月別アーカイブ: 2019年4月

豆とか、G360 RADICAL MP インプレ!とか。

th_banar

 

最近のお気に入り。
th_IMG_2479
ファミマには売っていなかったのだが、
先月あたりからラインナップ入り。

売れないとあっという間にメンバー落ちするので
ちゃんと買い続けようと思う。
って、そこまでするか。

 

さて、とうとう発表になったG360 RADICAL。

ところで、G360ってなんて言えばいいの?

ワタクシ的には「じーさんろくまる」なんだけど、
「じーさんんびゃくろくじゅう」なのかな?
なんか「ジーサン(爺さん)」みたいだな。

正式には「ぐらふぃん・じーさんびゃくろくじゅう」なのだろな。
そのうち「らじかる」って言うようになるだろうから、こだわらなくていいか。

ということで、壁打ちだけじゃその進化を体感しきれずってことで、
先日、レックインドアテニススクール上石神井にラケットを持ち込んだ。

打ち合わせの隙間、コートが空いている隙間に
打たせて貰おうと思っていたのだが、
打ち合わせもコートもほとんど空きがなく、
ようやく隙間を見つけて試打をすることに。

まずは相手だが・・皆忙しそう。
おっ、フカダコーチがいた。
「キミキミ、会社で一番最初にニューラジカルを体感してみないか」
「ボク忙しいんです」と言いたそうな表情は無視してコートへ。

この日持ってきたのは、PROとMP。
IMG_3579
最初に打つならやっぱりこれでしょ。

 

G360 RADICAL PRO
th_233909_Graphene_360_Radical_Pro_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:310g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315 mm
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:34,000円(税抜)

th_IMG_3487

th_IMG_3488

 

G360 RADICAL MP
th_233919_Graphene_360_Radical_MP_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:295g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:33,000円(税抜)

 

まずはG360 RADICAL MP。
th_IMG_3580

シリーズの中核に位置するMP。
ここをベンチマークに試打を展開するのが分かりやすいはず。

打ってみた。

いい!いいぞ!かなりいい!

まず面ブレが無い。
オフセンターでヒットしても、飛びが殺されない。
フェイス全体がしっかりボールを押さえ込んで弾き出してくれる

フェイストップ部で打つとしブレたり飛ばなかったりするが、
ほとんど変わらない感触でバキッ!と捉え、バシュン!とボールが出ていく。
フェイスが回ったりボールが失速する感じはなく、
フェイス幅の口径のレーザー砲のようにボールが飛んでいく。

スライスサービスでワイドに振られ、厳しい体勢でのリターンも
ズドンと相手コートに突き刺さってくれる。
あ、突き刺さるほどのボールは打ってないか。ごめん。
でも、打ちたいイメージに近い軌道がこの体勢から打てるのには驚いた。
すごいな、これ。

G360になってフェイスの剛性が上がっているのだろうか。
とにかくブレが少ないのは大きな武器であり、安心感だ。

打球感はスタンダード、自然な感じ。
SPEEDがG360になったときは、剛性が上がっていながら、
なぜか打球感がマイルドに感じられたのだが、
今回はしっかり打ち心地もあり、攻撃的な打感である。

非常にバランスの良い味付けのバーサタイルなモデルだと思う。
EXTREMEほど回転系でも無く、思った通り、振った通りのショットが出ていく。
つまり自分の意志のままにボールをコントロール出来て、
それをG360の剛性が適度かつ非常に効果的にアシストしてくれるというところか。

ボレーの球離れもよく、ローボレーでフェイスを合わせ少し押し出した時の軌道は
ある意味快感なほどにキレイにベースラインに飛んで行ってくれる。
このキレの良い感触もフェイス剛性の恩恵なのかも。

サービスは、フラット系はバキッ!っと鋭く飛ぶ。
まさにバキッとボールを潰す感じがある。
レベルが上ったんじゃないかと勘違いしそうな感触だ。(勘違いです)

