月別アーカイブ: 2018年8月

姿勢とか、PCとか。

くつろぐ二匹。
IMG_6639
Cooさんは前足後ろ足をしまって休む。
コッペパンみたい。

Cocoさんは、後ろ右足をピョコッと出す。
骨つき唐揚げみたいだ。

それにしても無防備。
犬ってこんななのかな。

 

さて、しばらく前のこと。

ノートPCが壊れた。
IMG_6335

起動時にBIOS画面になり復旧しなかったり、
無理やり復旧させたりを繰り返していたが、
とうとうここから一歩も動かなくなった。

外出が多いので、やっぱりモバイルPCは必須。
IMG_5905
各種確認のためにMacbook Proも1台あるが、
Windows機も無いと不便なことも多い。

修理に出すつもりであることをボスに伝えると、
「それ、随分使ったよね。新しいの買ったほうがいいんじゃない」
とありがたいお言葉。

それではと購入検討に。

実はこのノートPC、とても軽い。
IMG_7126
このスペックで1kg切っているのは驚異的。
その分、ボディが樹脂系で、カバンの中で押された時などは
若干不安だったりするんだけど。

PCでバッグの重量はかなり変わるので、
少しでも軽いほうが良い。

MacbookProより重いのは問題外ってことで、
いちおう計測してみた。
IMG_6364

1,6kgかぁ。
IMG_6365
Macっ軽いってイメージ戦略だけど、実際はけっこう重いよね。
ホントはボディも金属っぽいのがいいんだけど重いしなぁ。

あと譲れないのはキーボードのピッチ。

このノートPC、キーピッチが微妙に狭いので、
ミスタッチの確率がすごく高いのだ。
ミスタッチは作業スピード直結だし、
なにより再入力の山はストレスが溜まりすぎる。

理想はMacBookのキーピッチだ。
ようは、手持ちのデバイスのキーピッチは
すべて揃えておくべしってこと。

最後にこだわりたいのはタッチパッド。
感度が安定せずカーソルが暴れるのはNG。
ザラついているのもダメ。
ヌメッと滑らかに動くのが理想だ。

簡単に言うと、操作系はMacに近いものが良いのだ。

重さはカタログで分かるが、キータッチやタッチパッドの感触は
実機を触ってみないと分からない。
基本、ネットショップが楽で良いと思っているのだが、
こればかりは作業効率直結なので、妥協なしで行きたい。

「カタログであたりをつける〜ヨドバシカメラで実機触る」
そんな感じでの絞り込みが始まったのだった。

ちなみにボスからは「ちゃんとした良いヤツを買うように」との指示。
価格を見てスペックに躊躇しないで済むのはありがたい。
感謝である。

カテゴリー: PC, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

工事とか、優勝!とか。

久しぶりに降り立った国際展示場駅、
有明テニスの森は全面工事中。
IMG_7108

周囲をぐるりと白いフェンスが囲んでいる。
IMG_7107

どんなふうに生まれ変わるか、とても楽しみ。
オリンピックのチケットは・・手に入らないだろうなぁ。
そもそも購入方法も知らないし。

テニス関係のコネを全力で駆使しても無理だよね。
皆が何らかの方法をと思うだろうし、
ワタクシ程度のつながりではとてもとても。

少しでも雰囲気が味わえればいいけど。

さて、そんな工事中の有明。
わずかに残ったBコート。
IMG_7091
わずかって言っても10面もある。
でもそれがわずかに感じられるほど
有明テニスの森は巨大だったということだ。

そんな有明で、
DUNLOP/SRIXON社会人テニス選手権・男子ダブルスAクラス
準決勝〜決勝が行われた。

今年はTeam RECから、奥田コーチと細川コーチが出場。
昨年、一昨年と単複タイトルを獲っているTeam REC。
当然、タイトルを途切れさせるわけにはいかない。
そんなプレッシャーの中の準決勝だ。

メッチャ暑い中、試合開始。

DSC_9552

二人ともいい感じに仕上がっている。
DSC_9528

途中、集中が途切れかけそうになった場面もあるが、
しっかり締めて立て直し。
DSC_9620

DSC_9699

無事に決勝進出を決めた。
DSC_9731
っつうか、細川コーチ、顔つくらなくていいから。

これに勝てば連続タイトルの決勝戦。
DSC_9758

さすがに決勝進出ペアは強かったが、
何とかリードしつつの展開に。
DSC_9932

コンビネーションも落ち着いて来て、安定した戦いぶり。
DSC_9927

そして勝利!
DSC_9946
優勝である。

よかった。
実は細川コーチ、前週の北海道での試合で人生初のリタイヤを経験。
帰京後、練習はせずに回復に専念していたそうで、
ちょっと不安だったのだが、何とか体調も戻ったようでひと安心。

