ライダーとか、HEADブラックコスメ・インプレ!とか。

会社のそばに石森プロ発見。
th_IMG_2481

ウインドウにはキャラクターがたくさん飾ってあった。
th_IMG_2482

うん、やっぱりこれだよね。
th_IMG_2484
仮面ライダー。
このポーズのライダーカード持ってたなぁ。
懐かしい。

 

さて、噂のHEADブラックコスメラケットを張り上げ。
th_IMG_4743

17歳児のテニスの前に試打を。
th_IMG_4797

せっかくなのでテニスセンサーをつけてみた。
th_IMG_4798

th_IMG_4799
ラケットの正体がわからないので、
ラケットデータは設定できないけど。

ここのクラブの砂入り人工芝はレッドクレー風。
しかもこの時期ってことで、ボールもローランンギャロをチョイス。
th_IMG_4800

まずはざっくりの印象をば。
th_IMG_4810

おそらくMPが基準になると思うので、MPの感触を。

まず、若干マイルドな印象の打球感。
最近の流れでもある、しなりやソフト感方向に振ったラケットなんだろうか。

ただ、Wilson CLASHとはちょっと違う感じかな。
CLASHの全体がしなる感じではなくて、
フェイスがたわむというか、包むような印象。

丸めのフェイスのせいなのか、フェイス全体がボールをつかむような打球感。
マイルドというのか、何とも不思議な感じ。

ただ、フレーム剛性が低い感じはしない。
フェイストップ付近でヒットしてもロスは感じないし、
極端に打球が失速することもないように思う。
このあたりは最新のテクノロジーならではか。

球離れが速いモデルではないが、攻撃的ではないわけではない。
フェイスがしっかり「食う」けど、ボールはちゃんと出て行ってくれる。
G360になったSPEEDの進化のテイストも感じられるというか派生系みたいな印象も。

振り抜きはまあ悪くはないが、RADICALほどではないかな。
フレーム部に入った文字のせいもあるかもしれないが、
少しファットな感じに見えてしまうからかも。

th_IMG_4805

スピンもよくかかる。
ストリングの引っ掛かりでバシュッとかける感じというよりは、
しっかりフェイスで潰す感じのほうが強いかも。
極端な引っ掛かりを感じずとも、トップスピンも落ちてくれるし、
スライスも伸びがかなり良い気がした。
フレームのパワーがけっこうあるタイプにも感じた。

取り回しも悪くないのでネットプレーも快適。
ストロークほどにはホールド感が強くなく、
弾きがよく感じたのはなぜだろう。
スイングの幅やスピードで感じ方が微妙に違う気がする。
この辺が不思議なところ。

サービスはしっかりした打球感で思い通りのボールが飛んでいく。
スピン性能も良いし、安心して振り切れる感じ。
「振れば入る!」みたいな安心感ありだ。

この正体不明のラケット。
「ホントは知ってるんでしょ?」ってツッコミもあるかもしれないが、
今回は本当に情報は何もない。

事前情報なしに打ってみての感想が上記の通り。
フレーム形状から察するに、既存モデルの新型ではないと思う。
いつ全貌が明らかになるのだろう。
教えて、HEADさん。


カテゴリー: インプレ, オモチャ, テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。