限定とか、クイーンとか。

ダンロップさんからいただいた。
IMG_6356
ナダルのローランギャロ11タイトルのポスター。
カッコいいな。

こちらは記念モデルのPUREAERO FRENCH OPEN DECIMA
paudcm
レックテニススクールにも若干在庫あり。

こちらでも購入いただけます。
TENNISSHOP 09
限定モデルなので興味のある方はお早めにどうぞ。

 

さて、11月公開だそうだ。

ボヘミアンラプソディー

伝説のバンド、クイーンの映画だ。

小学校の3年生。
井上陽水、吉田拓郎に夢中になり、フォーク少年まっしぐら。

モーリスのギターを買ってもらった。
谷村新司がCMで「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」
って言ってたけど、スーパースターにはなれなかった。

小学校4年生の時、家にあったカセットテープをかけてみたら、
流れてきたのは、She Loves You。
一気にビートルズに傾く。

中学、Deep Purpleのライブ盤、Made in JAPANにノックアウトされ、
ハードロックを聴きまくる。
Scorpions、ZZ TOP、エレキギターって、なんてカッコいいんだろう。

そして、KISS、QUEENの登場だ。
Cheap Trickも出てきたな。

カッコつけて、PINKFLOYDとかCAMELとか、
ELPとか、Tangerine Dreamとか、プログレも聴いてた。

なんともカオスな音楽シーンだけど、
すごく楽しい時代だった。

当然、バンドやろうぜって話になる。
ギター買って、ベース買って、ドラムも無理やり買って。

・・・あ、アンプ買ってなかった。
無理やり、ラジカセにつないで音を出したら、
いい感じにディストーションがかかった。
って、ラジカセ壊れるわっ。

なんとかアンプを手に入れたが、
あんな大音量の楽器を鳴らす場所もない。
お金ないからスタジオもそうそう借りられない。

公民館の一室を借りて練習したっけ。
よく苦情来なかったな。

先輩が弾いてたストラト、どこのだったんだろう。
フェンダーのわけないよな。
グレコだったのかな。

コイケくんのレスポールは・・あれもグレコだったのかな。
ワタクシのテレキャスターは従兄弟から借りたトムソンだった。

集まってみんなでジャカジャカやってるだけで楽しかった。
600人のホールでライブやって、満員にはならなかったけど
それはそれで楽しかった。

でも、クイーンのコピーは無理だった。
あれは「聴くロック」だった。

でも、デビューアルバムからThe GAMEまでは追いかけた。
本当にすごいバンドだった。

そのクイーンを題材にした映画が公開になる。
Trailer観ただけで、あの頃に引き戻された。
そりゃ行くでしょ。

ご同輩、皆で行きませんか?

 


カテゴリー: テニス, テニス用品, 映画 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。