月別アーカイブ: 2018年10月

AUDIとか、ゴルフリニューアルとか。

AUDI A7(かな?)
IMG_5079
この手のクルマにはあまり興味がないのでよくわからない。

ただただゴージャスさにため息。
IMG_5078
シフトノブはあまり今風じゃないのね。

どういう人が乗るのかな。
IMG_5080
ちょいワルなエグティブな方だろうか。

某テニスブランド「H」の社長さんとか似合うそうだなぁ。
いかがですか?
で、近所のよしみで乗せてください。

 

さて、某日のレックゴルフスクール水道橋
IMG_8504
床を剥がして悪戦苦闘の三浦プロ。

この日は、スイング解析システムの入れ替え工事をした。
システム自体はメーカーさんがやってくれるのだが、
床下の配線はワタクシたちでやらなければいけないというわけ。

IMG_8508

オープン以来に開いた床。
多少の造作を加えながら何とか組み上げていく。

新しいカメラも設置された。
IMG_8506

IMG_8510
このカメラ、1秒間に120コマの撮影が可能。
これまでのシステムから数段のスペックアップで、
スイング中のシャフトやフェイスがくっきり映る。

加えて、シュミレーターのプロジェクターもリニューアル。
IMG_8543
館内が明るくてもくっきりと画面が映る。

極め付けはスイング動画配信システム。
サービスにお申し込みいただくと、
自分のスイング動画スマフォで見られる。

レッスンの帰りや通勤途中にもチェックが出来る仕組みだ。
さらにパワーアップしたレックゴルフスクール水道橋はJR水道橋駅から徒歩1分。
会社帰りにも気軽に立ち寄れる場所なので、一度遊びにきてくださいなのだ。

カテゴリー: クルマ, ゴルフ, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

いい店とか、ストリングとか。

ネオインドアテニススクール西新井付近で。 IMG_9102
辛つけ麺である。 辛味が選べるってことで中辛にした。

IMG_9100
辛いは辛いが、辛味の中にコクとほんのり甘み。
出てきた時に器が焼いてあってグツグツいっているのもナイス。

ラーメン系は食後に背徳感があるが気に入った。
また来よう。

連れて行ってくれたのはこの方。 IMG_9103
ソトヤマコーチ、ありがとうございました。
さて、休日。 ストリングマシンに向かう。 IMG_8875
提案いただいた試打ストリングの張り上げ。
次の日、スタッフ皆で試打をする予定なのだ。

午前中つぶれちゃったぜ、ふう。 IMG_8876

それにしても色んな味付けのストリングがあるなぁ。
最近はポリストリングが多いけど、ナイロン系もすごく進化している。

それに負けじとポリもさらに進化。
単構造でも工夫する余地はたくさんあるってことがすごい。
昨今流行りの柔らかめのポリはユーザー層を確実に広げたと思う。

確かに少しの変化でも打ってみると明確に違いが出るし、
やっぱりボールと直接触れるストリングはとてもデリケート。

実は少し前、あるメーカーさんからストリング試打を依頼された。

IMG_7060
ストリングは目隠し、ブランド・機種がわからないようになっている。
基準の1本が決まっていて、他の5機種を比較評価するというもの。

続いて、ツアー系とオーバーサイズ系でフレームを変えて
同じストリング・同じテンションで試打をするとあら不思議。
見事に感触が変わり、評価順も違ってくるのだ。

さらには、フレーム2パターンに振動留めをつける、
つけないの2パターンを追加。
するとまた新たな特性が見えて、評価順が変わる。

ワタクシは基本、振動留めをつける派だが、
振動留めでここまでストリングの顔が変わるのはあらたな発見だった。
これからはフレーム、ストリングを変えるときは、
振動留め有無の両方を試してみようと思った。

ちなみに、しばらく試打をして、目隠しの基準ストリングを
「これって、もしかして◯◯◯130じゃないですか?」と聞いてみた。
「あ、バレましたか。実はそうなんです」とのこと。

