パンチョとか、ダズル迷彩もうすぐ!とか。

最近、巷でよく見かけるこのお店。
IMG_0914
一度入ってみたいと思いつつ実現していない。

ナポリタン専門店だって。
最強だな。
IMG_0913
でも看板はボンゴレ・バジリコ。
なんで。

 

さて、各所で話題のウイルソンのラケット。
「ダズル迷彩」というだけで全容どころか何も明らかになっていない。

一部のコーチやオピニオンリーダーなる方に
ダズル迷彩の試打が渡っていて、
インプレはちらほらアップされているが情報はそこまで。

特徴的なモデルであることは確かなのだが、
じゃあそのテクノロジーは?などは分からないまま。

実はワタクシにもダズル迷彩モデルをお貸しいただいた。

で、最初はナイロンマルチ(NXT)を張り上げて打ってみた。
非常に粘りがよくスピンもかかるのだが、やはりそこはナイロンマルチ。
16歳児に打たせてみたら1日に持たずに切ってきた。

ということで、今度はポリに張り替え。
IMG_9910

G-TOUR3を張ってみた。
IMG_9996

さっそく16歳児のお相手。

うん、こちらの方がより面剛性がハッキリ出ていいかも。
シャフトはしなるのでボールの食いつき感は強い。
しかしフェイス部分のブレはほとんど感じないのでボールが暴れる感じはない。

欲を言えば、スイングイメージからほんの一瞬遅れてボールが出ていく感じが
それぞれの好みになるんじゃないかなと思う。
球離れ重視で速い展開を望むプレーヤーには少しだるく感じるかも。

実際、16歳児にラケットを変えながら球出しで打たせて、
打球の飛んでいくイメージを観察したら、気持ち遅れて、
よく言えば粘ってからボールが飛んでいくように見えた。

その分、打球はきっちりスピンがかかり、フルスイングをしても
ネットの高いところを通って、しっかりボールがベースラインに収まる。
この安心感は大きいと思う。

逆にネットすれすれのフラットドライブで速い展開を望むなら
BLADE,BURN,PROSTAFFなどの他のツアーシリーズが良いかも。
その分、扱いは難しいけど。

しかし、粘るといってもダルくはないのがこのラケット。
だるさがないのは面剛性の高さ故なのかもしれない。
ボレーなどでのフェイスのあたり具合はちゃんと軽く弾くのが不思議。

IMG_9997

ストリングは何が合うのだろう。
ワタクシ的にはナイロンマルチは粘りすぎ。
柔らかめのポリが適度に弾いていいかなと思う。

この辺は好みだと思うが、素材、テンションで良いところを見つけて欲しい。

正直、ワタクシ的にはかなり扱いやすいし、変な意味ではなくラクなのが良い。
相手のボールが多少エグくてもそれなりに衝撃吸収をしてくれて、
それなりに抜けの良い感じで飛んでいく。
そういう意味ではオールラウンドなラケットだと思う。

そんなわけで、このダズル迷彩を「テニスのゴンちゃん」と試打したのがこちら。

とにかくこのラケット、2月1日に情報解禁の予定。
モデル名、デザインも発表になるのでお楽しみに!


カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。