回転系も引っかかりが良い。
フェイス上部で引っ掛けるイメージで打つとかなり回転が掛かる。
けっこう回転量が多くなるので、失速には注意したほうが良いかも。
前に飛ばしつつ、回転をかけるってイメージが良い気がした。

取り回しもとても良い。
295gって、絶妙なセッティングなのかもしれないなと思った。
手の延長のように扱えるから、気持ちもアグレッシブになる。
これまたワンランクアップの動きが出来たような気持ちに。(だから勘違い)

とにかく非常にスタンダードで扱いやすく、なのにパワーもある。
正直言って、不満が見つからなかった。

MP、いいな。
デザインもいいし、これだな、これ。
気に入った!

ちなみに、レックインドアテニススクール上石神井のシャラポワ、
角田コーチに見せたら、一目惚れしてた。
IMG_8653
「これだ~!これ!買おうかな」
打ってないだろ!キミ。
まあ、そう思わせるラケットだよね。

ワタクシもデザイン、性能ともにとても気に入った。
いやぁ、いいもん作りましたなぁ、ヘッドさん。

つい興奮して長々と書いてしまったので、PROのインプレは次回にしよう。
最初にPROを試打したフカダコーチは「PROもやさしくなりましたね~」と
相変わらずの上から目線だった。(笑)

IMG_3583

あ、ウイルソンのTシャツ着てる。
ウイルソン契約コーチだから当然か。

ということで、やさしくなったらしいPROのインプレは次回に!

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ミニ缶とか、修理とか。

th_banar

 

コンビニで。
th_IMG_2500
右が350ml缶、左はミニ缶。

このサイズ、今も売ってるのね。
昔、サントリーのペンギンズ・バーの頃はミニ缶がたくさんあった。

それこそひと口で飲み干せてしまうようなサイズで、
果てしなく飲めた記憶が。
次の日の朝、空き缶の数に驚いたっけ。
今はもうそんな飲み方できないなぁ。

 

さて、クルマの話。

後付けでバックカメラを付けているのだが、
どうも最近、写りがよろしくない。

実はこのクルマ、リアゲートのレバーの位置が真ん中から右にずれてついている。
で、真ん中に何があるかというと、バックカメラがついている。

こんな感じ。
th_IMG_2349

ゴルフ場の出迎えや誰かが開けようとすると
たいがい真ん中に手を掛けてグイッとやるのだが、
そこにはレバーではなくカメラ。
その度にカメラの角度が変わってしまうという仕組みなのだ。

そんなわけで、ズレては戻しを繰り返したせいか、
画面の上半分がゲートに干渉して画角が狭くなってしまった。

新しいカメラをつけるのももったいないし、
しばらくは我慢していたが、思い立って直すことに。

まずカメラを外してみた。
といっても、すでにグラグラでかろうじてぶら下がっている感じ。
th_IMG_2350

接着部。
th_IMG_2351
錆びてるし、ほぼ固定機能はない。

さて、どうしよう。
しっかり固定することと、設置位置を離さないと死角は解消されない。

そうだ!京都に行こう・・じゃない。あれだ。
th_IMG_2347
厚手の強力両面テープがあることを思い出した。
ボートメンテナンス用に買ったんだった。

台座のサイズに切って重ね貼り。
th_IMG_2348
こんなもんでどうでしょ。

これを挟んで取り付け。
th_IMG_2352

枠からレンズが出てるし、いい感じじゃない。
th_IMG_2353

テスト。
th_IMG_2354
ほぼ死角なし!
素晴らしい!

小さなストレスがひとつ解消された。
あとはレバーの位置を間違われないことだな。
「レバーはこっち」のステッカーでもつくるか?(ウソ)

自分でやるって、お金かからなくていいね。

 

カテゴリー: クルマ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、マシンたちとか。

第2回 ITF ユニ・チャームトロフィー 愛媛国際オープンにて、
関口周一プロが優勝した。
IMG_3576

決勝戦の日曜日は雨で中断。
動かないライブスコアを見ながらやきもきしていたが、
結局、試合は順延になり、明けて月曜日に再開。

仕事をしながらライブスコアを確認。
ファーストセットを取り、マッチポイント。
見事優勝を決めた。

いやぁ、良かった。
よくやった!

