ジムニーとか、シューズとか。

スズキ・ジムニー
th_IMG_2330

ジムニー、ワタクシも80年代に乗っていた。

2サイクルエンジンでパラパラと軽快な音を立てて、
自転車やテニス用具を積んで仕事へ試合へと大活躍だった。

2サイクルって意外と経済的じゃなかったなぁ。
でもオモチャみたいで楽しいクルマだった。

懐かしいなぁ。
こんないいジムニーじゃなかったけど。

 

さて、昔話。

高校生になって、お金持ちのスポーツと思っていたテニスを始めた。

ラケットやらシューズやらウェアやら、やはり揃えるものが多い。
その中でもシューズは驚くほどに消耗品だった。

それまでやっていたバスケットボールのシューズに比べれば安かったけど、
テニスはその他にウェアもラケットも必要。
アイテム数が違う。

最初のシューズは布製の安いやつ。
今思えば、学校の上履きに毛が生えたような程度のものだ。

それから数足は布製のシューズを履き続けたが、
あっという間に穴が開いてしまう。
やっぱり布製は弱い。

当時、皮製のシューズもあるにはあった。
たしかオニツカタイガー(現アシックス)のフォーティーってモデル。
ホワイトのアッパーにブルーでオニツカラインが入ったモデルだった。

実はそれが欲しかったのだが、1年生は革製シューズを履いてはいけないという
よくわからない暗黙のルールがあったらしく、
誰一人として革製のテニスシューズを履いた1年生はいなかった。

とはいえ、そこは「暗黙」のルール。
つまり決まりじゃないってことで、一緒に入部したアライくんと一緒に
オニツカ・フォーティーを買って部活に履いていった。

誰にも叱られなかった。

正確に言うと、先輩がコートにいなかったのだ。

その頃の部活は、先輩たち、いわゆる一軍メンバーは、
かなり離れた市営のコートを使っていて、
ワタクシたち一年生はほとんどコートの体をなしていない
学校の校庭に取り残されていた。

つまり面倒も見てもらえずの放し飼い。
先輩たちから命令されて、
学校からあてがわれたスペースに自分たちでコートを作った。

TVドラマ「青が散る」の第一回そのままに
校庭を掘り返し、土を入れ、馴らし、ラインを引き、ネットを張った。

当然、フェンスはない。
アウトボールは果てし無く転がって行って、
校庭横の川に落ちるか、弓道場に入ってしまうかだ。(危ないわ!)

だから全速力で拾いに行く。
これでダッシュ力が養われたという話も。

そんなコートだから、先輩たちのメインコートにはならなず、
取り残され状態は変わらずだった。

先輩たちに文句も言われることもなく、
凸凹の自分たちでつくったテニスコートで、
環境はいまいちながら好きにテニスができたのだ。

ある意味、見放されたワタクシたちはやりたい放題。
先輩たちはこんなコートに見向きもしないから、
朝練、昼休み練、そして放課後とボール打ち放題。

結果的に先輩のコートに連れて行かれた選抜組の1年生よりも練習が出来、
いつの間にか技術的にも追いついていたという変な現象に。

あ、シューズの話だった。
続きはまた今度。


カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。