やっぱし。
ちょっと嬉しいドンピシャだった。

ということで、自身のベストセッティングを見つけるには
それなりに試してみないとわからないだろうなと実感。
フレーム、ストリング素材・構造、振動留め、
季節、体調などなど ・・キリがないぜ。

スクールのコーチ、ショップのストリンガーさんと
よく相談して あれこれ試してみることをオススメします。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つぶつぶとか、肉フェスとか。

クールビズ期間、愛用していたリュック。
IMG_6620

先日、TUMIのブリーフケースを併用しようと中身を入れ替えていた。

PCを入れるポケットに手を突っ込むと何やら違和感。
IMG_6627
底に仁丹みたいなツブツブがたくさん。
IMG_6715-1
なんだこれ?

最後に破れた袋が・・
IMG_6714
シリカゲル(乾燥剤)だった。

最初に入っていたものをそのままで使ってしまってたらしい。
粉々になってはいなかったので被害は少なかったけど。
新しいカバンを使うときは注意だな。(普通だよ)

 

さて、某日はちょっと立川へ。
IMG_9221

広大な公園を使ってこんなイベントが。
IMG_9211
最近、巷で話題の肉フェスだそうだ。

会場内にはたくさんの肉料理のブースが。
IMG_9212
さすがいい肉、まあまあ高い。

平日だったから何もやっていなかったがステージも。
IMG_9213
週末はこの会場がいっぱいになるのだそうだ。

で、目的は。。
IMG_9207
会場内のスポーツゾーンに設置されたテニスコーナー。

ミニテニスを楽しんでいただきながら、
勝負に勝つとプレゼントありのコーナー。
IMG_9215

IMG_9219

ここでTeam RECスタッフもちょっとお手伝させていただいた。
IMG_9214
レックテニススクール府中のオカノコ-チ。

週末はかなりの人にテニスを楽しんでいただけたようだ。
フェス&テニス、いい組み合わせかもしれない。
色んな場所、色んな機会にテニスを紹介していけたらいいな。
ご依頼いただけば、Team RECスタッフが伺います。
よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, ステーショナリー, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、叔父とか。

某所にて。
IMG_9108
VESPAだ。
適度にやれていい感じ。
リアのキャリアも雰囲気が出ている。

VESPA P125X
IMG_9109
探偵物語で工藤ちゃん(松田優作)が乗ってたのは、P150Xだったかな。
やっぱりVESPAっていいね。
もう一度だけバイク乗りたいなぁ。

 

さて、こんなワタクシにも親もいるし、親戚もいる。
ほとんど付き合いないけど。

よくある話だが、親戚の中にひとりくらいは豪快にはみ出した人がいたりする。
母の弟、つまりワタクシの叔父もそんな人だ。

子供の頃から無茶をし、牛乳配達のアルバイトでは
仲間に配達する牛乳を振舞ってしまったり、
とにかく型破りだったとか。

大学では山岳部に所属し、世界の山を登って来た。
卒業してからも総監督として山岳部を仕切っていた。

実は大学受験の時、叔父の大学に連れていかれた。
山岳部の部室に向かうと学ランの強面のお兄さんたちが
直立で並び、モーゼの十戒よろしく道をつくっている。

次々に「押忍!」と挨拶する学ランロードを
叔父と一緒に進み、部室へ。

「お茶失礼します!押忍!」

お茶でこんなにビビったのは初めてだ。

そして叔父。

「お前ら、こいつ来年ここに入れるからよろしくな」

ひときわ大きな「押忍!わかりました!」

いや、こんなバリバリのところには入らないから。

体育会は入らずにテニスサークルに入って、
女の子たちと楽しく遊ぶって決めてるし。
何が悲しくて、学ランとか、辛そうな山登りしなきゃいけないのだ。

思い描いていたバラ色の学生生活に
思い切り暗雲が立ち込めた悪夢の部室だった。

って、なんで叔父さん、オレの大学決めてるんだろう?