決勝は仁木選手とだったが、ITF早稲田の準決勝で当たって勝ち、
ITF柏の1回戦で当たって負け、そして今回の決勝。
どんだけ当たるんだって感じだが、勝ち上がればまあそうだよね。

優勝の瞬間にLINEでお祝いメッセージを送り、
「写真送って」と頼んだらすぐに送ってくれたのが上の写真。

その後、表彰式の写真を送ってくれるかと思いきや、音沙汰なし。
そう、それが周一。(笑)

とにかくおめでとう!お疲れ様!

 

さて、HEADさんのネタが続くが、先日の新製品発表会。

情報解禁がまだなので、書けないことが多いが、せめてもの情報を。

いよいよ、ストリングマシンの本格展開に乗り出すらしい。
th_IMG_2657
あまり知られていないかもしれないが、
HEADはATPツアーのオフィシャルストリンガーとして
多くの大会をサポートしているので、
この展開も自然なことなのかもしれない。

実はこのマシン、昨年使わせてもらっている

IMG_7880

IMG_7886

IMG_7888

剛性も高いように感じたし、操作性も良かった。
あとは価格かなぁ。

探りを入れたのだけど、はっきりした答えはもらえなかった。
まだ決まっていないのか、ヒミツなのかは分からないけど。

個人的にも1台欲しいな。
モニターとか募集してませんか。

もうひとつ発表になったのがこれ。
th_IMG_2658
ラケット計測機。

ウエイト、バランス、スイングウエイトが計測できる。
th_IMG_2659

th_IMG_2660

th_IMG_2661

この手のマシンは他社さんからも発売されているが、
どうも販売をやめるらしい。

今後、ラケットについて、より細やかな提案をしていくには
このマシンは欠かせないものだと思う。

ラケットをどうすればより使いやすく、さらなる武器に出来るのか。
どうすれば、より快適にプレーが出来るのか。
こういった提案も必要になって来るんじゃないかと思う。

そういう意味ではHEADさんから発売になるのはグッドニュースだ。

実はこちらもいくらなのか教えてもらえなかった。
10〜20万円くらいの間なのかなぁ。
今後の展開のためにも揃えたいなぁ。

ということで、色々と新たな展開を進めているHEADさんである。

 

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

壁とか、G360 RADICAL発表!とか。

休日。
早朝、近所の壁打ちへ。
th_IMG_3481

久しぶりっていうか、
子供の付き合いで来たことがあるくらいだけど。

どうしてもボールを打ちたかったのだが、16歳児は試合で不在。
そこで壁さんにお相手してもらうことに。

理由はこれ。
th_IMG_3476

期待の新製品。
やっと打てた。
いいぞ、これ。

 

さて、某日のこと。
HEADのKさんから指令が。

「新しいRADICAL打たせてあげるから、ちゃんとインプレ書くように」

「かしこまりました。誠心誠意取り組ませていただきます」

ウソ。
そんなやり取りじゃなかったけど、
とにかくいち早く打たせてもらえるってことで、試打をお貸しいただいた。
th_IMG_3484

ジャン!
th_IMG_3485
G360 RADICALである。

今回発表になったのは4機種。
まずは順番にご紹介。

 

G360 RADICAL PRO
th_233909_Graphene_360_Radical_Pro_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:310g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315 mm
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:34,000円(税抜)

th_IMG_3487

th_IMG_3488

今シリーズのハードモデルの位置付けだが、
それほど扱いにくかったり、人を選ぶって感じではなかった。
しっかりとした打球感で、ボールを潰す感触のあるツアーモデルって感じ。

