月別アーカイブ: 2019年5月

ライダーとか、HEADブラックコスメ・インプレ!とか。

会社のそばに石森プロ発見。
th_IMG_2481

ウインドウにはキャラクターがたくさん飾ってあった。
th_IMG_2482

うん、やっぱりこれだよね。
th_IMG_2484
仮面ライダー。
このポーズのライダーカード持ってたなぁ。
懐かしい。

 

さて、噂のHEADブラックコスメラケットを張り上げ。
th_IMG_4743

17歳児のテニスの前に試打を。
th_IMG_4797

せっかくなのでテニスセンサーをつけてみた。
th_IMG_4798

th_IMG_4799
ラケットの正体がわからないので、
ラケットデータは設定できないけど。

ここのクラブの砂入り人工芝はレッドクレー風。
しかもこの時期ってことで、ボールもローランンギャロをチョイス。
th_IMG_4800

まずはざっくりの印象をば。
th_IMG_4810

おそらくMPが基準になると思うので、MPの感触を。

まず、若干マイルドな印象の打球感。
最近の流れでもある、しなりやソフト感方向に振ったラケットなんだろうか。

ただ、Wilson CLASHとはちょっと違う感じかな。
CLASHの全体がしなる感じではなくて、
フェイスがたわむというか、包むような印象。

丸めのフェイスのせいなのか、フェイス全体がボールをつかむような打球感。
マイルドというのか、何とも不思議な感じ。

ただ、フレーム剛性が低い感じはしない。
フェイストップ付近でヒットしてもロスは感じないし、
極端に打球が失速することもないように思う。
このあたりは最新のテクノロジーならではか。

球離れが速いモデルではないが、攻撃的ではないわけではない。
フェイスがしっかり「食う」けど、ボールはちゃんと出て行ってくれる。
G360になったSPEEDの進化のテイストも感じられるというか派生系みたいな印象も。

振り抜きはまあ悪くはないが、RADICALほどではないかな。
フレーム部に入った文字のせいもあるかもしれないが、
少しファットな感じに見えてしまうからかも。

th_IMG_4805

スピンもよくかかる。
ストリングの引っ掛かりでバシュッとかける感じというよりは、
しっかりフェイスで潰す感じのほうが強いかも。
極端な引っ掛かりを感じずとも、トップスピンも落ちてくれるし、
スライスも伸びがかなり良い気がした。
フレームのパワーがけっこうあるタイプにも感じた。

取り回しも悪くないのでネットプレーも快適。
ストロークほどにはホールド感が強くなく、
弾きがよく感じたのはなぜだろう。
スイングの幅やスピードで感じ方が微妙に違う気がする。
この辺が不思議なところ。

サービスはしっかりした打球感で思い通りのボールが飛んでいく。
スピン性能も良いし、安心して振り切れる感じ。
「振れば入る!」みたいな安心感ありだ。

この正体不明のラケット。
「ホントは知ってるんでしょ?」ってツッコミもあるかもしれないが、
今回は本当に情報は何もない。

事前情報なしに打ってみての感想が上記の通り。
フレーム形状から察するに、既存モデルの新型ではないと思う。
いつ全貌が明らかになるのだろう。
教えて、HEADさん。

カテゴリー: インプレ, オモチャ, テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

赤とか、激闘とか。

前回の実業団リーグでのウェア対決で町田コーチに負けた平田コーチ
いや、別に戦ってないと思うんだけど。

「今日はバッグまでバッチリです!」
th_IMG_4448
ホントだ。

横で見ていた奥田コーチ。
th_IMG_4450
「ボクもシューズまで赤にしたんですけど」
負けたって顔しなくていいから。

試合前のミーティング。
th_IMG_4451
なぜ皆んな赤で張り合ってる?

