日別アーカイブ:

部活とか、竹島プロ使用機とか。

15歳児の授業参観。
放課後に部活が始まったので覗いてみた。
IMG_9712

手前のコートと奥のコート、どう分けてるの?と聞いてみた。
「手前はレギューラーです」とのこと。

まだ中等部だけど、手前に入れてもらっているらしい。
ありがたいことだ。
貢献しろよ。

 

さて、Team RECプロメンバーからラケットを寄贈していただいた。

竹島駿朗プロの使用ラケットだ。
IMG_1703
SRIXON REVO CX2.0

サイン入りね。
IMG_1713

ストリングはハイブリッド。
IMG_1705
メインがナチュラル、クロスがポリ。
46ibs x 44lbsで張り上げてある。

サイドにはレザーをかましてある。
IMG_1715

フェイスの両サイドにはウエイト。
IMG_1706
面ブレを防ぐ効果を狙っていると思われる。

フェイストップ部。
IMG_1710
使い込んでガシガシ。

ヘッドバンパーもすり減って、フレームも削れている。
IMG_1708
激しいツアーの様子が感じられるようだ。

ちなみに竹島プロはラケットの持ち方を決めているそう。
常に同じ面で打つためになおさら削れやすいのだろう。

そのため、グリップテープの巻き始めの位置も決めていて、
常に同じ感覚で握れるようにしているのだとか。

ふーん、さすがプロ。
繊細なんだなぁ。

一方、握らない方の処理はこんな感じ。
IMG_1714
この辺はどうでも良いらしい。(笑)

少し振ってみたが、ヘッドが返りやすく、
サービスも振りやすそうだった。
ボールは打っていないけど。

ラケットはレック本社に飾らせていただいた。
竹島プロ、ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ファミリー, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。