気のせいかもしれないが、MPよりもフレームのしなりを感じた。
ウエイトのせいなのかな。
しっかり振ればゴツいボールが飛んで行く。
振り続けられるかは、まだ長時間打っていないので不明。
そもそもラケットの問題じゃないな、それ。

 

G360 RADICAL MP
th_233919_Graphene_360_Radical_MP_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:295g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:33,000円(税抜)

th_IMG_3497
RADICALシリーズのセンターに位置するモデル。
スタンダードなスペックで、非常に扱いやすい。

実は、ストリング試打の際のテスト機種として
使用させてもらっているのがRADICAL MP。
いつもありがとうございます。

295gは非常に扱いやすい。
最初に持った時、持ち重り感がなく、
取り回しが良さそうだなと好印象。
これ大事ね。

実際、非常に振り抜きがよく、気持ち良くボールが飛んでくれる。
300gマイナス5gってけっこう大きいのね。
かなり壁さんと対決したけど、疲れない。

打球感はPROよりも乾いた感じ。
スコーン!と気持ち良く抜ける。

詳しいインプレは近々書こうと思うが、
とにかく扱いやすい。
イチオシ。

 

G360 RADICAL MP LITE
th_233929_Graphene_360_Radical_MP_Lite_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:270g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:330 mm
■グリップサイズ:1・2
■価格:31,000円(税抜)

th_IMG_3511

今回のラジカル、ここまではウエイトとバランスの違いのみ。
それらを上手いこと段階的に味付けしてある。

感触が気に入ったけど、ライトウエイトモデルを選ぶと
別物だしってことがないのが強み。
もちろん、ウエイトが軽くなるほどに軽い打球感になるが、
極端に違う味にならないところがポイント。

とても取り回しが良く、ボールの抜けも良い。
女性にもオススメ。
ダブルスにいいですよ。

 

G360 RADICAL S
th_233909_Graphene_360_Radical_Pro_xxx_1
■フェイスサイズ:102平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:22-25-23mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:1・2
■価格:31,000円(税抜)

th_IMG_3504

th_IMG_3507

Sはフェイスサイズが102平方インチと別モールド。
ウエイトはMP LITEよりもあるけど、フェイスは大きめと
痒いところに手が届く絶妙なスペック設定。

280gなら幅広い層が扱えるし、102フェイスの恩恵も受けられる。
MP LITEと並んでダブルスプレーヤーにオススメかな。

ちなみに今回のRADICALからグリップ形状が変更になった。
th_IMG_3494
HEADならでは扁平グリップがラウンドに変わった。
最近は扁平にこだわるプレーヤーも減って来たとのこと。

うーん、ワタクシは扁平グリップ好きなんだけどなぁ。

ちなみに我が家の16歳児もグリップにこだわって
頑なにHEADを使い続けているからショックを受けると思われる。
まあ、何世代前のモデルを使ってる時点で関係ないか。
(新しいの気に入られても何本も買えないぜ)

 

今回のラジカルを最初に見せてもらった時の第一印象は
「おっ!カッコいい!」だった。
th_IMG_3516
最近の流行りかもしれないが、ソリッド系のデザインは
シンプル&精悍なイメージでカッコいい。

RADICALのメインカラーをあえて面積の狭い方に持って来たのもナイスなセンスだと思う。
って、なんで上から目線?

前RADICALの血管モチーフのデザインは正直、うーん・・だった。
あのデザイン路線、ラジカルだけだったから、まあ色々考えたのかな。

とにかく今回のG360 RADICALはデザインも良いし、
打ってみてもかなり良いと思う。

発売は4月25日。
世界発売に先駆けての日本先行発売だそうだ。
お楽しみに!

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 08:00 | コメントは受け付けていません。

更新時間とか。

本日のブログは製品情報解禁時刻の関係で午前8時に更新します。

th_IMG_3483

箱の中身をお楽しみに!

