月別アーカイブ: 2018年5月

キーホルダーとか、処分とか。

Team RECキーホルダー。
IMG_5016
製品版ではなく、サンプルだけど。
どうでしょ?これ。
欲しい?

 

さて、絶賛断捨離中である。

まずは大量にTシャツを捨てた。

テニスウェアも捨てた。
昔のプロテニス協会のオフィシャルウェアも
シルエットがちょっとってことで捨てたものも多い。

その他、ポロシャツなんかも、歴史的な価値のあるもの以外は捨てた。

ところで、歴史的な価値って?

ナイキがテニスウェアに進出して最初に出した
マッケンローモデルのウォームアップとかポロシャツとか、
あとはグランドスラム会場で買ったTシャツとか。
自分的な歴史的価値だけど。
とはいえ、テニスウェア以上に場所を取るもの。
それは・・・釣り用ウェアだ。

外の遊びなので防寒具なんかは特に分厚くてかさばる。
思い起こせば、始めたのが90年代だから、
すっかり着なくなったウェアもシルエットが古い。

当時のバスフィッシングには定番だったこれ。
IMG_3751
もうすっかり着てない。
たぶんこれからも着ない。

でも、思い出のアイテムでもあるしと葛藤。

大会に出ていた頃のワッペン。
IMG_3753

乗っていたボートのブランド。
IMG_3752

背中にはボートのワッペン。
IMG_3754

もう1着あった。
IMG_3755

IMG_3757

パスプロ・沢村さんが経営する河口湖のショップのモデル。
IMG_3758

契約もしていないのにメーカーのワッペン。
IMG_3756

これももう着ないね。
写真だけ残せばいいかと、断腸の思いで処分。

ワッペンだけ残した。
IMG_3759
未練がましくてごめん。

それより今年釣りしてないぞ。
そっちの方が大問題だ。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バッグとか、張り上げとか。

HEADさんからお預かりしたブラックコスメのSPEED。
セットの中にはツアーケースも入っていた。
IMG_5120
最近はツアーケースを使うことはあまりない。
しかもとても爽やかなデザインで、
ワタクシには似合わなさそう。
シャラポワなんかが持ったら映えるんだろうね。

それにしても最近のツアーケースは軽くなった。
使いやすそうだ。

 

さて、そんなわけでブラックコスメのSPEED。
WebやSNSのあちこちで話題になっている。

日本で90セットって言ってたけど、
本当なのかなと思うくらい目にする。
まさにHEADさんの思惑通りって感じだ。

ということで、ようやく張り上げる時間が出来た。
IMG_5121

同梱されていたストリングは2種類。
IMG_5122
ポリとナイロン。

どっちにしようかな。
迷ったけど、結局ナイロンにした。
IMG_5123
最初はソフト目で試してみようってのと、
張り上げ時間が多少短くて済むからだ。

ストリンギング開始。
IMG_5124

張りやすいね・・・
って、ラケット、ストリング、どっちを褒めてるんだか。
IMG_5139

ラケットによっては、不具合ではないのだけど
微妙に張りづらいものがあるのも事実。
このラケットはとてもスムースだ。
ポイント高し。
IMG_5126

最後のノットは横糸で留めてみた。
IMG_5127
いつもは縦糸で留めるのだが、今回はあえて横糸。
ちょっと理由があってなんだけど、
分かる人には分かるでいいかな。

ちなみにノットはリチャードパーネルノット。
Team REC標準のノットのひとつである。

完成。
IMG_5128
とても精悍なフォルム。
ラケットってこういう佇まい、大事だよね。
さてと試打しますか。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

通勤とか、スニーカーとか。

日経新聞より。

「政府は3月から通勤時のウオーキングなどで健康づくりを促すスニーカー通勤を推奨し、
民間企業にも導入を呼びかけている。「FUN+WALK PROJECT」と銘打ち、
1日あたり8000歩のウオーキングを推奨している。」

これに伴い、百貨店でも通勤スニーカーコーナーを拡充させているそうだ。
クールビズで上(服)も軽くなっているし、その方が自然な気がする。

ちなみにワタクシの1日の平均歩数は2万歩くらい。
多い時にはランニングを含め3万歩に達する。

とにかく歩く、走るはオススメだ。
皆で健康生活を。
あ、熱中症にはご注意を。

 

