日別アーカイブ:

狙い?とか、関口モデルとか。

カラオケボックスらしい。
IMG_3449
看板の文字は昭和テイスト。
建物も古い感じ。
狙いなのか、本当に古いのか、よく分からない。
駅からもそれなりに距離があるし、人来るのかな。

 

さて、ラケットである。
IMG_3387

HEAD PRESTIGE S
IMG_3388
だが、本当はPRESTIGE Sではない。

実はこれ、関口周一プロのラケット。
IMG_3389

市販品のPRESTIGEはつや消し塗装だが、
関口プロのラケットはグロス(つや出し)塗装。
IMG_3393

HEADさんは契約プロのラケットをオーストリアで
リクエストに応じてつくってくれる。

そして、選手のワンオフのモデルはほぼすべてがグロス塗装だ。
加えて、モデル名はPRESTIGE Sか、PRESTIGE PROの2種類。
たしかチリッチはPROだったような気が。

ということで関口モデル。
バンパーは激しいプレーのためにかなりすり減っている。
IMG_3392
竹島プロのラケットもそうだが、プロ選手のラケットの消耗は激しい。
1年で何本入れ替えるのだろう。

ストリングはハイブリッド。
IMG_3395
メインはBabolat TONIC+、クロスはHEAD HAWKだ。(たしか)

テンションは50lbs。
IMG_3394

ステンシルインクがポツポツと・・
IMG_3391
この辺は無頓着なのか。

グリップはドライタイプのトーナグリップを愛用。
IMG_3401
グリップ形状はHEADの扁平タイプではなく、かなり丸い。
Princeに近い感じかな。
長年HEADのワタクシには違和感バリバリだった。

グリップエンドも市販のものと違う。
IMG_3400
市販品のエンドのロゴはプレートだが、
選手のエンドロゴはシール。

丸く少し凹んでいるのがわかるだろうか。
ここからシリコンを入れたりしてウエイトやバランスを調整するとか。

関口モデルは少しトップライト。
非常に取り回しがしやすい。

これまでにも様々なラケットをテストして来たようだが、
やはり関口プロのPRESTIGEへの信頼は高い。
ラケットは選手にとって、侍の刀のようなもの。
「(PRESTIGEなら)間違いないっす」と言わしめる信頼感は
プレーにも絶対的な好影響なのだろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。