結局その大学に入ることは回避できたけど、
あそこで押し切られていたら、また違った人生だったんだろうな。

学生時代は、テニスコーチのアルバイトと、
叔父が経営する飲食店でのアルバイトで毎日が過ぎていった。

横浜の叔父の店が終わると皆で夜の街に繰り出して遊んだ。
叔父にも野毛あたりでよく飲ませてもらった。

伊勢佐木町のオカマバーにも連れて行ってもらったっけ。
叔父さん、おかまのケンケンとどうしてあんなに仲良しだったんだろう。

二人でバイクでツーリングにも行った。
ちなみに叔父が本当にバイク免許を持っていたのかは知らない。
たぶん持ってたんだろうけど、そういうことを超越しているような人だった。

夜中にもよく呼び出された。
「おお、起きてるか。今から飯食いに来い」

千葉から三浦半島の突端まで100kmの道を走った。
怖いとかそういうことじゃなくて、
叔父が「来い」と言ってくれることが嬉しかった。

とにかくあらゆることが豪快だった叔父にすごくお世話になった。
母親も叔父を信頼していて、「この子は預けるから鍛えてやってくれ」って感じだった。

ある時、叔父が言った。

「お前はひ弱だ。大地震が来たらたぶん最初に死ぬ。
泥水すすっても生きていけるようになれ」

「どういうこと?」

「インドに行け。1年放浪して来い」

「インド_?」

「1年インドを放浪すれば少しは強くなるだろう」

「学校が・・」

「休学しろ。お袋(母)もそれでいいってよ」

「どうやって行くの?インド」

「おれが漁船を紹介してやる」

さすがにビビった。
母親もそれでいいって・・・なんつう親だ。

でもそれは無理だ。
しばらく横浜に近づかず、その話を葬った。

とにもかくにも豪快を絵に描いたような叔父。
もう何年も会っていないが、人生の師匠であり憧れの存在だ。

しばらく前、叔父が体調を崩したと聞いた。
叔父らしく、誰にも会わないと言っているとも。
会いたいが、連絡をしたら怒られそうだ。

会いたい人に会えない、近くにいたい人のそばにいられない。
それでも自分から突っ込んで行くべきか。
難しい。

カテゴリー: バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

被害とか、来日とか。

先日の台風はひどかった。

あちこちで枝が飛び、木が倒れた。
IMG_8930
近所の並木道もこの通り。
ゲガ人は出なかったのだろうか。

レックインドアテニススクール上石神井の看板もこの通り。
IMG_8933
金属プレートが曲がってしまう風って・・。

レックテニススクール府中も甚大な被害を被った。
金曜日ようやく営業再開。
ご心配をおかけしました。

我が家のクルマも恐ろしくきたなくなった。
というか、多分塩だね、これ。
海沿いだし。
IMG_9064

滅多に出さない洗車に。
IMG_9067

IMG_9069
ピカピカで気持ちが良い。

「塩がこびりついてるからスチーム洗浄の方が良いですよ」
とスタンドの店員さん。
3,000円オーバー。
高いぜ。

 

さて、小学校の時、家にあったカセットテープのケースを何気なく開いてみた。
「かぐや姫」とか「アリス」とかフォーク系のタイトルが書いてあった。
拓郎、陽水に夢中のフォーク少年だったが、何も書いていないテープがあったので
なんとなくかけてみた。

出てきた音楽は、She loves youだったか、Ticket to rideだったか。
今となってはよく覚えていないが、ビートルズだった。
フォーク少年、洋楽との出会いである。

それから小遣いはビートルズのレコードに消えていった。
最初に買ったのは、Yesterday and Today。
Drive my car〜 I’m only Sleeping 〜 Nowhere Man・・。
夢中で聞き倒した。