さて、頼んでいたものが届いた。
IMG_3547

なんてモデルかは忘れた。
IMG_3543
Amazonでとても安かった。
ポイントを使ったので現金は払っていないと思う。

とにかくブラック系のシンプルなものを選んだ。
IMG_3544

ソールも黒だ。
IMG_3546

前述の政府呼びかけの通勤時のウォーキング推奨に習い、
というかそれ以前から通勤ウォーキングしているので
クールビズに合わせてより歩きやすいシューズをとの目論見である。

家族からは、「また靴買ったの」という非難オーラ。
テニスシューズは買ってるけど、
スニーカーは久しぶりだと思うんだけど。

靴箱を見てみた。
IMG_3552

IMG_3553
それなりの広さの靴箱。
家族4人で共用だが、5分の3はワタクシが占拠していた。
ゴメン。

カテゴリー: トレーニング, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

男子決勝とか、女子決勝とか。

日曜日、電車を乗り継ぎ、柏へ。

北柏駅から歩く。
IMG_5095
4km弱の道のり。
晴天でカラッとしていて気持ちが良い。

目的地に到着。
32932579_1977064272623965_3908591088864067584_n
吉田記念テニス研修センター。

ここで、全国選抜ジュニア選手権大会が開催されているのだ。
32974757_1977064249290634_5535982655771770880_n
Team RECからは阿出川選手と石井選手の2名が出場。

なかなか観に来れなかったのだが、
前日、石井さやか選手の決勝進出の報告を受け、
応援に来てみたというわけ。

この大会は世界大会出場の選考会も兼ねている重要な大会。
12歳以下、14歳以下それぞれ32ドローという狭き門。
32948293_1977064289290630_6358820238460452864_n
そこにチームから2名出場というのもすごい。
阿出川選手はベスト16で惜しくも敗退だったが、
石井選手は堂々の決勝進出。
素晴らしい。

しかしいつ来ても素晴らしいクラブである。
IMG_5108

テニスの空気というか何と言うか、海外のクラブみたいだ。
32911919_1977064355957290_1012373200970973184_n
海外のクラブはそれほど行ったことはないけど。

まずは男子決勝から。
IMG_5109

すごいな。
今の14歳以下ってこんなレベルなのね。
IMG_5110
男子決勝はフルセットの戦いの末、
第1シードのジョーンズ選手が優勝。
どちらも素晴らしいプレーだった。
おめでとう。

 

さて、続いていよいよ女子決勝。
33097328_1977063645957361_8617753297039654912_n
宮様が観戦に来られているので、ロイヤルボックスに一礼。

石井選手と対戦するのは虫賀選手。
33059035_1977063665957359_4009457390788280320_n
全国大会では何度も当たっている組み合わせ。
全日本ジュニアでは石井選手が勝っている。

しかしこのレベルは実力が拮抗。
その日の調子でどちらに転ぶかわからない。

試合開始。
32927715_1977063759290683_1719179476199276544_n

33038947_1977063829290676_9021293615124578304_n
序盤、いまひとつ調子の上がらない感じの石井選手。

対する虫賀選手はスタートからフルパワー。
33020178_1977063912624001_105410166869983232_n
何とファーストセットは6-1で虫賀選手。

セカンドセット、一気に突き放しにかかる虫賀選手に
何とか食らいつく石井選手。
32926055_1977063735957352_3337142477495730176_n

32921376_1977064009290658_8214649364811874304_n

ようやくエンジンがかかったか、ガッツポーズも出始めた。
32984767_1977064065957319_7111472446305206272_n

劣勢から、4-4に追いつく。
32983951_1977063979290661_1822028562660589568_n

33085450_1977064185957307_6292713506294726656_n

しかしまたサービスをブレークされる。
33146701_1977063899290669_394414298559938560_n
そしてセカンドセットは4-6。

うーん残念ながら準優勝。
33061426_1977064205957305_7923019994491781120_n

しかしカテゴリをあげての年でこの成績は素晴らしい。
プレー自体も進化しているようだが、
一方で課題も山積みなように見えた。
つまりは伸び代がたくさんあるってことだ。

ここからまだまだ試合は続く。
33035546_1977064342623958_5899962755942711296_n
きっともっともっと素晴らしいプレーができるはず。
頑張れ!

一平コーチもお疲れ様でした!

