駅前とか、G360 RADICAL PROインプレとか。

休日早朝の新宿アルタ前。
th_IMG_2444

th_IMG_2445
消防車やら特殊車両やらの展示イベントらしい。

新宿駅のど真ん前にこういう車両があるのは
見方によってはけっこうな終末観。

 

さて、いよいよ発売になったHEAD G360 RADLCAL。
巷ではかなり評判が良いらしい。

見た目も良いしね。
試打しなくても欲しくなる気持ちもわかる。

ということで、長くなってしまい次回に回したインプレ。

G360 RADICAL PRO
th_233909_Graphene_360_Radical_Pro_xxx_1
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20-23-21mm
■ウエイト:310g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315 mm
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:34,000円(税抜)

シリーズ中、一番のハードスペックモデル。
ウエイトは310gだが、バランスポイントが若干手元寄りだからか、
持ち重り感はほとんどない。
MPと比べても若干違う程度におさまっている。
「PROはしんどいのでは?」とのハードルが低く感じられるのはありがたい。

打ってみた。
IMG_3581

なるほどPROだ。
MPの抜ける感じは少し抑えられていて、しっかりボールを潰す感じ。
やはり、叩いて潰して、打ち抜くモデルなのだろうか。

とはいえ、難しいという印象はなく、MPより若干ハード目かなという程度。
重さで振り遅れることもなく、しっかりスイング出来る。
ウエイトとバランスが良い感じにセッティングされているのだろう。

ボールへの当たりは厚めにするとより特徴が出るのかな。
しっかり当ててボールを潰すつもりで振り抜くと威力倍増な印象。
球威を求めたいプレーヤーにはPROをおすすめしたい。

スピンもスライスももちろん問題ない。
スイング通りに素直に飛んでいくのが特徴のラジカル。
引っかかるというよりは、潰して掛ける感じだろうか。

スライスはチャランと適当に振ったら、上がり切らずにネットに引っかかった。
あ、そういうラケットじゃないのね。
なんにしてもしっかり振り抜いた方が良い気がする。

ボレーもパワフル。
ギュッと握りこんで合わせると、しっかり深いボールが飛んでいく。
ラケットがボールに負けることはなく、
フレームのパワーを感じることができる。
決して取り回しは悪くないが、振り遅れには注意だ。

サービスも威力を出しやすい。
ラケットのパワーがしっかりボールに乗る。
フラット系は特にパワーを感じられると思う。

スピン系、スライス系もフェイス上部で引っ掛けても
フレームが負ける感じがないので、ロスなくボールが飛ぶ感じ。
このあたりはG360の恩恵だろうか。

全体にMPほどドライで抜ける感じではなく、
しっかりボールを捉えて打ち抜く印象だ。
やはり、PROたるフィーリングにセッティングしてある感じ。

MPのキレ味に対し、パワーショットで伸びがある感じが強く、
基準のMPから感触を大きく外さずに適度にツアー系に振ってある。

相手をしてくれたフカダコーチが、上から目線で
「PROも扱いやすくなりましたね」と言っていたが、
たしかに「PROだけは別物」という感じではない。

MPと打ち比べて、フィーリングの合う方を選ぶのがいいんじゃないかと思う。
扱いやすく、叩けるPRRO。
オススメです。


カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。