日別アーカイブ:

優勝!とか、4位とか。

2018japantennisleaguebanerー

 

たくさんの応援ありがとうございました!

 

Team RECがサポートする西郷幸奈プロが、
ITF Womens Circuit $15,000 Manacor (Mallorca) ダブルスで優勝。
27989885_1547151478713423_551641724_o

今年のスタートはスペインを拠点に練習、
ツアー参戦を組んだ西郷プロ。
その最初の大会で優勝とは幸先が良い。

毎週の報告やSNSでも、良い練習ができているようだし、
ステップアップにつなげて欲しい。
引き続きがんばれ。

 

さて、日本リーグ・決勝トーナメント最終日。
前日の準決勝で敗退したTeam RECは3位決定戦を
同業他社のノアインドアステージさんと戦った。

以前ならテニススクール事業者が日本リーグのベスト4に
2社というのもなかったことかもしれない。
女子リーグにもテニスユニバースさんがいるし、
そういう意味では少しまた変わってきたのかも。

テニスを普及したいワタクシたちにとっては、
これもひとつのあり方だと思っている。

ということで、同業対決である。

DSC_1831

この日、Team RECはオーダーを変えた。
前日、発熱で体調最悪の関口周一選手を下げ、
斉藤貴史選手をシングルス1に。

ダブルスは社員コーチペアで行こうと腹を決め、
佐藤一平選手・井原力選手に。
リキ、ようやく出番だ。

シングルス2は竹島駿朗選手ではなく、
中村祐樹選手にという布陣。

色々な思いがありつつ、このオーダーで戦うことに決めた。
それぞれが思いに応えて、全力で戦うのみである。

 

シングルス2 中村祐樹選手 vs 渡邉聖太選手
DSC_1847

ファーストステージではシングルス1で活躍したユウキに
さらにひと皮むけて欲しいとの思いでの起用。
楽な戦いはないけど、死ぬ気でがんばれ。

DSC_2037

DSC_2055

最初は互いに空回りっぽい出だしだったが、
徐々にがっぷり四つの展開になった。
あ、別にユウキの体型がそう言わせているのではない、決して。

DSC_1963

DSC_2033

DSC_1988

ファーストセットを取り、セカンドセットを落とし、
勝負はファイナルセットへ。

DSC_2060

DSC_2247

DSC_2156
譲らない、譲っちゃいけない。
これからのユウキの選手生活のためにも
この試合で出し切って欲しい。
がんばれ。

結果は、中村 6-2, 4-6, 4-6 渡邉で負けだった。
これで厳しくなったけど、ユウキが何かを掴んでくれれば
チームとしてもうれしい。
おつかれ!

 

そして、頼れる男がシングルス1になって登場である。
DSC_6195

DSC_2430

DSC_2396
実はノアさんもシングルス1の吉備選手が
前日の試合で手首の痛みでリタイヤ。
いつもはシングルス2の大西賢選手がシングルス1で登場。
なんと予選リーグと同じ顔合わせとなった。

予選リーグではタカシが勝っているが、
大西選手は前日の三菱電機戦では仁木選手を破っている。

朝の練習を見ていた関口選手が、
「これまで見た中でいちばんいい状態の賢だと思う」
と言うほど充実した感じ。

案の定、どちらも譲らず、ハイレベルなボールの応酬が続く。
DSC_2457

DSC_2495

打てばカウンター、狙えば切り返しと目が離せない。
いやいや、すごいな、このしばきあい。
DSC_2704

DSC_2746

最後はタカシが振り切って、7-6 (7-3), 7-5で勝利。
DSC_2758

DSC_6211
本当に素晴らしい試合だった。
二人のツアーでの活躍に期待したい。

 

これで1勝1敗のタイ。
いよいよ、コーチペアの登場である。

佐藤一平/ 井原力 vs 吉備雄也/ 華谷宗
DSC_6215

前日、手首を痛めた吉備選手は大事をとってダブルスに回った。
痛めているとはいえ、グランドスラムの予選に出た選手、
出来れば大事をとって休んで欲しかったけど・・。

あ、いやいや、冗談。
とにかく勝とう。
リキ、イッペイ、思い切りいけよ。

序盤からイッペイのサービスが炸裂し、試合が始まった。
DSC_2885

DSC_2918

DSC_2964
すごくいいんじゃないだろうか。

相手もさすがの攻撃力で、
なかなかサービスゲームを崩せないが、
互角の展開でタイブレークに。

DSC_3058

ほんの僅かの差でファーストセットを落とすが、
セカンドセットにも期待が持てる展開。

セカンドセットは相手ペアが一気にギアを上げ攻めてきた。
DSC_3020 DSC_2973 DSC_2968
負けじとこちらもギアを上げ食い下がるが、
押し切られ、6-7 (7-9), 3-6 で敗退。
チームの負けも決まった。

しかし、良い戦いが出来た。
来年に向けて色々と見えたし、良かった。

DSC_6233
たくさんの応援にも勇気もいただいた。
ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。