カテゴリー: Team REC, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ミーティングとか、クルマとか。

某日、スタッフミーティング。
IMG_3904

前半は経営陣からのお話。
後半はグループワーク形式で意見交換を実施。

もっと良いスクールにするためには、
どうすればもっと働きやすい職場になるか。
IMG_3905

予想していた以上に、仲間のこと会社のことについてたくさんの意見が出た。
もっと良いスクール、良い会社にしていきましょう。
ありがとう。
一緒に頑張ろう。

 

さて、 Google Photoで昔の写真を見ていたら、
お台場のトヨタMEGA WEBのヒストリーガレージの写真が出てきた。

ここはトヨタ車だけでなく、
様々な時代の多種多様なクルマが展示してあって、
とにかく飽きないお気に入りの場所。
そういえば最近行ってないな。

FIAT500
DSC_3851
やっぱりフィアットといえばこれだよね。

初めて見たのは「ルパン三世・カリオストロの城」。
ルパン達が乗るスーパーチャージャー付きのFIAT500は
とても可愛くて、とてもカッコよかった。

まあ、あんなボディにスーパーチャージャー乗せたら壊れるわな。
もしかしてシャーシも強化してあったのかも。

乗ったことはないけど、一度は乗ってみたいクルマだ。

 

ferrari Dino
fdino
カッコいいとかじゃなくて、美しい。
何とも言えない曲線がセクシーだ。

折れそうなシフトレバーもいい味出してる。
DSC_3881
たぶん一生縁のないクルマ。

 

TOYOTA 2000GT
DSC_3847

日本車で一番美しいと言えばこれでしょ。
DSC_3849

今、日本に何台あるんだろう。
DSC_3850
走っているのは一度だけ見たことがあるような、無いような。
現実世界ではまず遭遇しないクルマ。
しかしカッコいいな。

 

SUBARU360
DSC_3854

日本の大衆車といえばこれ。
DSC_3853

我が家の初めてのクルマがこのSUBARU360。
何となくの記憶すらないが、
この後に乗り換えたSUBARU R2は記憶がある。

ボディの大きさもそれほど変わらなかったと思うが、
それに家族4人で乗ってたんだよなぁ。
すごい時代だな昭和40年代。

SUBARU360はキレイにレストアして乗ってる人をたまに見る。
大事に乗り続けて欲しい、昭和の名車だ。

こんな時代があるかと思えば、先週の日経新聞には
自動運転に対する保険の適用指針についての記事が載っていた。

昭和の頃は、クルマが自動で走るなんて、
宇宙服が普段着くらいの未来の話だと思ってたよね。
恐ろしい時代になったものだ。

カテゴリー: クルマ, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なにこれとか、研修会とか。

某所にて遭遇。
IMG_4986
はじめて見た。
いちおう原付バイクらしい。
ナンバーついてるし。

タンク部。
IMG_4988

エンジン。
IMG_4987
ん?日本製?

乗ってみたい。

 

さて、某日はTeam RECスタッフ研修会。

講師は鈴木貴男プロ。
IMG_4401

遠征から帰国中の関口プロも参加してくれた。
IMG_4379

今回のテーマはボールコントロール。
IMG_4387
ラリーの中でいかにボールを思ったように運ぶか。
どんな意図を持って狙いを決めるかなど。
コーチとしてのラリー技術の基本を再確認していく。

鈴木プロの絶品デモに釘付け。
IMG_4390

関口プロもたくさんのアドバイスをくれた。
IMG_4402

最後に鈴木プロ使用ウェアをプレゼント。
IMG_4407

何とも贅沢な研修会。
この日に得たことはしっかりレッスンに活かしましょう。
IMG_4375

鈴木プロ、関口プロ、ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, 仕事, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

畳とか、反省会とか。

某所にて。
IMG_3998
畳屋さんね。
駅から少し路地に入った商店街にあった。

畳って、減ってるんだろうね。
我が家も畳ないし。

でも、ちょっとした小上がりに畳は憧れ。
少しでも畳スペースがあると落ち着くよね。

ちなみに実家にはそういうスペースがある。
IMG_1754
薪ストーブの後ろのスペースに琉球畳の小上がり。
お気に入りのスペースである。

実家、帰ってないなぁ。

 

