資格とか、レンズとか。

2018japantennisleaguebanerー
テニス日本リーグ、いよいよ決勝!
応援よろしくお願いします!

 

文部大臣認定のテニス教師資格を持っていると
定期的にこの冊子が送られてくる。
IMG_0903
年末には手帳も入っていて、これを見ると
今回も更新できたんだなと思う。

この資格は日本プロテニス協会の資格と連動だけど、
年間を通じて、セミナーなどに参加して
更新に必要なポイントを獲得しなければ更新できないのだ。

とはいえ、ワタクシの場合、研修や協会活動には
けっこう参加しているので、ポイントは楽々クリア。
人にあげたいくらいである。

しかし資格更新てお金かかるよね。
たくさん持ってると何かと大変だ。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージが終わった。
ワタクシもスタッフとしてチームに帯同。
IMG_2203
試合中のほとんどは写真を撮っていた。

ホテルに選手を送り届けてからは、
写真の整理やら、昼間できなかった日常業務やら。

 

最終日、プロカメラマンのキタザワさんと並んで撮影。
キタザワさんは何かと声をかけてくださるカメラの師匠。

この日もセッティングを色々と教えてくれた。

「ここをこうすると、もっと明るく撮れるよ。
あと、絞りは開放にしないほうがシャープになるから」

アドバイス通りにセッティングしたら、
撮りやすいし、ハズレも少ない。
昨日までとは違った世界での撮影になった。
さすがプロである。

さらにはなんとレンズまで貸してくれた。

IMG_2419

「ダブルスまで使ってていいよ。
被写体を追うスピード全然違うから」

ホントだ。
DSC_3384 DSC_3261

動きの速い選手に的確にピントを合わせてくれる。
うーん、やっぱりレンズで違うんだなぁ。

いいなぁ、これ。
キタザワ師匠によれば20万円ちょっとくらい。
家族会議にかけてみるか。

荷物は増えるけど、いいものは良い。
IMG_2186
悩みどころである。


カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。