却下とか、ガッツポーズとか。

某日のレックインドアテニススクール上石神井。
フカダコーチと昼食。

ワタクシ「どうする?時間ないからすき家でいいか」
フカダコーチ「いやぁ、イマイチかなぁ」
ワタクシ「じゃあ、餃子の満州?」
フカダコーチ「ピンとこないっす」

結局、フカダコーチの希望の店へ。
IMG_0956

IMG_0957

美味いからいいんだけど、
昼飯でここまで意見を却下するのは彼くらいだ。
やるな。

 

さて、テニス日本リーグ・セカンドステージ。

昨年も苦戦続きの決勝トーナメント進出だったけど、
今年も怪我・故障も多く、それこそメンバーが足りない状態で
とても厳しい状況での予選リーグだった。

ファーストステージは竹島プロが手術で欠場。
ということは4人?

誰もも休めないし、誰も怪我も出来ない。
もし何かあったらどうなる?って状況。

関口プロとは「こうなったら(鈴木)貴男さんに頼むしかないでしょ」との会話まで。
ちなみに鈴木プロは日本リーグはもう卒業ということで出場はしない約束。
せめてベンチコーチに入ってくれれば(相手もやりづらい?)と思うのだが、
それもしないということになっている。

「周一、こんな状況だし、貴男さんに聞いてみ」
「いやぁ、聞けないっす。聞いてくださいよ」
「オレも聞けないよ」

後で鈴木プロが言うには、
「どうにもメンバーが足りなくなったら1試合は覚悟した」
とのこと。
聞けば良かった。

そんな厳しい予選もなんとか切り抜け、
今年も決勝トーナメントの切符を手にできた。
これもチーム力に他ならないと思う。

やっぱり団体戦は燃える。
スタッフもお客様も一丸になって選手を応援する。
それに選手も応える。

ガッツポーズ連発でさらに意気があがる。
そして勝てればこれ以上の喜びはない。

ということで、ガッツポーズ集。

DSC_5749

DSC_5729

DSC_5728

DSC_5680

DSC_5635

DSC_5614

竹島プロが多いのは、たまたま。
そう言えば以前、鈴木プロが、
「駿朗は大学でリーグ戦戦ってるし、チーム戦向き」
と言っていたっけ。

関口プロ
DSC_5582
このゲームの関口プロの集中力は凄かった。

決勝トーナメントもガッツポーズ連発で頑張ろう。


カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。