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

REC FESTAとか、豊洲とか。

今年もやります!もちろん!

th_ポスター

恒例のREC FESTAである。

鈴木貴男プロはもちろん、サプライズゲストも。(?)
クリニックは事前申し込み制だが、
その他イベントは当日参加でOK!
th_タイムスケジュール

5月4日はレックインドアテニススクール上石神井へ!
1日楽しみましょう!
お待ちしています!

さて、iMacを引き取りに渋谷に行った帰り。
せっかくなので寄り道。

久しぶりだな、豊洲のららぽーと。
th_IMG_2169
この辺の開発っぷり、半端ないね。

けっこう近いんだけど、妻と一緒に来るのはいつ以来だろう。
th_IMG_2167
ちょっと寒いけど、晴れていて気持ちが良い。

で、ドッグランで犬たちを見て癒される。
th_IMG_2164
ウチの2匹も連れてきてみたいが、他の犬たちと一緒にしたら
どんなことになるのか想像もつかないのでパス。

犬で癒され、仕事のトラブルの電話でプラマイゼロになったのはヒミツだけど。(苦笑)

ちょっとショッピングモールを見て回るもすぐに飽きる。
最近はこういうところで何か欲しくなるてことが減ってきた。
枯れてきたのか?
それとも、違うところに興味が動いたのか?

あ、でも、ギターは欲しいな。
テレキャスターね。
ひとりでキースリチャーズやっても仕方ないけど。

せっかくなのでランチ。
th_IMG_2173

th_IMG_2174

クルマなのでソフトドリンク。
th_IMG_2171
正しい夫婦デートの姿である。

滞在1時間ちょっと。
さあ、帰ってiMacのセッテイングをしよう。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドラムとか、シングルスとか。

海沿いのランニングコース。
th_IMG_2230
休日、たまにドラム体験をやっている。

昔は友達のバンドのヘルプで少しだけ叩いたこともあったけど、
どんだけ前なんだって感じ。

久しぶりに触ってみたいが、声をかける勇気がない。
しかも曲は昭和歌謡だし。(笑)

 

さて、早々にダブルスは初戦負けの16歳児。
学校の仲間も応援に来てくれているらしく、親には近寄らない。
まあ、そりゃそうだ。

続いてはシングルス。
th_IMG_2345
もうすぐ試合のようだ。

ひとりアップを始めた。
th_DSC_8956

th_DSC_8958
邪魔しないように望遠で撮影。
所属プロじゃあるまいし、そこまで気遣わなくていいか。

この日の対戦相手は同じクラブの1学年上の選手。
th_DSC_8974

クラブでも試合をしたりしているので、お互いに知り尽くした仲。
ちなみに対戦成績は相手の圧勝だそうだ。
しかし試合は何があるかわからない。
ガンバれ。

おっ!悪くないんじゃない?
th_DSC_8963

th_DSC_8980

と思ったら、徐々に押し込まれブレークダウン。
th_DSC_8968

th_DSC_8993

ペースを変えようと色々やってみたものの
互いを知っているからかひっくり返すには至らず。
th_DSC_9049

残念ながら敗退である。
うーん、なかなか厳しいなぁ。

側から見てると、もっと泥臭く、
何が何でもって感じでやってみたらとも思うが、
おそらくそう見えないだけで、本人は必死なんだろうな。

何にしてもテニスは自分だけで戦うスポーツ。
そもそもあれこれ口出しはしないと決めてるしね。
また練習して次も頑張ろう。

カテゴリー: テニス, ファミリー, ランニング, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

道具とか、旧車とか。

まったく知らない世界、ダイビング。
先日のHEAD JAPANさんでの講演の事前準備として、
ダイビングについてレクチャーを受けた。

th_IMG_1798

ダイビング用品って一式100万円くらいするそうだ。
レンタルもあるが、多くの方は購入されるそう。
驚いた。

セレブなアクティビティなのね。
担当責任者の方に「一度ご案内しますよ」と言っていただいたが、
もし体験したとしても、その後続くことはなさそうだ。
色んな世界がある。

 

さて、休日。
天気も良いので海沿いをランニング。

海浜公園駐車場を通りかかると何やらやっている。
ランニングを中断し見に行くと。

旧車たちがずらり。
th_IMG_1865

th_IMG_1866
おお!グロリア!セドリック!