 

さて、そんな最終戦からの1部リーグ入れ替えのプレーオフ。

シングルス2の山本コーチがフルセット勝利、
そしてダブルスの細川コーチ、山本(靖)コーチがストレートで勝利。
チームの1部昇格を決めた。
th_DSC_6016

「よくやった!さて帰るか」・・じゃない。
隣でまだ試合をしている男がいた。

th_DSC_5699
主将、平田コーチだ。

ファーストセットをタイブレークで落とし、
セカンドセットもリードされての崖っぷちの戦い。
チームは勝ったとはいえ、ここは男平田を勝たせて終わりたい。

th_DSC_6038

th_DSC_6043

必死でファイトする男平田。
th_DSC_5865
マッチポイントを握られてしまうも、
気合いで跳ね返してセカンドセットを取る。

勝負が決まった後とは思えない互いの応援。
意地と意地のぶつかり合い。

必死で戦う両者。
th_DSC_5708
もうなんだか、このショットなに?って感じ。

ファイナルセットも互いに譲らず。
ブレークしては、ブレークバックされ、
リードしては追い返されの展開。

そしてやっぱり足にきた。
th_DSC_6045
DRKさんも必死でマッサージ。

ここからは気合いが身体を動かしてくれている状態。
th_DSC_6065

こりゃダメかという場面もありつつ。
th_DSC_6110

気合いで難局を跳ね返す。
th_DSC_6087
後ろのDRKさんとのシンクロ・・(笑うところじゃありません)

仲間も必死に応援。
「頑張れ!おれたちがついてるぞ」
th_DSC_6126

そして最後は7-5で勝利!
th_DSC_6146
出し切った表情。
よくやった!

後ろのDRKさんとのシンクロ・・(笑っていいです、もう)

何かを起こす男、平田。
いつもは面白プレーという何かだが、この日は違った。
素晴らしい勝利である。

立っていられず、寝転んでスコアを記入するほどの熱戦だった。
th_IMG_4792

表彰式。
th_DSC_6172

th_DSC_6185

いや、普通でいいから。
th_IMG_4794

この後、サイゼリヤで生ビールをこれでもかというほど
飲んでいたのはヒミツにしておこう。

次は秋の1部リーグ、その前にはビジネスパル全国大会だ。
Team RECと男平田の戦いはまだ続く。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

皮とか、ブラックコスメ張り上げとか。

久しぶりに発見。
th_IMG_2802
つい買ってしまった。

「平成のヒット商品」なんだそうだ。
たしかに美味しいけど、そこまでかなぁ。

 

さて、HEADさんから届いたブラックコスメラケット。

ホントに何も情報ないのね・・と思ったら、箱の底に紙が入っていた。
th_IMG_4726

th_IMG_4727

「あなたは、この最初の体験者に選ばれました」だそう。
ありがとうございます。

早く打ってみたかったのだが、なかなか張り上げる時間がなく、
休日、ようやく時間が取れた。

ストリングも指定なのだろうか。
th_IMG_4728

中身はこちら。
th_IMG_4729
グリップテープ、ダンプナーも入っている。

張り上げ。
th_IMG_4732

メインストリングセンターのグロメットにはアールがかかっている。
th_IMG_4734
何らかの効果があるのだろうが、狙いも不明。

基本的には張りやすいが、ストリングが交差する部分のグロメットの
スリットが狭めでちょっと手こずった。
Sの方がMPよりも広めで通しやすい。

フレームはそれなりに変形する。
極端な剛性のフレームではないのかも。
ちなみに、MPは48lbs、Sは46lbsで張り上げ。

張り上がり。
th_IMG_4735
良い面構えだ。
ちょっと丸顔ね。

このダンプナーのマーク、なんだろう。
th_IMG_4737
S?いや、抜いているところは、Zかな。

グリップは、HydroSorb Pro。
th_IMG_4740

新製品のオーバーグリップを巻いて完成。
th_IMG_4741
th_IMG_4743

おお!カッコいいんじゃない?!
じゃあ、打ってきま〜す!

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、昇格!とか。

ITF World Tennis Tour (Thailand $25,000 USD)にて、関口周一プロが優勝!

IMG_4906

おめでとうメッセージを送ったら「めっちゃ暑いです」との返事。
でも、関口プロにとってタイは第二の故郷。
やっぱり強いな。
IMG_4907

IMG_4908

ITF西東京の準優勝、ITF松山優勝から好調維持。
頑張ってさらにランキングを上げてATPに行こう!

来週も同会場に出場、その後は香港だそうだ。
頑張れ!周一!