さて、東京実業団春季リーグ最終戦は立川だった。
朝は2kmほどの道を歩いて行ったが、
帰りは誰も歩こうとはせずタクシー。

IMG_4486

立川って都会なんだね。
駅前から立飛までの開発っぷりがすごい。
千葉からはメッチャ遠いけど。

で、まだ日は高いけど、リーグ戦も全勝してフィニッシュだし、
喉も渇いたし、打ち上げようってことに。

駅前にこんな店が。
IMG_4487

即決で階段を降りていくボスとDRKさん。
IMG_4488

店内は昭和な世界観。
IMG_4495

おじさんかも若い女性もみんないい感じでほろ酔い。
IMG_4489

値段はまあ普通。
IMG_4490

ハムカツ。
IMG_4492

何やらのハイボール。
IMG_4493

そして反省会なのに反省していないヒラタコーチ。
IMG_4494
隣はひたすら飲んで食べるマチダコーチ。
まあ、全勝だから良しとしよう。

明るいうちから結構酔っ払った。
侮れないな、立川。

帰りは中央線快速で東京駅へ。

目が覚めたら、豊田行きの新宿駅だった。
どうして逆方向?
時空が歪んでいるのか?
(寝過ごして折り返しただけです)

ああ、びっくりした。
そんな実業団春季リーグ最終戦。

秋は3部。
楽じゃないのは分かっている。
秋も全力で頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 仲間, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

炭酸とか、YONEX VCORE PRO97インプレとか。

ここ数年、すっかり甘いものを飲まなくなった。
チューハイ系も甘いからあまり飲まない。

普段はブラックコーヒーか炭酸水がほとんど。
水分はほとんどこの2種類で補給している。(ホントか?)

最近は炭酸の種類が増えた。
このところ目にするのが強炭酸。
IMG_3928
レモン味がちょっと甘く感じる。

ハイボールをつくる時はレモン炭酸使うけど
そのまま飲むには素の炭酸がいいかな。

そういう意味ではこれはウマかった。
IMG_3981
味のない炭酸のどうしてドライ(辛口)になるのか分からないけど、
たしかにドライだった。(なにが?)

 

さて、ラケットインプレッション。
IMG_3287

 

YONEX VCORE PRO97
yvcp97

■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:G:310g LG:290g
■バランス:G:310 mm LG:325mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:20.0mm
■グリップサイズ:G2 / G3 / LG1 / LG2 / LG3
■ストリングパターン:16×19
■価格:35,000円(税抜き)

 

ヨネックスがVCOREシリーズをさらに強化。

選手の使用率が高く、引っ叩き系のイメージが強いVCOREシリーズ。
実際にそういう系統のモデルだし、ワタクシはそこまで打たないしと
あまり気にしていなかったのだが、今回のモデルのルックスにも惹かれ手にしてみた。

いいよね、このデザイン。
IMG_3290
渋いカラーリングがいかにもツアーモデル。
独特のデザインはマグマをイメージしたとか。

フレーム厚は21mmのフラットとかなりハードめ。
IMG_3294
個人的にはフラットビームは好みだが、
さすがに21mmはここ最近では使ったことが無いような。
ちゃんと飛ぶのかな。

試打ラケットに張ってあったストリングは
新製品のPOLYTOUR STRIKE。(だと思う)
IMG_3293
フェイスはヨネックスらしくバランスが取れている。
好きな人はずっとヨネックスで買い換えるんだよね。
この傾向は他ブランドに比べて顕著。

今回のモデルにはNamd(エヌアムド)なるカーボン素材が使用されていて、
ねじれに強く、打球時の復元力がさらに強くなったとか。
IMG_3288

ということで、「腕壊れないかな」と思いつつ試打。

おっ!けっこう飛ぶね。
しかも引っかかりも良い。

思ったよりもかなり扱いやすい印象。
21mmビームとは思えないくらいにボールが出て行く。

極端なしなりを感じないのは、Namdの恩恵なのだろうか。
ハードすぎず、しかしダルさもなく、気持ちよくボールが出て行く。
とてもバランスのとれた味付けだと思う。

フレームが薄いので振り抜きも良い。
310gのほうを打ったのだが、実際のウエイトにくらべ
体感的には10gくらいマイナスかも。

オフセンターに外しても、ビビリや飛ばない感が少ないのも
フレーム剛性のご利益なのかも。
おそるべし、Namd。

ミスヒットの許容が広いのはとても有り難いが、
センターでヒットした時の抜け感も心地よい。

 

いちばん感じたのはスピン系の引っかかりの良さ。

新製品ストリングの性能なのかもしれないが、
とにかくしっかり引っかかるので、
イメージ通りの回転がかかる。(ような気がする)

ボールが速く離れすぎないこと、かといって粘りすぎないために、
絶妙の引っかかり感が実現されているんじゃないかと思う。

このラケット。たぶん「ボール潰し系」なんだろうけど、
潰さなくてもスピンがこれだけかけられるのはウレシい。
好きだなこの感触。

 

