日別アーカイブ:

食事とか、黒星とか。

日本リーグの夜の食事。
IMG_2313
試合終了後は通常業務やら
あれこれ片付けなければいけない。

無理やりひと段落つけて食事。
お一人様で乾杯である。
遠征って案外忙しいね。

 

さて、やはり強かった。
エースの杉田選手は全豪オープンで不在とはいえ、
高橋選手、仁木選手を揃え、社員ペアのダブルスも強い。

日本リーグ・セカンドステージ2日目。
三菱電機さんとの対戦はここまで全勝同士の戦い。
リーグ1位抜けをかけた戦いになる。

リーグを何位で抜けるかで決勝のドローが決まる。
どこも強いとはいえ、上位で抜けた方がドロー的には良くなる。
一昨年、昨年と決勝初日で敗退していることもあり、
少しでも良い順位で予選を抜けたいところである。

シングルス2は、斉藤選手と仁木選手。
DSC_2246

DSC_2215

試合は互いに譲らずの展開。
ファーストセットはタイブレークに。
DSC_2295
わずかの差で落とす。

セカンドセット、取られて取り返しての同じ展開。
DSC_2436

またタイブレークに。
DSC_2307

そしてまた僅かの差で落とし敗退。
DSC_2405
試合が終わった瞬間、
仁木選手がコートに倒れこんだことからも、
厳しい戦いだったことがうかがわれた。
残念。

 

シングルス1は関口選手と高橋選手。

DSC_2584

DSC_2548

昨年の全日本選手権チャンピオンの高橋選手が攻め、
関口選手が守る展開。
DSC_2517

突破口が広がりそうになりながらも、取りきれない。
DSC_2485

ファーストセットを落とし、セカンドセットも劣勢。
互いのサービスブレークしつつも、
最後は高橋選手のサービスエース。

DSC_2747

シングルス2本を落とし、チームの負けが決まった。
DSC_2752

 

なんとか1勝をとダブルスに臨んだ竹島・中村ペア。
DSC_2779

DSC_2812

DSC_2825

もともと強い三菱電機ペアだが、チームの勢いもあるのか、
この日もどんどん押してくる。

DSC_2862 DSC_2863

厳しい流れを変えることができず、ストレートで敗退。
0-3でリーグ初黒星がついた。

DSC_5873
ほんの僅かな差だったような気もしたが、
そこが実は大きいような気もした。

とにかく負けは負け。
また立て直して、最後まで戦おう。
まだまだ勝負は続く。
頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。