 

さて、そんなわけで何とかたどり着いた東京実業団1部入れ替えプレーオフ。
スタッフ全員の思いを背負って、総力戦である。

対戦相手は日本郵船さん。
一部リーグからのチームだから当然強い。
きっとインカレレベルの選手が揃っているのだろう。

th_IMG_4771

th_IMG_4770

Team REC、本日のメンバー。
th_DSC_5409
山本(靖)・細川・山本(僚)、そして平田主将だ。

試合開始。

まずは、山本僚介コーチのシングルス2から。
th_DSC_5413

th_DSC_5445

やっぱり相手もめっちゃうまい。
エドバーグみたいなフォームからサービスをビシバシ決めて来る。
ネットプレーもうまいし、ストロークもガン打ちである。

ファーストセットは押されまくって3-6。
いきなりマズイ展開。

セカンドセット、若干ペースを変えて競りはじめる。
th_DSC_5449

th_DSC_5537

th_DSC_5460

山本コーチ曰く「調子が悪すぎて・・自分のテニスを捨てました」。
そうなんだ。

何とかセカンドを取り返す。
そうこうしているうちに、隣のコートが空き、シングルス1が入ることに。
男、平田の登場である。
th_DSC_5984
シングルス1に平田コーチを持って来たのは、
決してステポンということではない。
いや、そんな気が全然無かったわけではないが、
作戦というか、何かを起こす男、ヒラータに期待してのことである。

まあ、それよりも山本コーチが負けてしまっては、
そもそも計算が狂ってしまう。
とにかくファイナルを取りきってほしいと必死の応援。
th_DSC_5537

th_DSC_5732

th_DSC_5717

期待に応える男、山本はファイナルセットを取って勝利!
よかった!
まずは1勝!

続いてダブルス、細川コーチ、山本(靖)コーチが入る。
山本が二人いて面倒だな。

th_DSC_5801

th_DSC_5813

このペアは今回初めてだろうか。
th_DSC_5820

th_DSC_5843
なかなかいい感じのコンビネーションだ。

終始、こちらペースで試合を支配。
th_DSC_5890

ボスも暑い中、必死のベンチコーチング。
th_DSC_5926

「細川、調子こくなよ」との思いが通じたのか、ストレートで勝利!
th_DSC_6006
見事2勝で、1部リーグ昇格を決めた。
正直、厳しいと思っていたが、勝てた。
素晴らしい。

と、隣のコートでは、まだ男平田が戦っている。
チームの勝敗は決まったが、この男の戦いは終わっていない。
th_DSC_5865

戦う男、平田雄介。
th_DSC_6055

勝敗とは別に会場の雰囲気が徐々に変わって来た。
そしてドラマが。(次回に続く)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

暑いとか、抽選とか。

暑い。
今週末は夏日になるらしい。
まだ8時だというのにもう日差しがきつい。

水面もギラついて見える、ここは大井埠頭。
th_IMG_4747
とうとうこの日がやって来た。
東京実業団春季リーグ2部で全勝したレック興発東京は、
一部昇格をかけてプレーオフに挑むのだ。

会場付近はトランプ大統領来日の影響で、
警察車両がひしめき合って交通規制をしている。
th_IMG_4749
車で来なかったのは正解か。

ようやく着いたコート。
th_IMG_4753

th_IMG_4755
けっこう古いな。
で、コートが超ツルツルでまったくストップが効かない。
ハードコートなのに、オムニ以上にスライドしてる。
うーん、厳しい。

th_IMG_4757
大会役員の方と話をしたら、オリンピックの影響で有明が使えず、
昨年から今年の大会はジプシーのようにさまよっているらしい。
「もう大変です」って。
そりゃそうだ、ご苦労様です。

 

さて、今期のリーグ戦もきつかった。
何か厳しいって選手が揃わない。

職業柄、ワタクシたちは土日が忙しい。
リーグ戦が行われる春秋は季節が良いので、
テニスキャンプやらイベントやら目白押し。
現場を守るスタッフもいっぱいいっぱいで選手を送り出すのもひと苦労なのだ。

毎試合、ギリギリの調整で選手を送り出してもらう。
最小のメンバーでなんとか試合をこなす。

それでもここまで全勝でリーグ1位を決めた。
正直、1位になれるとは思っていなかった。
東京実業団はそれだけ厳しいレベルだし、現在の日本リーグチームの時の
東京リーグは毎回落ち込んで帰るほどに厳しかった。