引っかかりが良いということはサービスにも好影響。
フレーム形状ならではの振り抜きの良さと相まって
トップスライス系やスピン系はグイッと曲がって、ズコン!と落ちる。

振れば振るほどに入るっていうか、ボールがコントロールされる感じ。
やっぱり振り切ってこそのVCORE PROなのかも。

 

ボレーは普通(に良い)。
というか、あまりネットプレーしなかった。ゴメン。
感じたのは、切るイメージじゃなくて、
フラットスライスに押し出した方がいいかも。

 

とにかくこのVCORE PRO97、ツアーモデルなのに使いやすいのがスゴい。

長丁場の試合で最後まで大丈夫かと言われると、ワタクシはわからないけど、
ボックスフレームで常に「飛ばさなきゃ感」を持ちながら打つのとは明らかに違う。
新素材の恩恵を受けつつ、攻撃的なプレーを実現できるラケットじゃないだろうか。

確実に進化、いやけっこう劇的な進化を実現したVCORE PR0。
当然、VCOREユーザーの買い替えにおすすめだが、
ツアー系モデルでもう少しフレームパワーの恩恵や
キレが欲しくなった方にもおすすめじゃないだろうか。

 

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

OB OG会とか、新製品ストリングとか。

レック興発・スタッフOB/OG会のfacebookグループが立ち上がった。
recobog01
レック興発OB・OG会

元スタッフの皆さんの交流の場になればと思って開設したのだが、
開設2日でメンバーが400名を超えた。

まあ、45年の歴史を持つスクールだから卒業生も多い。
テニスコートや試合会場でも元スタッフさんという方に会うことも多いしね。

テニスメーカーさんにもOB/OGがいて、
レック興発の担当をしてくれていたりもする。
若手だとワタクシがコーチテストを担当した方も。

もっと昔のOBだと議員さんとか。
とにかく幅広い。

このfacebookグループ、基本的に非公開の承認制なのだけど、
たくさんの卒業生の方々に集まってもらえたらうれしい。

様子を見て、何かイベントや交流会をしましょう。
お楽しみに!

 

さて、某日。
早朝から高輪テニスセンターでテニス。
IMG_3973

たまに呼んでいただける定例テニスである。
今回、メンバーが揃わなかったらしく、お声がかかった。

メンバーはテニス界のとても偉い方。
普通ならばワタクシなどは会話をすることなどないだろう。

そんなお方とダブルスを組ませていただいた。
「7割動いてね」と言われれば、「わかりました」以外に答えはない。

もうお幾つなのだろう。
80歳は超えられたと聞いた。

さすがに全面走るのはという感じだが、追いつけばちゃんと返球される。
思い切りの良いショットでストレートアタック。
見事に抜いて笑顔でガッツポーズ。
プレーを楽しんでおられる姿はスポーツの本質が感じられる。

錦織圭をはじめ。数々の選手をサポート、輩出されたのは
テニスへの愛情を持っておられるからなのだろうと。
お会いするたびに思う。

そんなテニスで使ったラケットがこちら。
IMG_3974

ラケットは型落ちのHEAD RADICALだが、ストリングはひと味違う。

実は今月から取り扱いを始めた新製品。
その名も「TECRELAX(テックリラックス)」。

ゴーセンの名品、テックガットの名を配したストリングは、
テックの「ソフト&ホールド」の感触をより突き詰めたモデル。

テックガット特有の極細繊維のマルチフィラメントに
スパイラルをミックスし、より振動吸収性を高めた。

ゲージは1.25mmと細め。
ハードヒットする男性プレーヤーだとすぐに切れてしまうかもしれないが、
タッチを追求したい女性プレーヤーにはジャストフィットだと思う。

女性プレーヤーでも数ヶ月で切れるかもしれないが、そこがミソ。
女性プレーヤーはストリングを切ることがとても少ない。
それだけに張り替え時期がわかりにくい。
このストリングはフィーリングを維持しつつ、あるところで切れる。(可能性が高い)
だから張り替え時期がわかりやすいのだ。

自らのプレーでストリングが切れるのもテニスの醍醐味。
男女問わずのエントリープレーヤーや女性層にもそれを味わってほしい。

カラーは4タイプ。
IMG_4700
ブルー・ピンク・イエロー・ブラック。
すべてにキラキラなスパイラルが入っている。

実はこのストリング、カタログに載っているプロパー商品ではなく、
このコンセプトのためにつくられたセミオーダー品。
テニスショップさんや他のテニススクールさんでの取り扱いはほぼない。

