優勝!とか、G360 RADICAL Sインプレとか。

第95回 関西オープンテニス選手権大会において、
竹島駿朗プロがダブルス優勝!
IMG_4649
パートナーは菊池玄吾プロ。
昔から組んでいる鉄壁コンビである。

第一シードを守っての優勝、素晴らしい!
おめでとう!駿朗、玄吾。

ちなみに竹島プロが送ってくれた写真、
上のちゃんとしたものはとても解像度が低く
もう一枚の高解像度画像はこちら。
IMG_4650
なんでこっちが高画質?
こっちを使って欲しかったのかな。

 

さて、4月に発売になったHEAD G360 RADICALシリーズ。

先週末からスタートしたREC各校のラケットキャンペーンにも
試打ラケットが揃っているので、ぜひお試しいただきたい。

ということでインプレ。

HEAD G360 RADICAL S
th_233939_Graphene_360_Radical_S_xxx_1

■フェイスサイズ:102平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:22-25-23mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:1・2
■価格:31,000円(税抜)
th_IMG_3638

本シリーズ中、唯一のフレーム形状が違うのがSである。

ウエイトは280g、フェイスサイズは102平方インチと
扱いやすいパワー系に振ってある。

このSモデルはどのシリーズにおいても、痒いところに手がとどく絶妙な位置付け。
もうちょっと軽ければ・・・、もうちょっと飛んだらという
微妙なもうちょっとをカバーしてくれるのだ。

ということで、試打してみた。

th_IMG_3640

打ちやすい!
うーん、なんというか全体にソフト。

実は今回のG360 RADICAL、フレーム剛性が上がったのか、
攻撃的で良いという意見と、硬いという意見がある。

剛性が上がったという意味ではどちらの意見もあっていて、
感じ方、表現の違いなのだろうが、確かに人によっては
「硬くてしんどい」と思うかもしれない。

そういう意味ではこのSがその溝を埋めてくれるモデルだと思う。

フェイスサイズのわずかなアップが、飛びとソフト感を作ってくれる。
MP、PROのドライな剛性感よりも若干ソフトにボールを捉え、
気持ちよく弾き出してくれる。

全体にほんのわずかなマイルド感は扱いやすさを生み出し、
RADICALのオールラウンド差を際立たせている。

スピンも自然なスイングでちゃんとかかる。
ヘビースピンはそれなりに振る必要があるが、
ラリーの引き合いでは無理せずとも適度なトップスピンがかかり、
安心感をもたらしてくれる。

th_IMG_3639

ボレーも自然な飛び。
押し込む意識を強く持たなくとも、
フェイスがボールをホールドし、飛ばしてくれる。

ネットでの扱いやすさと飛び。
ダブルス中心のプレーヤーには恩恵が大きいと思う。

サービスはスピン系はもう少しキレが欲しいかなと思ったが、
素直に回転がかかるため、安心感は大きい。

ウエイトが軽めで極端なトップヘビーではないので、
自分からそれなりに振っていくことも必要かもしれない。

全体には非常に扱いやすいラケットだ。
RADICALいいけど、PROは無理!MPもちょっとなぁと思ったら、
ぜひこのSを手にとって欲しい。

とにかくこのS設定、絶妙です。
お試しあれ。


カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。