とにかく今回のリーグ1位は出来過ぎといっても良いくらい。
1部リーグ入れ替えのプレーオフに臨めるチャンスをなんとか活かしたい。

と、思ったら、またメンバーが揃わない。
エースの奥田コーチは土日でテニスキャンプ。
お客様があることなのでキャンセルするわけにもいかない。

ダブルスで主力の町田コーチは板橋区の代表で団体戦。
「断ったら?」と言ってみたが、監督は高島平インドアの立見コーチだそうで、「無理っす」との返事。
まあ、区の代表選手だし、それはそれで栄誉なこと。
仕方がない。

主力を2枚欠いて戦えるのか?
加えて、各校のコーチ事情も厳しく、なんとかこの日にこぎつけたという感じ。
各スクール、イベントで頑張っているスタッフのためにもとにかく全力で戦う。
かなり色んなものを背負ってのプレーオフになった。
th_IMG_4759

朝のミーティングにわかったのだが、一部リーグで辞退チームが出て、
1チームは試合なしで昇格できるらしい。
まずは組み合わせ抽選でそれが決まるとのこと。
th_IMG_4763

引きが強いんだか弱いんだかわからないが、平田主将がくじを引く。
試合なしで昇格が楽ではあるけど、試合をしないのも違う気がしたり、
なんとも複雑な思いで抽選を見守る。
ちなみにワタクシは、試合なしの期待が60%だった。

が、見事に対戦相手を決めた平田主将。
そう、それでこそ男平田だぜ。
しっかり戦って昇格を決めよう!(ふう、やっぱりな)

ということで、ツルツルのコートで試合をすることに。
th_IMG_4766

とにかく頑張ろう!(続く)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

グランピングとか、椅子とか。

近所の新しい住宅街の一角。
th_IMG_2527

グランピング設備がある。
th_IMG_2528

th_IMG_4661 th_IMG_4664
下2枚は去年撮った写真。
今はもっとグレードアップしている。

おしゃれなテラスとテント、バーベキュー設備。
人数多い方が楽しそうだ。
最近会えていない草野球チームの皆んなとかどうかな。

 

さて、長男物持ち良すぎ事例その2。

リビングのワークスペースの椅子。
th_IMG_3920

10年ほど前にIKEAで購入。
たしか3,000円くらいだった。

長男の定位置はリビングのこの椅子。
勉強やらゲームやらYOUTUBEやら、あれこれずっとここである。
理由は簡単。
自分の部屋だとWiFiが弱いのだ。

それだけ使っていれば・・
th_IMG_3918
割れてる。
言わないから気づかなかった。
どうしてこういう椅子に座り続けるのだろう。
きっと基本性能はギリギリクリアしてるからなんだろうな。

「この椅子は辛くない?」
「え?ああ、まあ」
「挟みそうだし危ないよ」

基本、壊れているのは座面のみ。
昔の商品だがパーツ購入が出来ないかIKEAカスタマーセンターにメール。

残念ながらIKEAはパーツ売りはしないらしい。
「完成品をご購入ください」との回答。

ならばリーズナブルなのはやっぱりニトリでしょ。
近所のニトリで買ってきた。

th_IMG_3932

th_IMG_3933

ニトリの説明書って親切でわかりやすい。
th_IMG_3934

IKEAの組み立て説明書はちょっと戸惑うこともあるが、
これはワールドワイドでどこ国の人が見ても分かるようにしているからだとか。
なるほど考え方の違いなのね。

完成。

th_IMG_3936

これで3,000円台って、ホントに「お値段以上」だな。
ニトリおそるべし。

そして快適な椅子を手にいれた長男は今日もリビングに鎮座している。

カテゴリー: ファミリー, 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジージャンとか、テニスセンサーとか。

アウトレットにて。
th_IMG_2786
白のジージャンといえば?

ワタクシの年代は間違いなく、松田優作だろう。

「太陽にほえろ」のジーパン刑事の殉職シーン。
めちゃカッコいいジーパンが「死にたくないよ・・」と言いながら、
カッコ悪く死んでいく。

腹を打たれ血に気づき、「なんじゃこりゃぁ!」と叫ぶシーンは
当時の小学生は皆んな真似したはず。

実は名シーンを見返してみたら、ジージャンじゃなくて
白のサファリジャケットなのね。
そういえば、当時、サファリジャケット流行ってたなぁ。
記憶っていい加減なものだ。

 

