靭テニスセンターを赤く染めましょう!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, デ杯 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

連戦とか、80年代とか。

Team RECジュニアの夏。

それぞれに頑張った。
うれしいこと、残縁なこと、色んなことがあった夏。

石井さやか選手は、全日本ジュニアでシングルス準優勝、ダブルスは優勝。
IMG_8784
関東ジュニア〜全国小学生〜全日本ジュニアと遠征続き。
そしてすぐにRSK杯でまた白子だ。

プロツアーの過酷さが話題になっているけど、
ジュニアも連戦でかなり大変だと思う。
皆、体調に気をつけて頑張って欲しい。

 

さて、頼んでおいたCDが届いた。
IMG_8522
Come Along2 山下達郎

1984年の作品はリマスタリングされて再リリースされた。
このアルバムは小林克也のDJで曲間を繋いだ企画もの。
どうやら最初はレコード店の店内用に企画されたものらしい。

懐かしいノンストップ感。
一気に聴き終えてしまった。

80年代ってこういう企画ものが多かった。
小林克也のDJ企画ものといえば、コモドアーズのベスト盤。

cdsbs
80年リリースの”Ballade Special Edition”。

コモドアーズのバラッドナンバーに小林克也のDJがもろハマり。
「Sail on」だったかな、「あぁ、あの頃は若かった・・」
から始まるイントロは最高の雰囲気だったっけ。

残念ながらこのアルバム、CD化はされていないらしい。
レコードは中古市場にあるらしいが、再生機を持っていない。
レポードプレーヤー買うかな。

そういえば、同時期に海外FMのオムニバスがあった。

もはや記憶が定かではないが、スペイン語(たぶん)のDJが
ノンストップで曲を紹介していくもので、
ラリー・リーの「Don’t Talk」とか入ってた。

確か小林克也のDjのパートもあったと思う。
高中正義の曲も入っていた気がするので、
たぶん日本の企画もの。

メジャーではない曲も多かったのでCDにはなっていないだろうし、
カセットテープも捨ててしまったし、
もう二度とめぐり合えないかもしれない後悔の1枚である。
生きてるうちにもう一度巡り会いたいな。

今回のCome Alongシリーズみたいに再販されるのは
また聴くことが出来るけど、もう二度と会えない作品も
たくさんあるんだよなぁ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 買い物, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

分かった!とか、なんとか・・とか。

以前載せたこのクルマ。
IMG_7658

正体が分かった。

多分、これ。
PAGANI(パガーニ)

車種は、Huayra(ウアイラ)

他人とかぶらないからいいかもね。
で、いくらすんの?

えーと・・・280,000,000280,000,000円。
て、ゼロが多すぎてよく分からない。

ゲッ!2億8千万円だって。
そりゃ、そうそうかぶらないよね。
一生縁無いわ。

 

さて、そんなわけで15歳児の試合の時間になってしまった。

前日の敗退から気持ちを切り替えて良いパフォーマンスが出来るか、
はたまた切り替えられずに泥沼に沈むか。
すべては本人次第である。

1ラウンド目。
IMG_8686
ちょっと回復したのかな。
少し表情が引き締まってるかも。

ここは無難にクリア。
IMG_8687

2ラウンド目。
IMG_8688

徐々にペースをつかんだか。
気持ちも上がってきたか。
IMG_8690
ここもクリア。

3ラウンド目。
ちょっとあやしい場面もありつつ勝ち上がった。
IMG_8684
しかしよく飛ぶ男だ。

なんとか初日はクリア。
少しは戻しただろうか。

次はさらに厳しいはず。
しっかり気持ちを持って戦おう。

カテゴリー: クルマ, テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。