珈琲味とか、鈴木貴男プロ仕様機とか。

某所にて、珈琲味ラーメンて・・・
IMG_0362
興味が沸いて店の前までいってみたけど、
普通の昭和な喫茶店て感じだった。

店名の「アロマ」も食事な感じじゃないよね。
おいしいのかな?珈琲味ラーメン。
おいしくないと思う。

 

さて、竹島駿朗プロの実機に続いては、
鈴木貴男プロにいただいた実機である。

IMG_1690
SRIXON REVO CX2,0 TOUR

もちろん鈴木プロスペシャル。
IMG_1695
スロート内側にネーム入り。
カッコいいな、これ。

ちなみにウエイトは390gだとか。
以前に打たせてもらったことがあるが、
トップライトに調整してあるので、
持ち重り感もなく、操作性はかなり良い。

ストリングはバボラのナチュラル。
VS TEAMだったかな。
IMG_1693
テンションは40ポンドくらいだと思う。

ゲージは1,30mm。
以前は1,40mmを使用していたが、規格が無くなって変更したそうだ。
ネットプレーヤーなので繊細なタッチを出すのに細ゲージかと思いきや、
むしろ太ゲージというのは意外だった。

フレームにウエイト等のチューンナップはない。
IMG_1692
つまり貴男仕様のワンオフモデルだから必要ないのだ。
うーん、トッププロは違うぜ。

ブリッジにはレザーパッド。
IMG_1691
ナチュラルだからのケアなのか。
プロ選手はレザーをかましているパターンが多い。

そして最大の特徴がグリップ。
IMG_1697
エンドをテーピングで太くしてある。

実はその昔、ワタクシも同様のチューンをしていたが、
流石にここまで太くはなかった。
IMG_1698
このテーピングの上からオーバーグリップを巻く。

基本的にグリップは他者には触らせないという話を聞いたことがある。
最近は研修会などで打たせてくれるが、その後のデモンストレーションでは
ミスショットをしたりとか、やはり違和感があるらしい。
かなり繊細な感覚をお持ちのようだ。

オーバーグリップの上にサインをすると、
日にちが経つと滲んでしまうという配慮から
今回は下地にサインをしてくれた。

IMG_1696

ギアにはかなりのコダワリのある鈴木プロ。
シューズも旧モデルのアディバリケード7を買いだめいたりと、
ベストパフォーマンスのためには妥協はないようだ。

この貴重な1本はレック興発本社に展示中。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
拝観料はいただきません。


カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, , 街歩き, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。