さて、HEADテニスセンサー。
th_IMG_3955

発売時に何度かテストさせていただいたが、
ある提案をいただき、久しぶりにお借りした。

あらためてテニスセンサーってなに?ってところから。

テニスセンサーはグリップエンドパーツに仕込まれた
ジャイロセンサーが打球時の様々な情報を計測してくれるもの。
th_IMG_3953

SONYのテニスセンサーなども基本的な仕組みは同様だと思うが、
HEADの場合はグルップエンドキャップにそれを仕込まれているのがミソ。
エンド部の出っ張りがないため違和感なく使用できる。

またウエイトも元々のエンドキャップがセンサーの重さでできているので、
センサーを装着することでのバランス変化もないという優れものである。

まずは充電。
th_IMG_3952
マグネットでペタッとくっつく。

まずは既存のエンドキャップを外す。
th_IMG_3962

で、こんなふうに装着する。
th_IMG_3963
まったく違和感なし。

測定はラケットを振れば自動で電源が入る仕組み。
まず、専用のアプリをスマホやタブレットなどのデバイスに入れる。
th_IMG_4652

接続はBluetooth。
使用モデルを一覧から選ぶ。
th_IMG_4657
ラケット毎の正確なデータ計測のためだ。
もちろん登録されているのはHEADのラケットのみ。

実はG360 RADICALの試打もかねてのテストだったが、
アプリにはまだG360 RADICALは登録されていなかった。
とりあえず前モデルで登録。

計測結果も画面はこんな感じ。
th_IMG_3966
細かなデータが計測される。

いよいよ実測。
実はワタクシのプレー時間だとサンプルが足りない気がして、
そっと16歳児のラケットに装着して練習に送り出してみた。

結果はまた次回にするが、やはりテニスセンサー、なかなかのものである。

実はREC各スクールでのラケットキャンペーン期間中、
HEAD DAYの場合、このセンサーを使用してラケットフィッティングを実施予定。
ショットを数値化し、よりマッチングの良いモデルをご紹介できるはず。
チャンスがあればぜひトライしてみてください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー, 仕事, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

FIATとか、昭和とか。

FIAT X1/9
InkedIMG_2790_LI

IMG_2791

1972年発売、1989年生産終了だそうだ。
昔はちょくちょく見かけたが、久しぶりに見た。
しかもとても良いコンディション。
走るところ見たいな。

 

さて、改元も落ち着きつつある今日この頃。

結局、商業的な改元騒ぎには乗れなかったなぁ。
静かに時代が移っていくというか、
昨日も今日も地続きで時が経っていくのが自然な感じがして。

そんな平成から令和へ移る境目に手にしたのは、昭和なラケット。
th_IMG_4105
ゴールデンショットとオールマン。

先日、レックテニススクール府中の廃棄予定品を確認していたら、その中にこの2本。

「捨てるの?」
「はい」
「じゃあ、もらっていい?」

ということでお持ち帰り。

フタバヤ・ゴールデンショット
th_IMG_4129

th_IMG_4109

th_IMG_4113
懐かしい。
生涯2本目のラケットがこれだった。

カワサキ・オールマン
th_IMG_4121

th_IMG_4120
福井プロ使用モデルとして有名なラケット。

もちろん福井プロが使っていたのは特注モデルで
シャフトに福井プロの名前が入っていた。

昔、「福井さんのラケット1本ください」と言ってみたら、
「僕ももう持っていないんだよ」と仰ってた。
今思えば、恐れ多いことを言ったものだと思う。
福井さん、すみません。

どちらもグリップは当時のまま。
th_IMG_4119

th_IMG_4108

もちろん、このまま使うわけじゃなくて、
ガーゼに糊がついたようなオーバーグリップを巻いたり、
天然レザーのグリップに巻き替えたりしていた。
ワタクシもラムキン社のレザーを巻いていたっけ。

この状態で残っているのも貴重かも。

高島平インドアで宮田コーチをつかまえ、5分だけ試打。
th_IMG_4101

おっ、案外いけるじゃないか。
ウッドだからお互いにボールが遅くて、ワタクシ的にはちょうど良い。

サービスもストロークまあ大丈夫。
ボレーはさすがに厳しい。
センターにきっちり当てないとどうにもならない。
当時はこれでダブルスしてたんだよなぁ。

スピンも小手先でごまかすのは無理だが、
しっかり振ればちゃんとかかる。

ラケットの重みを感じながら、しっかり振る、ちゃんと当てる。
ウッドラケット、練習用にいいかもね。

少ししか打っていないのに、ストリングが切れそう。
th_IMG_4102
この感じも懐かしい。

宮田コーチに「最初に使ったラケットなに?」と聞いたら、
「ウイルソンのハイパーハンマーです」だそうだ。
最近のラケットじゃないか。(笑)