そのため各色限定数の販売。
完売の場合は次のキャンペーンまでお待ちいただくことになる。

「タッチ&ソフト」が欲しい方、ぜひこの機会にお試しくださいなのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スタンドとか、最終戦とか。

EVカーの充電スタンド。
IMG_4085
兵庫の農協駐車場にあった。

まだまだ見ることの少ないインフラだけど、
これがあちこちで見られるようになったら、
EVカーも本格普及に入るのかな。

ちなみにEVカーの雄テスラは今期すごい赤字だそうだ。
EV普及のブレーキにならなきゃいいけど。

EVのランドクルーザーが出たら買います。
って、たぶんメッチャ高いだろな。

 

さて、東京実業団春季リーグ。

我らがレック興発は今期で4部リーグまで昇格。
さすがに厳しい戦いも増えてきた。

相手が強いのに加え、今季はメンバーを揃えるのにひと苦労。
普通の企業さんとは違って、週末は忙しい商売だから仕方ないとはいえ、
毎試合、メンバーが揃うのかという危機的状況だったりする。

前回、今回もその例に漏れず、なんとワタクシが出場かという事態に。
まあ、出てもいいけど、4部っすよねぇ。
50過ぎのおじさんには少々ハードルが・・・ねぇ。
半年前から予告してくれれば準備もするけど。(出るのか?)

そんなわけで、今回は過去に例のないギリギリの4人でのトライ。
ここまで全勝だから、なんとかこれも勝って、
プレーオフ無しで3部昇格を決めたいところだ。

実はプレーオフの日程がテニスキャンプと重なっていて、
メンバーを揃えるのが超厳しいのだ。
とにかく勝って自動昇格がマストな最終戦なのだ。

試合は立川ルーデンステニスクラブ。
対戦相手は農林中金さん。
メンバーにはレックOBもいたりして、強豪っぽい雰囲気も。

試合開始。

ダブルス1 町田コーチ・平田コーチ
31641347_1965303490466710_1552781766033842172_n

いろんな意味で百戦錬磨の平田コーチが町田コーチを引っ張る。
30857077_1965303293800063_6855692480598650866_o

31444952_1965303853800007_4271375620631202742_n

多少暴れた感もあるが、6-2 6-1で勝利。
31016848_1965303813800011_280481881299277126_o

まずは1勝。
よかった。

 

ダブルス2は、奥田コーチ・山本コーチ。
31486192_1965303700466689_6827899837232408743_n
こちらも思い切りの良いプレーがはまって、6-0 6-3。

よかった。
これで王手である。
シングルスでひとつ勝てば自動昇格だ。

 

まずはシングルス3 山本コーチ。
30822566_1965303667133359_753725864871814707_o

30425464_1965303953799997_317721687321336858_o
対戦相手の変則&根性粘りに苦労する。

突き放したいが、喰らいつかれて離せない。
一進一退の状況ながらリード。
しかし楽じゃない。

なんとか、6-4 6-4で勝利!
チームの勝利が決まった。
ああ、よかった。

 

隣のコートに目をやると、シングルス2の町田コーチが暴れている。
30171834_1965304267133299_3232174674096940377_o
ドカドカ打ちまくってファーストセットを4-6で落とす。
おいおい大丈夫か?
なぜそんなに打つ?

セカンドセット、徐々にボールが落ち着いてきた。
31503408_1965304163799976_337963803386543534_n
相手の足が痙気味ってこともあって、6-0 6-0。
なんじゃ、このスコア。

町田コーチによれば、
「ファーストセットはウォーミングアップです」
とのこと。
ウソだと思う。

 

そしてシングルス1は頼れる男、奥田コーチ。
30424892_1965303680466691_2244417457572641254_o

こちらは思い切りの良いショットでエースを量産。
30171669_1965304357133290_6320779095198415008_o

6-1 6-1で全勝で締めてくれた。
30813824_1965304277133298_5574270487538262138_o

よかった。
これで4部リーグは全勝。
というか、1試合も落とすことなく完勝で1位抜けだ。

Team REC、素晴らしい!
31543364_1965304433799949_6513605858258263890_n

さあ、秋は3部。
現在の日本リーグチームも3部あたりから様々な洗礼を受けた。
色んな意味で、どこも手練れな上位リーグ。
どこまでいけるかチャレンジだ。
頑張ろう!

あ、まずはビジネスパル関東大会だね。
これもしっかり勝って全国に行こう!

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。