マックスとか、傷とか。

ナイキショップ
IMG_4602
エアマックス、復刻してるのか。

今さらな気もするが、売れてるのか?
かく言う自分も今もエアマックス持ってる。
もったいなくてほとんど履いてないけど。

 

さて、某日夜。
仕事を終え、湾岸道路を千葉方面へ。

「今日も遅くなっちまったぜ」と思いながら運転。
まあでも、車だとお酒の付き合いがないから楽かも。
なんてことを思いながら走っていたら・・・

ビシッ!と、なにやら小さく鋭い衝撃と異音。
ああ、飛び石に当たっちゃったかもと思いつつ、
次の日の昼間にフロントウインドウを確認。

IMG_5088
(映りにくいので裏にクッションあてた)

ああ、やっぱり傷ついてる。
大きくはないけど、小さくもない。
ここから広がっていったらヤダなぁ。

調べてみたら、季節の温度変化で、小さな傷から
全体にダメージが広がる場合もあるらしい。
傷の場所によっては、車検を通りない場合もあるとか。
視界を妨げるってことなんだろうな。

とりあえず保険会社に相談することに。

「飛び石の破損は保険がおります。
次の等級も変わらないので修理した方がいいですよ」
と担当者。

ウインドウ交換も修理もそれなりお金がかかりそう。
保険で直るならそれに越したことはない。

後日、保険会社から電話。

「ウインドウ修理は保険がおりますが、次年度の等級は下がります」

「等級は変わらないと聞いたのですが」

「制度が改正になって等級が下がるのです」

「金額にしてどれくらい変わりますか_?」

「年間10万円くらいでしょうか」

話が違う!そして高い!
だったら保険なんか使わないで、自分で修理に出すわ。

担当者が電話くれた。
昨年から等級が下がるように変更になったのを忘れていたそうだ。
ちょっとがっかり。

で、ウインドウリペア業者を探してみる。
うーん、修理ってけっこう高いのね。

それにしても、どこの修理業者もHPに明確な金額を書かないのだろう。
競合対策なのかな。
利用者にとっては不便このうえない。

結局、自分で修理に出すも、保険で直して次年度等級をあげるも
どっちもどっちということに。
何にしても、万札が吹っ飛ぶわけだ。

どうしたものか。
こうなりゃ、自分で直すか。
それはそれで良い経験だけど。

はあ、またひとつ心配事が・・・。


カテゴリー: クルマ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。