日別アーカイブ:

表彰とか、勝った!とか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

FEDCUPプレーオフ2日目。
試合の前に表彰が執り行われた。

プレゼンターは、ITFの偉い方(名前忘れました。すみません)と福井プロ。
31318093_1654381004638736_6156485883924054016_o

表彰されたのは畠中君代さん。
31290703_1654381117972058_4027850897471045632_n
Fed Cup Commitment Award
ワールドグループで20試合以上出場、またはゾーンも含め、
国別対抗戦に40試合以上出場した選手が表彰されるものだそう。

素晴らしいことである。
31392330_1654381124638724_2310038509362085888_n
選手としての素晴らしい功績もさることながら、
現役時代を存じ上げないワタクシにとっては、
数々の名選手を育て上げた名コーチという印象も強い。

特に女子選手は占部奈美選手や小畑選手など、畠中さんに育てられた方も多く、
ワタクシたち的には「畠中先生」という呼び方がなんとなくしっくりくるのだが、
あらためて名選手であったことを思わせてくれた表彰だった。

おめでとうございました。

 

さて、そんなFEDCUPプレーオフ2日目の第2試合は、
奈良くるみ選手対ヘザーワトソン選手。

31390051_1656061641137339_8363872858140573696_o

31466637_1656061547804015_3565262656036143104_o

日本は前の試合で大坂選手が破れ、崖っぷちに追い込まれた。

そんな中、奈良くるみ選手には相当のプレッシャーがかかっていたはず。
そしてチーム最年長としてのリーダー的な責任感。
さらには、前日の試合で破れている悔しさなど、
様々な思いを背負っての試合だったのではないだろうか。

とにかく負けられない。
負けた瞬間にチームも負ける。
一歩も引けない状況だ。

そして攻める奈良選手。
31357806_1656061527804017_8499402264857804800_o

前に入り、叩く、攻める。
31381145_1656061844470652_8443111697626955776_o

昨日、コンタ選手に押し込まれていたのが嘘のような攻めの試合。
31384211_1656062167803953_270023313999265792_o

ワトソン選手も攻める。
31400883_1656061761137327_6271460247177527296_o

さらに攻める奈良選手。
31369411_1656062017803968_6015325839506276352_o

ファーストセットはタイブレーク。
奈良選手が序盤の劣勢を跳ね返し奪取。
31472521_1656061731137330_6540332247948460032_o

セカンドセットも奈良選手ペースながら、
途中、ワトソン選手が追いつく。
31398090_1656061627804007_1473446534426132480_o

しかしここからさらにギアを上げた奈良選手。
31301492_1656062181137285_2697851907044540416_o

31384140_1656062034470633_4128673287649624064_o

ガッツポーズ連発。
31482728_1656061751137328_3188369771049517056_o

31472521_1656061731137330_6540332247948460032_o

最後はワトソン選手を振り切った。
31384147_1656062207803949_5834923383279583232_n

素晴らしい試合だった。
31416693_1656062291137274_1068392519542243328_n

31402772_1656062304470606_6376081342655889408_n

崖っぷちの日本チームの風を完全に変えた。
ランキングだけではない中心的な存在感を示した。

31381217_1656062334470603_1602079357537353728_n

さすが奈良選手。
31369410_1656062421137261_1503504601054183424_o

これで勝負はダブルスへ。
すっかり時間も遅くなり、東京へ戻れるのかという不安もあるが、
こうなったら何時になってでも勝利を信じて付き合おうと思った応援団だった。

カテゴリー: テニス, フェドカップ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。