とにかく優勝おめでとう!
DSC_9979

試合後は応援に来てくださった皆様とのフォトセッション。
IMG_7105
この暑い中、皆さん本当にありがとうございます。

まずはダブルスタイトル、そして次はシングルスだ。
シングルスは奥田コーチがベスト4に勝ち残っている。
頑張ろうぜ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

水分補給とか、セミナーとか。

あまりの暑さに身の危険を感じる今日この頃。
とにかく水分をってことで、色んなものを飲む。
IMG_6896
年に数えるほども飲まない炭酸飲料も。
うーん、身体に悪い感じ満々だぜ。
やっぱり水分&ミネラルがいいのかな。

 

さて、7月。

レックインドアテニススクール上石神井を会場に
日本プロテニス協会のセミナーが開催された。

IMG_6655

講師は亜細亜大学テニス部監督の堀内昌一氏。

ご自身のプレーの経験のみならず、
数々の選手を育てた経験からのノウハウを
余すことなく伝えてくださった。

堀内さんは選手育成に特化してこられたと思っていたのだが、
一般プレーヤーへの導入方法や考え方など、とても幅が広く
ワタクシたちにもそのまま受け入れられることも多数あった。

特に様々な道具を使用し、コツや感覚をつかむ練習は
非常に興味深く、早速取り入れてみようと思うものだった。
IMG_6935

ホース投げ。
IMG_6934

サービスの打ち出しの感覚をつかむ練習。
IMG_6932

今度、社内研修に来ていただけないかお聞きしたところ、
「日程さえ合えばぜひ!」とのお返事もいただいたので、
さっそく段取りをしようと思う。

残念だったのは、せっかく良いセミナーなのに
参加者が若干少なかったこと。

発信方法と声かけを工夫してもう少し活性化したいな。
良いものはどんどん拡大しましょう。

ワタクシも東京地区の地区長として
もっと動かなければと思う。
各県地区長ともさらに連携し盛り上げたい。

最後に地区会という名目の懇親会があるのだが、
あまりに参加者が少なく、Team RECの打ち上げみたいになってしまった。

このままだと、スタッフがロビーで打ち上げをしているみたいに見えるので、
急遽、「JPTA地区会」の看板を出した。
IMG_6938

次回はこういうことをしないで良いくらいの人数でやりましょう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

公園とか、NSXとか。

近所の公園。
IMG_6642
いつの間にやら何か設置されていた。

気象観測装置かな。
IMG_6643
一応、囲いはしてあるけど、普通にポンと置いてあるのね。
安い機器じゃなかろうにちょっと心配になる。

 

さて、某所にて遭遇。

HNDA NSX
IMG_4521

IMG_4520

IMG_4519

初期型かな。
何にしてもキレイだ。

1990年販売開始のクルマなのに、
よくこんなコンディションを保ってるなぁ。

BBSのホイルもナイスな雰囲気。
IMG_4522

バブルの象徴的なこのクルマ、
販売価格は800万円のワンプライス。
外車じゃないのにスゲー高い!って思ったっけ。

当然、庶民には縁のないクルマ・・・と思っていたけど、
実は当時、NSXを運転したことがあった。

ある方がこのクルマを持っていて、
食事に誘われ待っているとNSXでお迎えに。

「運転して」と言われ、運転席へ。

行きがけにガソリンを入れようとスタンドに寄ったら、
店員さんのテンションがマックスになって、皆で窓を拭きに来た。

そして運手席のワタクシを見て、
「なんでこんな若造が」って顔をしていたのを覚えている。
実際、当時のワタクシは2サイクルエンジンのジムニー乗ってたし、
それが普通の反応だ。

首都高に入り、東京方面へ。
やっぱり速かった。
踏めば踏むほどスピードがって感じ。
安定性も高く、路面に吸い付くような感覚。

そして着いたのは赤坂のクラブ。
ショーなどを見ながら、食事をした。

貧乏な若造テニスコーチにはあまり現実感のない経験だった。

クルマだからお酒も飲まずだったのも
今となっては不思議な感じだ。
当時はあまり飲んで無かったのね、きっと。

とにかく、なんとも90年代的な夜だった。

そんな思い出のNSX。
30年くらい前になるんだね。
歳とったぜ。

カテゴリー: クルマ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝ランとか、楽譜とか。

朝ラン
IMG_6710
時間がないときは町の周りを1周、5kmくらい。
時間があるときは海沿いコース、10kmを走る。

暑いね。
朝なのに日差しが痛いし、とにかく汗がすごい。
IMG_6709
ここ数日はあまりの暑さに途中からウォーキングだ。

確実に日本の気候は変わっている。
この先どうなるのだろう。

 

