空き時間とか、リフトバックとか。

日本リーグにて。

選手はチームの試合がない時はなにしてるのか。
th_IMG_2083

th_IMG_2082
ゲームだな、これは。

試合後、ケアを受けながら。
th_IMG_2117

だいたいゲームかインスタかって感じ。
th_IMG_2118
ちなみに何のゲームかはわからない。

試合前は皆、自分の世界で、けっこうピリピリしてるんだけど、
試合が終わると今時の若者たちになるのだ。

 

さて、トヨタ・ヒストリカルガレージ第2弾。
DSC_2450

DSC_2449
昭和30年代生まれはこれだけで何か分かるはず。

そう、トヨタセリカ・リフトバック2000GTである。
DSC_2445

とにかくカッコ良かった。
この手のクルマだとギャランGTOと双璧なイメージがあるが、
セリカのほうが高級車っぽい感じがして好きだった。

TVでは「太陽にほえろ!」の殿下も乗ってたっけ。
島公之役の小野寺昭さんの育ちの良さそうな雰囲気も相まって
「カッコいいのに高級車」のイメージがついた気がする。
DSC_2448

DSC_2447

調べてみたら、当時の価格で120万円くらい。
カローラが50万円くらいだから、やっぱり高級車だ。

そういえば、子供の頃は家族で出かけると、
走る車を見て車種名を我先に叫ぶのが遊びだった。

「パブリカ!」
「ランサーセレステ!」
「チェーリーGX!」
「キャロル!」
「マークツー!」
「ローレル!」
「カリーナ!」

カリーナって言えば、千葉ちゃん(千葉真一)だったなぁ。
ローレルって言えば、「おっお〜、ローレル♪」ってCM。
うーん、懐かしい。

子供達も車の名前、たくさん知ってた。
それだけクルマが憧れの時代だったんだよね。

前にも書いた気がするけど、家に来た初めてのクルマは、スバル360だった。
そして、スバルR2〜カローラ〜スプリンターだったかな。
あとはよく覚えてない。

ちなみに現在、我が実家には、アルファード、メルセデス、
そして軽トラックがある。(農家じゃないよ)
どういう変遷なのだ?

最近の子供たちはクルマの名前なんて知らないんだろうなぁ。
時代は変わった・・・。


カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。