すでに彼らは解散していて新譜を聴くことは出来なかったけど、
時代時代で驚きの変貌を見せる彼らのサウンドは何を聴いても新鮮だった。

数年後、ジョンが殺害され、再結成の希望はなくなり、
ビートルズは伝説のままに聞き続けるしかなかった。

ビートルズで誰が好きかといえば、やっぱりジョンだ。
ジョンの生い立ちから様々な想いがつまったアルバム「ジョンの魂」は名盤だ。
一度で良いから生のジョンを見てみたかった。

ジョージもいなくなった今、もうビートルズは見られない。
唯一、ビートルズとしてみられるのはポールとリンゴだけになった。

そのポールが2015年、2017年と来日した。
忙しいし、高いしでライブを観ることは叶わなかった。
ポールもいい年だし、もう観られないだろうなと思っていたら
なんと今年も来日するらしい。

好きなベテランミュージシャンに限っては、
もう二度と観られないかもしれないと思い、
ライブにいくことにしている。

ジョージハリソン、エリッククラプトン、ビリージョエルとか。
クラプトンもビリーも生きてるけど。

ポールももういい歳だし、もう観られないかもなぁと思う。
さらには自分の年齢も考えるとお互いにその確率は・・ね。

でも、チケット高いよ、ポール。
うーん、厳しいなぁ。

と思っていたら、妻からプレゼント。
IMG_9139
「行っておいでよ。もう観られないかもしれないし」
どっちの意味で?

感謝。
ありがたく行かせてもらうことに。

出来れば東京ドームじゃなくて、
両国国技館が良かったがそれは贅沢だ。

ビートルスを初めて聴いたあの日から
数十年、ようやくビートルズに会える。
楽しみだ。
体調整えなきゃ。

カテゴリー: クルマ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ちょい飲みとか、怪我したとか。

「一杯だけいきましょう」とはこの男の常套句。
IMG_9111
一杯だけで済んだことはない。
あれやこれやと話し込んで、日本酒に突入。

うーん、ロックなオレたち。
シェキナベイベー!

日高屋って安いね。
気に入った。

 

さて、ある日。
学校に行っている16歳児から連絡。

怪我をしたらしい。
バスケットボールだか何かで、ふくらはぎを思い切りぶつけたとか。

とりあえず帰って来るように言うも、
自転車にも乗れないくらい痛いという。

本人、「とりあえず病院に行きたい」と言う。

週末だし、病院もやってるかどうか分からない。
一晩様子をみてから受診すればと言うも
「いや、今日診てもらいたい」と言い張る。

ははぁ、明日の練習試合に出たいんだなと気づく。
明日の部活は他校との練習試合。
それに出場したいから、今日中に病院に行ってしまえとの作戦らしい。

今日行こうが明日行こうが、それほど結果は変わらないが、
受診結果で打撲程度で大したことがないとなれば、
無理をしてでも試合をするつもりなのだろう。

そうまでして試合したいのか。
そもそもそんな状態で試合に出たら仲間にも悪いだろうに。

学校に迎えにいく。
IMG_8561
自転車を引いて、足を引き摺る16歳児。

病院に行きたいと言い張るので、妻が連れていくことに。
ワタクシは自転車を受け取って自宅へ。

受診結果は骨には異常なしの打撲。
大したことがなくてよかった。

それにしても彼はよく怪我をする。
原因はいつもハンドボールとかバスケットボールとか、
友人と遊んでいてのことばかり。

しかもなぜか試合前が多い。
以前は指の骨にヒビを入れて3大会くらいを棒に振った。
今回は練習試合だからまだ良いが、もう少し大事にして欲しいぞ。

思えば、スポンジボールで始めたテニス。
ジュニアもあと2年でおしまいだ。
早いなぁ。(しみじみ)

最近はほとんど関わってあげられないけど、
限りあるジュニア期間を楽しんで欲しい。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、テスターとか。

ずっと気になっているバイクのひとつ。
IMG_6908
HONDA ZOOMER

いじりようで色んな顔になりそうなバイク。
ミリタリー風、サーファー風とか。
写真のこれもいい感じだなぁ。

ああ、楽しそうだ。
欲しい。
誰かいらないZOOMERありませんか?

