日別アーカイブ:

シゲキとか、Wilson CLASHとか。

final

 

日本リーグ・セカンドステージにて。

守谷プロの携帯品。
IMG_1441
どうやら刺激が欲しいらしい。

守谷プロが離れた隙に食べた竹島プロ。
「クソまずい!」
IMG_1440
勝手に食べて文句言うか。

「美味しさじゃなくて、刺激を求めるものなのです」
と冷静に返した守谷プロ。
刺激が足りないのか?

 

さて、ようやくその全容が明らかになったウイルソンの新製品。

プロトタイプのみが一部に出回り、インプレは語られるものの
スペックやテクノロジーは謎のままだった。

ワタクシにもプロトタイプを貸し出していただいたが、
情報には一定の制限がかけられていたので
話せたのは打球感のみ。
IMG_9997
申し訳ないと思いつつも、新しいテクノロジーを楽しませていただいた。

「ひっぱり過ぎでしょ」みたいな声もあったようだが、
まさにウイルソンさんの狙い通りだったんじゃないだろうか。

そんなダズル迷彩の全容が明らかに。

その名も「CLASH」

詳細はこちら。
https://www.wilson.co.jp/campaign/tennis/clash2019/
ウイルソンの伝道師、ミチバさんが詳細を説明している動画もあり。
まずはご覧いただきたい。

で、ラインナップは2種類。

CLASH100
clsh100f

clsh100

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:295g
■ラケット長:27インチ
■バランス:31.0cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G1/G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

 

CLASH100 TOUR
clsh100tf

clsh100t

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:310g
■ラケット長:27インチ
■バランス:30.6cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

シンプルな2ラインナップ。
どちらも試打をしたが、特性はそのままに非常に扱いやすく調整されている。

先日、レックインドアテニススクール上石神井で行われた
スタッフ向けの試打選定会でもCLASHのプレゼンが行われた。
IMG_1774

その際、用意されたCLASHの試打ラケットはなんと60本。
ウイルソンさんの気合がわかるというものである。

試打をしたコーチたちの評価も上々。
非常に扱いやすいとテンション上がり気味だった。

とにかくこのラケット、
「しなるのにブレない」「粘るのに飛ぶ」という、
相反する特性が両立している不思議なモデル。

確かに相反要素がぶつかる、まさにクラッシュ。
このネーミングセンスもさすがである。

ワタクシ的には「楽」な印象。
16歳児が打ち込んで来るハードショットも
それなりに苦労せずに返せるのはとても助かる。
あ、もちろん追いつけばという前提なんだけど。

「粘る、乗る」は多くのプレーヤーに恩恵をもたらすと思う。
ここ数年、ラケットはどんどん硬くなり、打球感も乾いた硬いフィーリングに向いた。
最近はその揺り戻しで、打球感がソフトになってきたが、
CLASHはその究極のフィーリングなのかもしれない。

とにかく不思議なフィーリングのCLASH。
「ラケットに革命を起こした」というだけはある。
wcbnnr

ウイルソンさんの一大キャンペーンで試打できるところも多いと思う。
来週から始まるレック各校でのキャンペーンでもたくさんの試打を用意したので
ぜひとも体感して欲しい。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。