準備とか、卒業とか。

いよいよ明日からフランス。
なのになんの準備もしていない。
こう見えて忙しいのよ。

とりあえず持って行っていいものを調べた。
どうやら一眼レフと望遠レンズは持ち込み禁止らしい。
昔は大丈夫だったけど、変わったのね。

実はカメラがいちばんの大荷物で、
機材次第でどんなパッキングをするかが決まるのだが、
持ち込めないとなれば、それはそれで割り切れる。

ということで、レックインドア上石神井からデジカメを借りた。
IMG_5174
小っさい!
バックパックでひいひい言いながら
望遠レンズ持ち歩くのとは大違い。
荷物も劇的に減った。

本当は一眼レフでバシバシ撮りたいけど、
まあ、身軽になったってことで。

あとは、ノートPCとクレジットカードでなんとかなるよね。
(ならないよっ!)

 

さて、斉藤貴史である。
27655441_1920636738266719_3595782043015623752_n

ガッツ溢れるプレーはTeam RECスタッフ、ファンの皆さんからも大人気。
DSC_2457

他のメンバー同様、背中のTeam RECがとても似合う男だ。
DSC_6211
実はその斉藤貴史プロが5月末をもってTeam RECを卒業する。
6月から新しい所属先でプロ活動をするのだ。

ワタクシたちTeam RECの選手サポートの主義主張は、
若手選手のステップアップに力を貸そうというもの。

ランキングが上がり、もっと良いスポンサーがつけば
それを受け、さらに良いプロ活動をすれば良いと思っている。
それがプロだから、引き止めることはしない。

菊池玄吾プロもそうだったし、それは喜ぶべきこと。
ステップを踏んでもっともっと大きくなって欲しいと思う。

斉藤プロ、いや貴史も一緒だ。
そして貴史は貴史なりに悩んだ。
Team RECを好きでいてくれるからこそ悩んだ。

FUTURESの会場でボスとワタクシに言いづらそうに
しかししっかり自分の意思と覚悟を持ってそれを話してくれた。
そしてワタクシたちTeam RECは、
「よかったじゃないか。受けるべきだ。頑張れ!」と言った。

貴史はいいヤツだ。
最初に会社に来た時、挨拶をした瞬間にそう思った。
そしてそれは当たっていた。

契約を結んだ途端に手首の手術をすることになり戦線離脱。
「いいよいいよ、とにかくしっかり治そう」と言ったが、
所属はしたものの1年間は試合をすることはなかった。

そして完治しかけた頃に「引退します」と突然の告白。
泣きながらそういう貴史に、
「まずオレたちに試合を見せてからだろ。地元に帰ってよく考えろ」
といったん帰らせた。

1ヶ月後、もう一度ツアーに戻ることを決めて
「もう一度やります。契約をお願いします」と涙。
そんなの最初からそのつもりだったけどね。

そしてツアー復帰、着々とランキングも上がって来た。

一本気で真面目で熱くて・・まあとにかくそういう男だ。
だからTeam RECを卒業してもみんなで応援する。
玄吾も貴史も縁が切れるんじゃなくて、Team RECのOBってことだ。

みんながんばれ!
どこで戦っていても、皆んなで応援するよ。
日本リーグであたったら敵だけど。(笑)

そんな貴史が挨拶に来てくれた。
IMG_5240

会議で集まっていた社員たちに涙の挨拶。
これはお宝映像なので非公開。

別撮りした挨拶がこちら。

 

パッチはついてないけど、
Team RECを忘れないでくれればそれでいい。

IMG_5242

とにかくがんばれ!
卒業おめでとう。
そしてありがとう!


カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。