 

さて某日、都内某所へ向う予定が、
朝からいたるところで電車がストップ。

海沿いの京葉線がストップ。
陸側の京成線も人身事故だか架線事故だかでストップ。
総武線もかなりの遅延との情報。

千葉から都内方向への路線がほぼ壊滅。
マジか。
遅れるわけにはいかない用事なので、かなり焦る。

かくなるうえは車も考えたが、きっとこの影響でひどい渋滞のはず。
仕方がない、遅延でも動いている総武線にかけることに。

運良く電車が来た。
途中止まったりもしながら、なんとか目的の駅へ。

ということで、この日のお役目。
IMG_9047
日本プロテニス協会のプロテストのテスターとしてお呼びがかかったのだ。

プロテスト・テスターはいつも緊張する。
職業的な資格の付与を判定するのだから、その責任は重い。
受験生が緊張しているのは当然だけど、実はテスターも緊張するのだ。

皆さんにはとにかく最高のパフォーマンスで高得点を取ってほしい。
出来てないものを出来ているとは判定できないし、
判定に迷いが出ないほどの結果が一番ありがたい。

互いに緊張の時間を過ごし、なんとかお役目終了。
ふう、とりあえず今年のノルマは果たしたかなぁ。

終了後、テスター仲間で打ち上げ。
IMG_9051

おしぼりが有料ってめずらしい店。
IMG_9049
たしかに安いけど。

ひとりは先に帰ってしまったが、この日のメンバー。
IMG_9054
久しぶりに色々話したけど、皆それぞれの場所で
苦労はありつつもとても頑張っている。

さすがに若手と言える歳じゃなくなったけど、
これからのテニス業界を支えていく中堅たちだ。

皆に元気をもらって帰宅の途へ。
IMG_9056
まだ電車止まってた・・・。
自宅とは逆方向は動いているようなので、
とりあえず迂回で帰宅。

もらった元気を半分ほど使ってしまったけど、楽しい夜だった。
また、会いましょう。

カテゴリー: テニス, バイク, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

飯とか、Spotifyとか。

某日の昼食。
IMG_9110
移動途中の西武線の駅ホーム。
乗り換えの3分待ちの間に終了。
うーん、ちょっと寂しい。

 

さて、新しいアプリを入れてみた。

IMG_9153
Spotify

音楽ストリーミングサービスである。
4000万以上の配信曲があり、しかも無料版もあるってことでトライ。

アプリをインストールし、メールアドレスを登録。
必要最低限の情報を入れてアカウント作成完了。
とても簡単である。

取り合えずあれこれいじってみる。
IMG_9154
好きなアーティストを選ぶと色々提案してくれるらしい。

プレイリストがあった。
IMG_9156
80年代ミュージックをチョイス。

あとは勝手に曲が流れてくる。

カモン・アイリーン、懐かしい!
IMG_9155

カルチャークラブも居酒屋でよく流れてた。
IMG_9157

Every Breath You Take
IMG_9158
ベストヒットUSAを思い出すなぁ。

すごいな、これ。

別のプレイリストを試す。

ユーミンがあった。
IMG_9160
流線型80、懐かしい!