さて、そんなわけでマイファースト・フォークギターを爪弾いてみたのだが、
引っ張り出した楽譜も初めて買ったもの。

IMG_4817
ニューフォークって・・・ね。

昭和50年初版だから、1970年かぁ。
IMG_4818
買ったのは’74年くらいだと思うんだけど。

冒頭はピックの持ち方から。
IMG_4820

掲載曲は・・
IMG_4821
これは弾かなかったけど。

スリーフィンガーとか懐かしい。
IMG_4824
山本コータローが新しく結成したグループ「ウイークエンド」だって。

続いて取り出したのがこちら。
IMG_4825

IMG_4827

IMG_4831
どちらかと言えば陽水派だったのだけど、
譜面は拓郎ばかり残っている。
歴史に残るイントロの2曲。
IMG_4833

IMG_4829
イントロ、手書きしてあるし。

こんな落書きも。
IMG_4823

学校のカバンに貼ってある
VANジャケットのステッカーの図だと思う。
懐かしいな。

それにしても物持ち良すぎだろ。

カテゴリー: ギター, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

東京とか、卒業とか。

東京駅。

京葉線から中央線快速のホームは端から端だ。
「遠いよねぇ」と電車で一緒になった友人に言ったら、
地下街を通ると近いし人は少ないと教えてくれた。

IMG_6652
ホントだ。

人が多いのは修学旅行生の待機場所くらい。
IMG_6653
今も修学旅行で東京ってあるのね。

ちなみにワタクシ、中学の修学旅行は東京〜箱根だった。
高校は京都ね。

どこで何したか、まったく憶えていない。
あ、福島には売っていないテニスウェア買ったな。
全然京都土産じゃないね。

 

さて、この度、中村祐樹プロがTeam RECを卒業することになった。

新たな道を模索するということでチームを離れる。
1年間という在籍期間だったが、日本リーグでも執念のプレーで
予選リーグ勝ち上がりの立役者となってくれた。
24958663_1886924871637906_3672355579287252215_o

27912758_1921313701532356_6101388479348457886_o

24883490_1886924958304564_5592624151172559175_o
極寒のビーンズドームだったけど燃えたね。

ボロボロのシューズを買いに神戸元町まで行ったりもした。
プロなのに・・・ね。(苦笑)

決勝トーナメントも頑張った。
26840795_1908308619499531_7537872219940128394_o

26904642_1908308806166179_8176874283152887880_n
皆で勝ち取ったベスト4だった。(写真は予選の横浜だけど)

REC FESTAにも参加。
31487323_1969649366698789_4263800552283963392_n
クリニック、エキシビションと活躍してくれた。

あっという間だったけど、チームには欠かせない存在だったと思う。

この先、どのような活動をするのかはわからないが、
Team REC卒業生として応援していくつもりだ。

ユウキ、まだまだキミには可能性がたくさんある。
自分に厳しく、他人に優しくの精神で頑張って欲しい。
また会おう!頑張れよ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

3輪とか、インソールとか。

移動中に見かけた3輪バイク。
IMG_6873
調べてみたら200万円とかするのね。

3輪の乗り物だとヘルメッットの着用義務はないようなことも書いてあったけど、
ヘルメットなしじゃ怖いな。
それにしても暑そうだ。

 

さて、16歳児である。

毎日テニスの練習をしている彼は、
ワタクシが買ったテニスシューズを
すごい勢いで消費している。

最近のシューズはずいぶんと耐久性もあがったはずだが、
彼の手に(足に?)かかると、かなりのペースで壊れていく。
おかげで各モデルの耐久性がよくわかる。

先日、16歳児のシューズを見てみる。
IMG_6388
前回のキャンペーンで購入したSRIXONである。

ソールは減り、アッパーもかなりへたっている
やっぱり母指球内側はすぐに穴があく。
各社、ここは強化しているのだけど限界もあるようだ。

そしてなぜか彼はやたらと紐を切る。
どんだけ強く締めているのだろう。

インソールを見る。
IMG_6390
母指球部分の穴も彼の定番だ。
インソールってそんなに減ったっけ?

ということで、替えのインソールを入れてあげた。
IMG_6393
SRIXONのシューズには替えのインソールが付属している。

ヘタったらということではなく、ソフト目とハード目の2タイプ。
上のハードタイプは樹脂部分が多く反発が強いのだ。

実際試してみたら、かなり感触が違うらしく、
「足が疲れる感じがする」とのこと。
これまでのがヘタリすぎゆえのフィット感があったのか。
しかしこちらの方が確実にパフォーマンスには好影響のはず。

インソールを替えてはみたものの、
結局は2週間も持たずに終了、お役御免になった。

うーん、1ヶ月は持たないのか。
厳しいね、お財布に。
とりあえずワタクシとサイズが一緒でよかったよ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。