フェアレディZも。
th_IMG_1867

th_IMG_1868
Zは初代の240が一番カッコいいけど、この2代目もいい。

これはかなりレア。
th_IMG_1871

スカイライン・ワゴン
th_IMG_1873
70年代の車じゃないかな。
子供の頃に見かけた記憶があるから。

この頃から「バン」じゃなくて「ワゴン」もあったのね。
th_IMG_1874

th_IMG_1872

商用車のイメージの強いバンタイプがオシャレなワゴンになったのって、
ボルボが入ってきて、スバル・レガシーが発売になってって思ってたけど、
そういえばこの時代もこのスカイラインとか、こんなのもあったっけ。
th_IMG_1881
これなんだろ。
セドリックワゴンかな。

ちなみにワタクシ、ランクルに乗る前はワゴンタイプを乗り継いできた。
ブルーバードワゴン(サイドがウッドパネルのやつ)、三菱シャリオ、
レガシー、ボルボ740、セプターワゴン、ああ、懐かしい。

やっぱりミニバンよりもワゴンの雰囲気が好きかな。
いつかセカンドカーにVOLVO240の赤が欲しい。(いつだ?)

しばし妄想しつつ・・・おっ!
th_IMG_1879

th_IMG_1878

ビートルかぁ。
これもいいなぁ。
th_IMG_1869

旧車ってとても贅沢な趣味だよね。
こんなクルマたちを保有していじれるなんてうらやましい。

ワーゲンバスで海沿いの道を流すオヤジになりたいぞ。
時間、お金、ガレージ・・いろいろ必要だなぁ。
いつか・・きっとね。
頑張ろう。

そんな妄想をした旧車ミーティング会場。

カテゴリー: クルマ, スポーツ, スポーツグッズ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

旅とか、開幕戦とか。

であっという間に東京実業団春季リーグの開幕である。

今季、レック興発東京は2部リーグに昇格。
通常業務が手一杯でメンバーを揃えるのがとても苦しい台所事情に加え、
上部リーグのレベルは高く、苦しい戦いを強いられながらの昇格だった。

そして今季もさらに厳しい戦いになるのは目に見えている。
とにかく一戦ずつ全力で行くべしである。

初戦の会場は北八王子。
th_IMG_3072
自宅から電車に揺られて2時間超。
遠い・・・。
ほぼ旅だな。

まあ、千葉が遠いんだけどさ。

 
さて、今回対戦させていたただくのはオリンパスさん。
コートに案内していただいたのだが、既視感が。
th_IMG_3071
6年前だったか、現日本リーグチームでここで対戦していた。
懐かしいな。