パールピアス
IMG_9159
別れる彼氏の部屋にそっとピアスを置いていくような女とは
付き合いたくないけど・・・。

現在、Time Machineツアーで全国を回っているユーミン。
時代を超えてやっぱりすごい存在だ。
歌は上手くないけど。

最後にこれ。
IMG_9162
よくディスコでかかってた。
そんなに通ったわけじゃないけど。

80年代って誰も彼もが浮かれてとんでもない時代だったけど、
音楽はこの頃がいいなぁ。
なんてことを思ったりしたSpotify。

それにしてもこれがタダってすごいな。
有料のプレミアムプランだと広告が入らないとか、
曲順がシャッフルではなく指定できるとか機能があるらしいけど、
とりあえずこれでじゅうぶんだな。

まだ仕組みがよくわかっていないけど、
自宅のwi-fi環境ではまったく不自由なし。
外で立ち上げてみたら、ブツブツと止まって上手くいかなかった。
データ通信、どれくらい使うんだろうね。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

行列とか、BabolaT PUREAEROインプレとか。

早朝ウォーキングの明治通り。
IMG_9092
すごい行列。

先頭は・・
IMG_9093
シューズショップらしい。
ナイキの何かが発売になるのかな。

転売屋もたくさん並んでいるんだろうね。
あれはダメだと思うよ、ホント。

 

さて、今年は黄色なのか?

HEAD EXTREMEに先駆けて発売になった黄色いラケットがこれ。
IMG_8022
やっぱり黄色はコート映えするね。

BabolaT PUREAERO
IMG_8016

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:23-261mm
■ウエイト:300g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:1・2・3・4
■価格:34,000円

ピュアドライブと並ぶバボラの2枚看板、
ナダルの片腕、言わずと知れたPUREAEROである。

いわゆる黄金スペックのこのモデル。
ピュアドライブとはうまい具合に味付けが分かれていて、
それぞれに根強いファンを持つモデルだ。

前回モデルのPUREAEROは、フレーム形状も含めかなりの部分をチェンジした。
結果、パワーは出たがフィーリング的にかなり硬質に進化。
しなり感とスピンを求めていたPUREAEROファンには
大きな違和感と戸惑いがあったとか。
実際、ニューモデルへのスイッチが遅れる選手も多かったという、
賛否両論の前PUREAEROというのが正直なところ。

今回のモデルはどう変わっているのか。
さらに硬く?以前に寄せた?
興味津々だ。

このシャフトからフェイスにかけての
独特な形状がまさしくPUREAERO。
IMG_8017

IMG_8018

IMG_8019

IMG_8020

今回はより快適な振動吸収を求め、
コアテックスはフェイスの9時・3時方向に設置。
これまではグリップ内部やグリップ上部だったり、
PUREDRIVE ではシャフトに搭載されていることを考えても
ラケット特性を突き詰めてのセッティングであることがわかる。

打ってみた。

コーチたちの練習に混ぜてもらう。
サービス〜クロスラリーのドリル。

ゲッ!飛ぶ!

記念すべき1球目は思い切りフォルトだった。
しかもベースライン付近まで。

そして打球衝撃が少ない。
簡単に言うとソフト。
本当に味付けが変わっている。

実はこれまであまりPUREAEROを使い込んだことはないのだが、
AEROPRODRIVEと比較すると確かにPUREAEROは硬く感じた。
攻撃力が増したという考え方もあるが、
あの感触が好きなユーザーには違和感だったろう。

その違和感は完全に払拭されたと思う。
と言っても先祖返りしたわけでもなく、
適度なソフト感と飛びの良さ、そしてスピン性能はもちろん進化している。

思い切り吹っ飛んでしまったサービスを調整しながら、
スピン量を変えたりしてストロークへ。

やはりスピンに関しては一級品だ。
自然にスピンがかかる。

スピン性能が良いということは、
スピンを意識して無理に振らなくて良いといいうこと。
無理をしないということはプレーヤーの余裕、安心感につながる。

高い弾道のムーンボールもしっかり深くコートに収まる。
特筆すべきは短い起動で鋭く落ちるトップスピン。
意識的にスピン量を増やせば、ヘビースピンがかかって
一気に落ちるスピンが生まれる。
これはパッシングショットやアングルショットに恩恵大である。

