旗とか、やっちまったとか。

日本リーグ会場に設置される出場チーム旗。
IMG_1349
「テニス部」と入れるのがルール。
これを入れないと、企業ロゴとなって、
会場の広告掲出規定に抵触してしまうらしい。

なるほどねぇ・・・と思いつつも、そうかなぁなんて。
ウェアへのコマーシャルロゴの露出は制限ないのにね。

 

さて・・・。

「あっ!やっちまった」と思った時はもう遅かった。

不思議と痛みはない。
ただ、予想した通り、額から生暖かい感触。
手を当てると、手のひら一面にベッタリと血。

服を汚さないように慌てて下を向くと、
ボタボタと地面が赤く染まっていく。

横にいた15歳児が慌てて、
「あ、血です。何をすればいいですか」
と言う。

なんでこんな時にも敬語なのか?(笑)と思いつつ、
「フロントでタオル借りて来て」とお願いする。

 

久しぶりの休みだった。

出張続きであまり家にいられず、
ようやく休日にたどり着いた。

久々に15歳児の練習前の練習に付き合える。

少し早めにクラブに着き、コートを借りる。
ボールを出し、車に戻ろうとしたところ、15歳児とすれ違う。
彼をかわして、横のコンクリートの段差をヒョイッと飛び越えた。

IMG_1682

はずだったが、足が引っかかった。
バランスを崩し、手をつく・・
はずだったが、そこには段差が切れた空間。
正確には角だった。

ヤバイと思い、左の手すりに手を伸ばすもキャッチ失敗。
さらに下の段の地面に手をつく。

倒れたというより、頭から逆さに地面に突っ込んだ体制。
勢いが強く、体が止まらない。

目の前に現れたのは、土台で置いてあるコンクリートブロック。
IMG_1683

角が目の前に迫るも、勢いを止め切れない。
額に鈍い衝撃が走った。
最初に思ったのは、「まずい、これ確実に血が出るパターン」てこと。
予想通りの流血戦になってしまった。

 

クラブのコーチが新しいタオルを持って来てくれた。
額を押さえると、見る見る真っ赤に染まって行く。
手も血だらけ、おそらく顔も。

水道を借りて勘で患部を流すも血は止まらない。
「救急車呼びましょうか?」とコーチ。

救急病院に行かなきゃダメかなぁ。
救急車、人生初体験か。
でも、クラブに迷惑かかるし。
縫わないといけないくらいの傷なんだろうか。
あ、もしかして脳波も見てもらわないとかも。

色んな思いが頭をめぐるも、気を失ってもいないし、
気持ち悪くもないので、救急車を呼ぶのはもう少し待つことに。

「ごめん、練習できなくなっちゃった」

「いや、大丈夫です。それより傷は大丈夫ですか」

相変わらず敬語である。

 

タオルをもう1枚もらい、押さえつける。
少し出血量が減った気がする。

妻に電話して事情を話し、指示を仰ぐ。

「救急病院に行った方がいい気がするけど」

「うーん、でもこれから練習だしなぁ」

「そんな場合なの?」

「とりあえず、圧迫しながら車の中で安静にしてる」

落ち着いて確認すると、あちこちに裂傷。
幸いウェアに破損はない。

恐る恐る鏡を見た。
ブロックの角の形に額が切れて凹んでいる。

 

妻に写真を送る。

「こんな感じ」

「写真じゃよくわからない」

「縫うかな」

「多分、そういうレベル」

「テープじゃダメ?」

「多分ダメ」

「とりあえず練習終わったら帰る」

「明日は病院だね」

少し出血が治まってきたのと、手が疲れたので、
タオルをハチマキ状にして巻いた。
IMG_1686
選手たちは「変なお父さん」と思ってるだろうけど、仕方ない。

家に帰って、絆創膏を当て包帯を巻いてもらった。
25497936_1526379867438851_2710576421956217985_n
ブルーハーツみたいだな。(言ってる場合か!)

人差指と中指が腫れているので湿布。
妻が2本まとめて湿布をまこうとした。

「それじゃキーボード打てないじゃん!」

「え?この期に及んで仕事するの?」

「週明けに向けてやることあるんだよ」

IMG_1688
ピースサインではない。
念のため。

 

とりあえず、夜中に異変が起きないことを祈ろう。

怪我もショックだけど、一番ショックなのは、
自分が軽く飛び越えようと思った段差に足が引っかかったこと。
自分のイメージほどに足が上がっていない。
これって衰えてるってことなんだろうか。

きっと傷の再生も遅いんだろうなぁ
はあ、なんかすごくショックだ。。

傷残るんだろうか。
「天下御免の向こう傷!」とかシャレになんないぞ。
いや形からして、漫画の怒ってる人みたいなマークかも。
ネタができたとか、面白がってる場合じゃない。


カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。