それにしても大企業ってすごいな。
コートもハード4面。
羨ましい。
あ、ウチの会社もテニスコートはたくさんあるか。

今回のメンバー。
th_DSC_1326
送り出してくれた各スクールの皆のためにも全力で勝ちに行こう。

ちなみにウェアは前々日に届いたばかりの出来立てホヤホヤ。
日本リーグチームと同じモデルをオーダーしたものだ。

試合開始。

ダブルス1 武田、奥田
th_DSC_1397

th_DSC_1362

やっぱり2部は強い。
なかなか相手を崩せず、こちらにペースを持ってこれない。
th_DSC_1410

th_DSC_1582
わずかの差だったが、6(5)−7 3−6で敗退。
試合時間がメッチャ長かったので、
シングルスも戦う奥田コーチの体力が心配。

ダブルス2 町田、平田
th_DSC_1344

あっさりファーストセットを取り、これはいい感じだと思いきや、
セカンドセットを3-6で落とす。
調子こいたか?(平田コーチの得意技)
th_DSC_1445

th_56353987_2220882964908760_378292636303228928_o

まさかのスーパータイブレーク突入。
ここから気合を入れ直し、10-0で勝利。
ジェットコースターな展開ながら1勝1敗へ。

シングルス3 山本靖昌コーチ
th_DSC_1879

th_DSC_1852

前季リーグから参戦もニューカマー。
th_DSC_1933
クールな試合運びで淡々とポイントを重ね、6−3 6−4で勝利。
素晴らしい。
これで王手である。

シングルス2 山本遼介コーチ。
th_DSC_1626
この日は実業団デビュー戦。

ベンチの平田コーチからチェンジコートの度に
Team RECの歴史を語られるという洗礼。
th_DSC_1679

マッチポイントからなかなか決められない状態が続いたが、
なんとか振り切って、6−3 6−4で勝利。
th_DSC_1755

多少緊張もあったようだが、チームの勝利を決めてくれた。
th_DSC_2005

最後はシングルス1、奥田コーチ
th_DSC_2067

th_DSC_2157

序盤、順調にゲームを重ねる。
th_DSC_2097

が、しかし心配されていた事態が。
足に痙攣が来た。
しかも相手は粘りモード。

なかなかゲームが取れない。
マッチポイントも逃す。

勝負をかけて一発打ち込むも決まらない。
th_DSC_2210

とうとうサービスが打てなくなった。
アンダーハンドサーブでしのぐ。

そしてタイブレークへ。
最後は気合のみ。
th_DSC_2294
勝利!
6−4 7ー6(7)と壮絶な試合だった。
ファイナルに入ったらリタイヤ必至だったが、よく振り切った。

なんとか開幕戦勝利である。
想像はしてたけど、やっぱり2部は厳しい。

次は4月21日(日)19時〜 高島平インドアテニススクールで対戦。
ぜひ応援に来てください。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

再開とか、ダブルスとか。

休日。
th_IMG_2235-EFFECTS
ようやく暖かくなってきたので朝ラン再開。
このところウォーキング中心だったのでちょっときつい。
徐々に慣らさなきゃ。

 

さて、いちおう休日。

5時半にクルマを出し、16歳児をクラブへ。
春の大会シーズンが始まり、この日は県ジュニア。
皆で早朝練習をしてから会場に行くのだそうだ。

th_IMG_2338

年末もそうだったが、節目の試合の日にはこういうことしてくれる。
コーチには感謝である。
やっぱりジュニア指導は情熱だな。

ということで、早朝練習を終え会場へ。
th_IMG_2340

この日は単複予選。
ダブルスは同じ部活の仲間。
先生からしばらく一緒に組むように勧められているらしい。
そういえば公式戦のダブルス見るの初めてかな。

コールされコートへ。
th_DSC_8899

ウェア、全然揃っていないのね。
th_DSC_8902
いや、これでも揃えてるのか?
よくわからん。

試合開始。
th_DSC_8904

th_DSC_8907

それほど力の差があるとも思えないが、なかなか決め手が見つからない。
th_DSC_8915

笑顔。
試合中、こんな顔するのか。
th_DSC_8921
シングルスでは見られない表情だ。

ネットポジションがサイドに寄り過ぎ。
これではリターンにまったくプレッシャーがかからない。
th_DSC_8929
この辺りがダブルスしてないってことなんだろうか。

「もっとセンターに立て!」
「動かないとプレッシャーかけられないぞ」
「思い切ってポーチに出ろ」
心の声はあれど、見守るだけ。
まあ、テニスってそういう競技なんだけど。

勝負所で押し切られ崖っぷち。
th_IMG_2344

もう少しの場面もありつつ・・・
th_DSC_8942

押し戻せずにゲームセット。
th_DSC_8951
ふたりともあまりダブルスを知らない感いっぱい。
学校的には固定ペアなんだろうから、
場数を踏んでコンビネーションつくっていくことかな。

次のシングルスも全力で頑張れ。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。