ステッチとか、DUNLOP ニューCXシリーズ試打!とか。

リーバイスショップにて。
IMG_8087
バックポケットにアーキュエストステッチが入っていないモデルもあるのね。
「こんなのリーバイスじゃないっ!」と言いたくなるのは、
私が古い人ってことなのか?

いや、アーキュエストステッチあってのリーバイスでしょ、やっぱり。

 

さて、ダンロップさんの方針説明発表会の後は
となりの高輪テニスセンターに場所を移しての試打会である。

先週に引き続き、メッチャお高いプライベートコートに入る。

おっ、貴男さん。
IMG_8794
こういう時は看板選手の鈴木貴男プロなのね、うんうん。

で発表された4機種。

CX200
IMG_8796

cx200
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:305g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:33,000円

 

CX200 TOUR
IMG_8832

cx200tour
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20.5 mm
■ウエイト:310g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:34,000円

 

CX200LS
IMG_8824

cx200ls
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:325mm
■グリップサイズ:1・2・3
■価格:33,000円

 

CX400
IMG_8811

cx400
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:325mm
■グリップサイズ:1・2・3
■価格:33,000円

これまでのCXシリーズの2.0 4.0などの名称が、200、400に変わった。
頭の数字を目安にしてもらえればわかりやすいと思う。

若干剛性を落とし、スイートスポットを広げたそうだ。
デザイン的にはDUNLOPのステンシルから延長された場所に
カラーアクセントを持ってきた。
最近、多いよね、これ系のデザイン。

球出し、ラリーで試打。
確かに少し柔らかくなっている・・・のかな。
前モデルがけっこうカンカンだったから、
そういう意味では扱いやすくなっているのかもしれない。

ただ、つや消しブラックがプレステージっぽくて
硬めの先入観が拭いきれなくてちょっと苦労した。

何にしても、200シリーズはツアーモデルだから
それなりの覚悟でしっかり打つべしのラケットだ。

CX400はかなりオールラウンダーかな。
打ってよし、スライスよしで心地よさは前モデルを継承している。

IMG_8844
次の日、電話で鈴木プロと感想をあれこれ。
それなりに似た感想なのは良かったというか、嬉しかったというか。

鈴木プロも当然この新シリーズにスイッチするそう。
おそらくネーム入りの特注モデルなのだろけど。

ちなみに鈴木プロのスペックはフレームはかなり重め(390g)、
バランスはトップライト、グリップはエンドキャップを太くしたオリジナル加工、
ストリングはナチュラルをローテンション(44lbsだったかな)で張り上げ。

普通の人が使うようなスペックではない。
何度かお借りして使ってみたが、バランスのせいなのか、
短時間打つぶんには、鈴木プロになった気分でスライスが打てる。(ホントか?)
しかし、30分も使うと腕がパンパンになるんじゃないだろうか。

話が逸れた。

今回のCXシリーズ。
まず、デザインがカッコいいし、
(若干)扱いやすくなったツアーシリーズってことで
期待大の新製品である。

あ、そうそう、ブランド的には、DINLOPはラケットブランド名、
SRIXONは「POWERED BY SRIXON」という形になるそうである。
JAPANスペックのモデルにはSRIXONがサブブランドでつくのかな。
うーん、いまだによくわかっていない。


カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。