トミカとか、故障・怪我とか。

中央道・談合坂SA。

トミカのイベントみたいなものをやっていた。
IMG_3630

トミカってスターウォーズシリーズもあるのね。
IMG_3632

しばし張り付く。
IMG_3626

CARSシリーズ。
IMG_3627
このあたりはひと通り持ってる。

あ、ドクは持ってないな。
IMG_3628

ミニカーって楽しい。
でもきっとキリがなくなる。
それなりで抑えなきゃね。

でもドクは買おう。
という感じでどんどん増えていくのだ。

ちなみにディスプレイの中心にあったクルマ。
IMG_3631

ナンバーが、「多美 140 10-31」とシャレがきいている。
欲しいな、このクルマ。

 

さて、ジュニアテニスは冬から春のトーナメントシーズンへ。

我が家の15歳児も春の大会に向けて練習中。
来週は大事な大会という時に、学校から妻に電話。

「体育の授業で怪我をしました。
応急処置はしましたが、病院に連れていってください」
とのこと。

バスケットボールで友達と接触したらしい。
友達の膝が15歳児の膝に思い切り当たったとか。
ちなみに友達はなんともないらしく、それは良かった。

夜、患部を見るとかなり腫れ上がっている。
IMG_3623
以前もバスケットボールで試合前に指骨折したよね。
懲りないっていうか、バスケと相性悪いんじゃないか。

「またバスケか。歩けてないし、来週の試合は厳しいか」

「いや大丈夫です。ほら。明日は練習に行けるかも」

いや無理でしょ。
医者に動くなって言われてるし。

まあ、怪我は仕方がない。
とにかく大事にすること。
試合はガマンかな。

と思ったら、驚異的な回復力なのか執念なのか、
それなりに動けるようになって間に合った。
(でも、練習はじゅうぶんには出来ていない)

 

数日後、今度は手首が痛いらしい。
しばらく前から症状はあったようで、
自分から言ってくるくらいだから、それなりに重傷っぽい。

病院に行くも、「しばらくテニスはしないこと」と予想通りの診断。
もちろん納得出来ない15歳児。

ワタクシの身近でも手首の故障者はたくさん見て来たし、
皆、苦労しているから、無理はさせたくないので、
「とにかく痛みが引くまで休むこと」を厳命。

後日、コーチに相談したところ、通っている整骨院を紹介された。
なんでもコーチがジュニアの頃に教わったコーチが開業しているらしい。

さすがテニスに詳しい先生だけあって、試合があることも考慮しつつのアドバイス。
そしてケアの方法まで詳しく教えてくれた。

現在は、練習後にアイシング。
そして肩甲骨周りから手首にかけてのマッサージ(を親がする)。
IMG_3942
おかげさまで痛みは少しずつ引いているようだ。

やっぱり筋肉の成長と痛みは関連が強いらしい。
それにしても故障や痛みと戦いながらというのは
ジュニアもプロ選手もコーチも一緒なのだなぁ。

昔に比べたら、プレー(打ち方)も激しくなったし、
ラケットも格段に剛性が上がったってのもある気がする。

ラケット、ストリングのセッティングも、
硬いフレームにポリ一辺倒じゃなくて、
色々試した方がいいんじゃないかな。

15歳児にも、痛みが出た時用にマルチストリングを張り上げたものを
1本もたせているが、感触があまりに違いすぎてほとんど使うことはないらしい。
まあそりゃ、ポリとは違うわな。

高等部に上がって部活にも参加しているから打球数も増えている。
「部活はあまり激しくないので」と生意気なことを言っているが、
それでも身体的な負担が大きくなったのは事実。

とにかくどうにもならない状態にいかないところで頑張るしかない。
無理するなよ。


カテゴリー: オモチャ, テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。