そんな平成から令和の変わり目。

カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

BREAKBACKとか、HEADブラックコスメとか。

漫画 BREAK BACK

th_bbbanner02

作者のKASAさんから素材をいただき、バナーを作成した。

月刊少年チャンピオンで連載中。
現在4巻まで発売中である。
ぜひお手に取ってみてください。

こちらで購入可能です。
https://www.akitashoten.co.jp/comics/4253219772

オススメ!

 

さて、先日は「#BLADERの覚醒」としか書けない
テイスティングイベントに参加させていただいたが、
そんな中、また別のテイスティングのブツが。
th_IMG_4682

袋も初めて見るタイプ。

ワクワクしつつ出してみる。
th_IMG_4683
ブラックコスメのラケットが2本。
実は先日、HEAD JapanのKさんから、
「ラケット2本貸してあげるから、何も言わずに張って、まずは打って」とのお達し。
いや、そんな上からな言い方じゃなかったけど。
とにかく、まずは試してみてねってことらしい。

昨日からSNS等で「なんだこれ?」「何かとどいたよ」と
若干わざとらしいコメントがタイムラインを賑わせているが、
その通り、今回は本当に詳細は何も聞かされていない。

いつもだと最低限の情報のメモが入っていたりするんだけど、
入っていたのはホントにこれだけ。
当然、ラケット名もわからない。
th_IMG_4687

th_IMG_4689

確かなのはHEADってことくらい。
th_IMG_4695

フレームには文字が。
th_IMG_4685

th_IMG_4686

MASSIVE SWEETSPOT DOMINATES THE GAME

「ゲームを支配する大きなスイートスポット」みたいな感じ?

数少ない情報その2。
th_IMG_4690

th_IMG_4692
MPとSがあるらしい。

ビームも若干違うのかな。
th_IMG_4698

パッと見、SPEEDっぽいけど、SPEEDはG360に変わったばかりだし、
タイミング的にはおそらく別物。
th_IMG_4684

アクセサリーも同梱されていた。
th_IMG_4696

th_IMG_4697
ストリング、オーバーグリップ、振動留めが入っているらしい。

何はともあれ、まずは張り上げなきゃ。

試打はいつできるかなぁ。
とにかく皆で打ってみたいと思う。
インプレをお楽しみに!

カテゴリー: テニス, テニス用品, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マスタングとか、ボロボロとか。

Ford Mustang
InkedIMG_2620_LI

IMG_2619

InkedIMG_2618_LI

60年代のモデルだろうか。
とてもキレイな状態。
カッコいいなぁ。
所有はしなくていいけど、一度乗ってみたい。

 

さて、長男は物持ちが良い。
古くなっても壊れてもずっとそれを使い続けている。

先日、妻が自転車を借りたところ、あまりのへたり具合に驚いたとのこと。
変速もうまくいかないし、そこらじゅう錆だらけ。
th_IMG_3938

毎日これで学校へバイトへと使っているから、
使用頻度を思えば、じゅうぶん元を取っている感じ。

「これじゃ厳しいでしょ」というと「まだ走るし」とのこと。
th_IMG_3937

これじゃ疲れるし危ない。

「新しいの買おうよ」
「え、いいの?」

いいよ、もしかして気遣ってた?ゴメン。

ということで自転車屋へ。
th_IMG_3941

特にこだわりはないらしく、選んだのがこれ。
th_IMG_3969
自転車って安くなったよね。(昭和比)
昔はもっと高かったと思うんだけど。

それにしても彼はどうして電車で通学しないのだろう。
雨の日も風の日も、ヘタしたら雪の日もだ。

免許を取ったのにクルマを貸してくれとも言わない。
原付買ってくれとも言わない。
クルマが大きくて駐車場から出す時点で嫌ってのも分かるが、
運転したいとか思わないのだろうか。
とにかくどこへでも自転車である。

家計的には有り難いけど。
気をつけて、これも乗りつぶしておくれ。

カテゴリー: クルマ, ファミリー, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。