アメ車とか、シューズその2とか。

都内某所、日課のウォーキングコース。
th_IMG_9989
AMCイーグルワゴン。

いいなぁ、アメ車ワゴン。
きっと大味なんだろうけど、
それもいいかなって味がある気がする。

ビュイックリーガルマーキュリー・コロニーパーク
シボレー・カプリスワゴンとかね。

まあ。燃費も悪いし、故障もするしで、日常の足にはならないだろうけど、
ステッカーチューンしたりして乗ったら楽しそうだ。
ついでにガレージもあったりして、MACTOOLSのツールケースなんかあったら最高だ。
夢ね、夢。

 

さて、昔話。

シューズの話である。

先輩たちの練習コートに連れていってもらえず、
学校の凸凹コートに放し飼いになったワタクシたち

先輩の目が届かないのでシューズもウェアもラケットも勝手放題。

オニツカのフォーティーでは飽き足らず、
当時、日本に入り始めたナイキのフォレストヒルズを履き始めた。

たまに先輩たちのコートに呼べれたときだけは
安いシューズを履いていたような気もするが、
途中で面倒になってそのまま履いてたが、怒られることもなかった。
たぶん、ワタクシたちのことはどうでもよかったんだろう。

そういえば、フォレストヒルズはマッケンローの印象が強いが、
実はジミーコナーズも履いていた。

そんなわけで、ナイキのフォレストヒルズは何足履き潰したことか。

確か当時でも1万円くらいしたと思う。
オニツカ・フォーティーが6,000円くらいだったから、
フォレストヒルズは高級シューズだ。

実は現在も復刻版を2足持っている。
foresthills
しかも未使用。(履けよ!)

基本は写真の通り白地にブルーラインだが、
レッドラインバージョンもあったりして、当然それも履いていた。

その後は、アディダスのトムオッカープロフェッショナル、
コンバース、果てはディアドラのボルグモデルと
先輩たちよりはるかに高価なシューズを履いていた。

ディアドラのボルグモデルなんて16,000円くらいしたと思う。
なのに使用数日でアッパーに穴が開くという衝撃のシューズ。
柔らかくて履きやすいけど耐久性は・・・なのは、昔からなのね。

あまりにシューズの消費が激しいので、
ついにはソールのパターンはヘリンボーンってことで
スーパースター(バスケットボールシューズ)を履き始めた。

たぶんクレーコートを削りまくっていたと思う。
申し訳ない。

今思い出すだけでも、ずいぶんと色んなシューズを履いた。
種類も多いが、一体いくら分のシューズを消費したんだろう。

16歳児の消費っぷりに文句も言えないなぁ。
彼の場合は洒落っ気なしで、与えられたものを黙って履いてるし。

とにかく親には感謝しかない。
よく3年間テニスをさせてくれた。

テニスに関わってここまで生きてこれてるのもそのおかげ。
ありがとうございます。


カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。