そしてスライスも乗りが良い。
カツッと一瞬掴んで、グイっと乗って、シューと出て行く。(長島か!)
糸を引くような軌道がたまらないスライスが打てる。
この感覚、ゴリゴリのトップスピナーの若手だけでなく、
バックハンドをスライスで展開するベテランプレーヤーにもオススメだ。

とにかく安心して振れるのは大きなアドバンテージ。
回転を駆使してこその安定感、
そしてここぞという場面で振り切れる信頼感を兼ね備えていると思う。

ネットプレーは少しだるいのかなと思ったがそんなことはなかった。
掴み感がコントロールに良い影響を与えている。
決してボールの打ち出し、キレが悪いということもない。

試打してみて、かなりオールラウンドなラケットだと思った。
フレーム形状やナダル使用機ということで、
一方に特徴的なラケット思いきや、実はそうでもない。

デザインや先入観を取っ払って打ってみれば
オールラウンドに頼れる1本だというこがわかるだろう。

このシリーズ、軽量版のLITEやTEAMもあるので
女性プレーヤーにもじゅうぶん対応できると思う。

特に、TEAMは285gと絶妙なスペックなので、
300gはちょっとという方はぜひお試しいただきたい。
オススメです。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

看板とか、ジャパンオープン スナップその2とか。

ウォーキングコースの渋谷界隈。
IMG_9107
この店の前を通るたびに、申し訳ないって気持ちになる。
ホントすみませんね。

 

さて、もう日本のテニスシーンは全日本選手権に向いているが、
楽天ジャパンオープンのスナップその2など。

コートサイドに見慣れないボックスが。
DSC_7401

DSC_7390

DSC_7391

位置的にラインを検知しているのだろうと思っていたが、
やはりチャレンジシステムだった。

いつものシステムはCGだが、これは映像判定タイプ。
DSC_7400
右画面のスーパースローが左画面の判定に反映される。

サイドラインはネットにカメラがある。
DSC_7394

チャレンジシステムってこういうタイプもあるのね。
ちなみにこれまでのシステムにはソニーも関わっていたと聞いた。
まあ、一社独占じゃないのはいいことだ。
DSC_7922
これがメーカー名なのかな。

外に出てみた。
IMG_8979

新しくてきれいだなぁ。
IMG_8980

ステーキ丼。
IMG_8983
安くはない。
買ってないけど。
ちなみにテニスといえばの定番、ケバブも出ていた。

すごい人だかり。
IMG_8984

錦織圭登場。
IMG_8991
この日、試合は無かったが、こういう仕事もあるのね。
大変だな。

振り向くと、横にマイケルチャンが。
IMG_8988
サインか一緒に写真を撮りたかったが、
すぐに行ってしまった。
残念。

物販ブース。
フィラは問屋さんが担当していた。
IMG_8997

ミズノさん。
IMG_8998

ラケットが飾ってあった。
IMG_8999

レンドルプロも懐かしいが、ブラックジャックも懐かしい。
IMG_9002
高校生の時、アラキくんが使ってた。
あの頃はまだオープンスロートじゃないウッドだったけ。

バボラさん
IMG_9003
時間がなくて寄れなかった。

ヨネックさん。
IMG_9005
全豪オープンのオフィシャルになったりと、
最近はグローバル戦略強化路線のヨネックスさん。

大坂なおみの全米優勝はヨネックスさんにとっても大快挙。
IMG_9004

オープンカフェ。
IMG_9006

ほとんど人がいなかった。
IMG_9007

IMG_9008
ちょっと寂しい。
グランドスラムだと人で溢れてるんだけどなぁ。

コート2面進行の今年の楽天ジャパンオープン。
ちょっと遠いけど、ここも悪くないなぁと思った次第。
来年はリニューアルした有明かぁ。
それも楽しみだ。

カテゴリー: テニス, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。