日別アーカイブ:

ツェッペリンとか、視察とか。

どこだったっけ?
千駄ヶ谷付近だったかな。
IMG_4539
カレーファクトリー・移民の歌

店主がツェッペリン好きなのか?
一度行ってみたい。
もう場所憶えてないけど。

 

さて、こちらは千駄ヶ谷ではなくパリ。
パリではちゃんと仕事してたアピールその2。

スポーツクラブだけでなく、スポーツショップも見て回った。

ここは、パリ・サンジェルマンの施設近くのスポーツショップ。
IMG_5679
GO SPORTSというらしい。
英語の店名なのね。

入り口にはサン=ジェルマンのロゴと
壁全面に選手の写真があった。
IMG_5680
さすがお膝元。

店のつくりは中規模の量販店という感じ。
IMG_5681
スポーツ全般を扱っている。

入り口近くはサッカー用品、特にレプリカウェアが多かった。
たぶんサン=ジェルマンのユニフォームだと思うのだが、
サッカーに詳しくないので、たぶんである。
申し訳ない。

あとはランニング系が多かった。
やはり世界的にランニングはメジャー種目なのね。

シューズコーナー。
IMG_5682
とにかくアシックスが多い。
続いてナイキ。

この傾向は他の店でも同じだった。
東京オリンピックに向けての世界戦略の成果なのか。

実はお店にはミズノは多くなかったのだが、
ローランギャロの会場内ではミズノのシューズ、ウェアの選手がたくさんいた。

あとで知ったのだが、ミズノ用具使用契約選手は世界で300人もいるらしい。
やはり、2020年に向けてワールドワイドに強化してるのね。

ラケットスポーツコーナー。
IMG_5683
ブランド構成は日本とあまり変わらない。

違うのは、ほとんどがストリングが張ってあること。
海外はストラングでの販売が普通だそうだ。

店頭のラケットのフェイス面にある丸い広告も
日本だとゴム紐でグロメットを渡して留めてあるが、
海外はストリングにプラスチックパーツでパチンと留めてある。

買ったらすぐに持ち帰って使いたいのか。
いつ張ったか分からないようなストリングで良いのかな。
いや、よくないでしょ。
日本の売り方が良い気がした。

あ、そうそう。
どこの店にもパデルのコーナーがあった。
海外ではかなり浸透している競技なのかも。

実は他にもショップを見て回った。
もっと大きな量販店も見たのだが、
とにかくPB(オリジナル商品)が多かった。

ウェア、バックパック等々、オリジナルブランドを安価で売っていた。
簡易なバックパックなんか、5ユーロと千円以下だ。
やはり、ユニクロみたいにSPA(製造小売業)化しないと
利益は確保できないのかな。

ストリンギングの価格は仕上がり時間で違っていた。

即張りは20ユーロと結構高め。
6時間後、明日仕上がりなど、
仕上がりまでの時間が長いと安くなる仕組みだった。
店内のマシンは、うーん大丈夫かなって感じだったけど。

ということで、仕事してましたアピールその2である。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, , 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。